やすいプレゼン資料
30


 その21
読んだ お気に入り(1)

会社ロゴいには、
細心注意うこと



会社のロゴの扱いには、細心の注意を払うこと。 | 見やすいプレゼン資料の30の作り方

レゼンの資料に、会社のロゴを使うのはよくあることです。

たとえば、ヘッダー部分にロゴを入れることもあるでしょう。

競合他社の相関関係図に、会社のロゴを使用する場合もあります。

領域には限りがありますから、たくさんのオブジェクトを並べれば、オブジェクト同士が重なり合うことがあります。

この際、特に注意していただきたいのは、会社のロゴです。

ロゴについては、絶対に重ならないようにしましょう。

これは、どんな例外も許されません。

会社のロゴというのは、会社そのものです。

たとえば、お客様の会社のロゴに、他のイメージ画像が重なっているのは、お客様を足で踏んでいるのを同じです。

それだけでお客様は気分を害し、プレゼンは失敗に終わってしまう可能性もあるのです。

会社のロゴの扱いには、細心の注意を払うようにしましょう。



見やすいプレゼン資料の作り方 その21

  • 会社ロゴだけは、
    イメージ画像ならないように注意する

 

共有


ご参考になれば、共有のご協力をお願いいたします。ブログでのご紹介も大歓迎です。

マイページ



メモ

もくじ
(見やすいプレゼン資料の30の作り方)


 

同じカテゴリーの作品