人生の教科書



子育て
社会のルール・マナー・常識などの勉強を、すべて学校任せにしない。
ビジネスマナー
ビジネスでは、靴下は黒が常識。
夫婦関係
無意識のうちに、自分の母親と妻とを比べていませんか。
子育て
しつけが必要なのは、子供より、親のほうかもしれない。
結婚

結婚前に確認しておきたい
30のこと

お気に入り4 読んだ
5

基本的な常識やマナーを身につけているか。

基本的な常識やマナーを身につけているか。 | 結婚前に確認しておきたい30のこと

常識やマナーは、結婚後の生活に影響を及ぼすことの1つです。

相手の言葉や行動を見てみましょう。

基本的な常識やマナーは身についているでしょうか。

「完璧な、常識やマナー」ではありません。

 

「基本的な、常識やマナー」です。

 

常識やマナーは、基本的なもので、十分です。

 

たとえば、次のような内容です。

  • 人と会えば、挨拶をする
  • お世話を受けたとき、きちんとお礼を言う
  • 迷惑をかけてしまったときには、素直に謝る
  • 基本的なテーブルマナーが、身についている
  • 横断歩道で信号が赤のときは、きちんと立ち止まる

どれも、当たり前のことですね。

当たり前にもかかわらず、できていないなら、何らかの事情があるものです。

まず本人の性格です。

他人の事情や気持ちを理解せず、自分のことしか考えていない性格かもしれません。

常識やマナーがないと、結婚してから身の回りの人間関係に迷惑をかける可能性があります。

さらに突き詰めると、相手の親に問題があることも考えられます。

子供を見れば、親の姿も見えるものです。

常識やマナーが身についていないのは、相手の親の教育がよくない可能性が高いです。

結婚してから相手との関係がよくても、相手の親との関係ですれ違うことがあるのです。

逆に考えることもできます。

常識とマナーがしっかりしている人ほど、きちんとしていると考えて間違いありません。

周りに対する配慮があり、相手の事情や気持ちをよく理解できています。

また常識やマナーがしっかりしているのは、それだけ相手の親の教育も立派なのでしょう。

常識とマナーだけで、相手の生まれ・育ち・環境までよく見えてくるのです。

まとめ

結婚前に確認しておきたいこと その5
  • 基本的な常識とマナーが身についているか、
    確かめる。
他人を中傷しないか。

もくじ
(結婚前に確認しておきたい30のこと)

同じカテゴリーの作品