結婚
性格が自分と合っているか。
結婚
非常識な怒り方をしないか。
結婚

結婚前に確認しておきたい
30のこと

読んだ お気に入り4
17

ひどい束縛を要求してこないか。

ひどい束縛を要求してこないか。 | 結婚前に確認しておきたい30のこと

恋人に、束縛の癖はありますか。

もちろん好きな人に、ある程度の束縛があるのは、分かります。

好きな人のことですから、心配する気持ちがあるでしょう。

「いつ、どこで、何をしているのか」と予定を尋ねることもあるでしょう。

「浮気をしないでね」とお願いしたり、予定を尋ねたり、行動の制限したりすることは、よくある話です。

ある程度の束縛は、恋人関係として自然なことです。

 

しかし、束縛があまりにもひどいとなると、話は変わります。

予定のすべてを無理やり聞き出そうとしたり、ほとんど行動できないほどの制限があったりなどです。

結婚前にひどい束縛があれば、結婚後は、さらにひどくなります。

結婚すると、夫婦が協力するわけですから、使えるお金や行動は、さらに制限されます。

結婚してからも、ひどい束縛がずっと続くと、ストレスになります。

いつ、どこで、何をしているのか細かく監視をされるようになると、気が休まらず、ストレスになります。

束縛のストレスが大きすぎると、愛している気持ちすら、忘れさせます。

愛しているからこそ、心配する気持ちは分かります。

 

しかし、もっと大切なのは、愛しているからこそ、相手を信用することです。

信用できれば、束縛も、軽くなるはずなのです。

結婚前から、極端な束縛があるなら、関係を考え直したほうがいい場合があります。

 

ただし、ここで1つよくある問題があります。

束縛の程度は、なかなか自分では分からないものです。

もし、自分で束縛の程度を判断できなくても、簡単に確かめる方法があります。

身近な友達3人に、意見を尋ねてみるのです。

親しい友達からの意見は、頼りになります。

尋ねるときも、1人より、最低3人は聞きたいところです。

できるだけ幅広く尋ねたほうが、自分の客観的な様子を把握しやすくなるからです。

束縛の状態を話して「それくらいは普通」という意見が返ってくるなら、問題ないでしょう。

「それはやりすぎ」という意見が返ってくれば、要注意です。

まとめ

結婚前に確認しておきたいこと その17
  • 束縛の程度を確かめるために、友達3人からの意見を尋ねてみる。
悪徳宗教、変な占い師、高額セミナーなどに関わっていないか。

もくじ
結婚前に確認しておきたい30のこと
ひどい束縛を要求してこないか。 | 結婚前に確認しておきたい30のこと

  1. 性格が自分と合っているか。
  2. 価値観に、大きな隔たりはないか。
  3. 共通の話題や趣味があるか。
  4. 人の話を、きちんと聞く姿勢があるかどうか。
  5. 基本的な常識やマナーを身につけているか。
  6. 他人を中傷しないか。
  7. 感情のコントロールはできているか。
  8. 非常識な怒り方をしないか。
  9. 喧嘩の後、反省と仲直りの態度に出るか。
  10. 金銭感覚は、正常であるか。
  11. ギャンブルに、のめり込んでいないか。
  12. 借金やローンはないか。
  13. 友達の人数が、極端ではないか。
  14. 自分にとって、耐えがたい趣味はないか。
  15. 整理整頓の能力は、どのくらいあるか。
  16. 健康管理が、きちんとできているか。
  17. ひどい束縛を要求してこないか。
  18. 悪徳宗教、変な占い師、高額セミナーなどに関わっていないか。
  19. 自分の家族を、大切にしているか。
  20. 親離れが、できているか。
  21. 相手は、どのくらい仕事へのこだわりを持っているか。
  22. 自分が困ったとき、親身に対応してくれるか。
  23. 相手の両親の人柄や風習に、おかしな点はないか。
  24. 体の相性はいいか。
  25. 浮気性があるかどうか。
  26. 子供が、好きかどうか。
  27. 子供は、いつ、何人欲しいか。
  28. 相手と、相手の親の病歴に、気がかりはないか。
  29. 交際期間が十分に長いか。
    旅行や同居の経験があるか。
  30. 長く一緒にいたいと思える相手か。

同じカテゴリーの作品