メイク

メイクが自然と上達する
30の方法

1
27

綿棒を買いだめしているかどうかは、
メイクの仕上がりに差をつける。

綿棒を買いだめしているかどうかは、メイクの仕上がりに差をつける。 | メイクが自然と上達する30の方法

綿棒は、さまざまなところに使える大変便利な道具です。

メイクで綿棒が登場するシーンは、数多くあります。

アイラインなどをぼかすとき。

ブロウライナーで、眉尻をぼかすとき。

まぶたについたマスカラを取るとき。

つきすぎたマスカラの繊維を取り除くとき。

目立たなくても、メイクの仕上がりを決める役割を担っています。

 

しかし、綿棒を持っていても、使うのを控える人がいます。

もったいない気持ちが強いのです。

持っている綿棒の数が少ないと、知らないうちに、綿棒が使いにくくなります。

節約精神は素晴らしいですが、そのせいでメイクが乱れるのでは意味がありません。

綿棒の数に限りがあると、心理的プレッシャーのため、メイクのポテンシャルを十分に引き出すことができません。

目にマスカラが入って、綿棒を使わず、指で無理やり取り出そうとすると、余計に悪化させることでしょう。

綿棒がもったいないという理由で、目の病気になるのでは本末転倒です。

綿棒をいくらでも使えるよう買いだめしておきましょう。

メイクをきれいに仕上げるためにも、目の病気を防ぐためにも必要です。

化粧台の上に、300本入りの綿棒を、3箱くらい積み上げておきます。

それだけ大量に買っておけば、綿棒を使う抵抗感がなくなります。

「まだまだたくさんある。いくらでも使える」

そういう心の余裕が大切です。

使いたいだけ使えるので、メイクをぼかす技術が向上することでしょう。

化粧品は、買いだめしても時間とともに劣化しますが、綿棒は劣化しません。

綿棒を買いだめしているかどうかは、気持ちの余裕に変化が現れ、メイクの仕上がりに差をつけるのです。

メイクが自然と上達する方法(27)
  • 綿棒を、大量に買いだめしておく。
1日の終わりには、きちんときれいにメイクを落とす。

もくじ
メイクが自然と上達する30の方法
綿棒を買いだめしているかどうかは、メイクの仕上がりに差をつける。 | メイクが自然と上達する30の方法

  1. メイクの上達の第一歩は、明るい未来を想像すること。
    メイクの上達の第一歩は、明るい未来を想像すること。
  2. メイクとは、人の顔を一瞬で変える魔法だ。
    メイクとは、人の顔を一瞬で変える魔法だ。
  3. 女性のメイクの力は、仕事の昇進にも影響する。
    女性のメイクの力は、仕事の昇進にも影響する。
  4. メイクによって得られるのは、美しさだけではない。<br>自信だ。
    メイクによって得られるのは、美しさだけではない。
    自信だ。
  5. メイクをする前に大切なのは、スキンケア。
    メイクをする前に大切なのは、スキンケア。
  6. メイクもスキンケアも、楽しみながらすれば、自然とうまくなる。
    メイクもスキンケアも、楽しみながらすれば、自然とうまくなる。
  7. パジャマを着たまま、メイクをしていませんか。
    パジャマを着たまま、メイクをしていませんか。
  8. 美男美女の顔には「正反対」がある。
    美男美女の顔には「正反対」がある。
  9. 自分好みの化粧道具に変えると、メイクの時間が楽しくなる。
    自分好みの化粧道具に変えると、メイクの時間が楽しくなる。
  10. 10分前行動は、メイクがうまくなる習慣だ。
    10分前行動は、メイクがうまくなる習慣だ。
  11. メイクには3つの力がある。<br>美しく見せる力、特徴を加える力、自信をつける力。
    メイクには3つの力がある。
    美しく見せる力、特徴を加える力、自信をつける力。
  12. 自分の顔の特徴を知ってこそ、メイクが上手にできる。
    自分の顔の特徴を知ってこそ、メイクが上手にできる。
  13. メイクの結果は、かけた時間に、比例する。
    メイクの結果は、かけた時間に、比例する。
  14. メイク中は、真顔にならない。
    メイク中は、真顔にならない。
  15. どうしてもメイクが苦手な人は、薄化粧というアプローチもある。
    どうしてもメイクが苦手な人は、薄化粧というアプローチもある。
  16. ビューラーを使っているとき、どういう気持ちですか。
    ビューラーを使っているとき、どういう気持ちですか。
  17. メイクをすれば、本人と見る人の両者が幸せになれる。
    メイクをすれば、本人と見る人の両者が幸せになれる。
  18. 顔の特徴に合わせたメイクは、コスメブースのプロが頼りになる。
    顔の特徴に合わせたメイクは、コスメブースのプロが頼りになる。
  19. 化粧品を買うときに、化粧道具の使い方についても一緒にアドバイスをもらう。
    化粧品を買うときに、化粧道具の使い方についても一緒にアドバイスをもらう。
  20. 「メイクを上手にする方法」と「メイクを上手に教える方法」は、似て非なるもの。
    「メイクを上手にする方法」と「メイクを上手に教える方法」は、似て非なるもの。
  21. おしろいを塗っているのではない。<br>精神を統一させているのだ。
    おしろいを塗っているのではない。
    精神を統一させているのだ。
  22. 肌にコンプレックスのある女性ほど、メイクの腕が上達しやすい。
    肌にコンプレックスのある女性ほど、メイクの腕が上達しやすい。
  23. メイクとトイレの不思議なつながり。
    メイクとトイレの不思議なつながり。
  24. 美しいアイラインは、複数の線から構成されている。<br>アイラインを、一気に引こうとしない。
    美しいアイラインは、複数の線から構成されている。
    アイラインを、一気に引こうとしない。
  25. メイクを覚え始めたころの気持ちを持ち続けることが、メイク上達の近道。
    メイクを覚え始めたころの気持ちを持ち続けることが、メイク上達の近道。
  26. メイクがうまいから、化粧箱を買うのではない。<br>化粧箱を買うから、メイクがうまくなる。
    メイクがうまいから、化粧箱を買うのではない。
    化粧箱を買うから、メイクがうまくなる。
  27. 綿棒を買いだめしているかどうかは、メイクの仕上がりに差をつける。
    綿棒を買いだめしているかどうかは、メイクの仕上がりに差をつける。
  28. 1日の終わりには、きちんときれいにメイクを落とす。
    1日の終わりには、きちんときれいにメイクを落とす。
  29. メイクを落とすとき、嫌なことも一緒に洗い流す。<br>だから翌日、元気になれる。
    メイクを落とすとき、嫌なことも一緒に洗い流す。
    だから翌日、元気になれる。
  30. 酸欠状態の肌を回復させるポイントは、バスタイムにある。
    酸欠状態の肌を回復させるポイントは、バスタイムにある。

同じカテゴリーの作品