プレゼン

見やすいプレゼン資料の
30の作り方

2
13

使う色は3色までに限定すれば、
自然と見やすい資料が出来上がる。

使う色は3色までに限定すれば、自然と見やすい資料が出来上がる。 | 見やすいプレゼン資料の30の作り方

プレゼンの初心者は、できるだけ使用する色を限定すべきです。

もちろん色を否定しているわけではありません。

カラフルな資料のほうが立派できちんとしている印象があります。

 

しかし、その領域に手を出せるのは、プレゼンに慣れ、しかも色の特性をきちんと理解した人のみです。

本来、色の使い方というのは、難しい。

「赤と緑は見づらくなる」

「白と黄色は識別しづらい」

「下地が黄色に黒い文字は、危険を意味する」

「赤は情熱を意味し、ピンクは暖かみをイメージさせ、青はすがすがしさを連想させる」

「黒は収縮色であり、明るい色は膨張色」

色には特性があります。

しかも、色の組み合わせによって、意味や特徴は多種多様に変化します。

こうした点をきちんと把握しておかないと、カラフルな色使いというのは、すぐできるものではありません。

慣れていない人が色を使いすぎると、たいていは失敗します。

プレゼン初心者に限って言えば、失敗しないために、カラフルな色使いを避けます。

できるだけ色を限定したほうが成功に結びつきやすいのです。

 

では、問題なのは使う色の目安です。

目安は、3色までです。

会社のロゴの色、白い紙に黒い文字を除いて、3色までです。

この法則を守っていれば、大きく失敗することはありません。

見やすいプレゼン資料の作り方(13)
  • 「使う色は3色まで」を意識しながら、資料を見直す。
資料にはページ数をふり、ページ数で見るべき場所を指示する。

もくじ
見やすいプレゼン資料の30の作り方
使う色は3色までに限定すれば、自然と見やすい資料が出来上がる。 | 見やすいプレゼン資料の30の作り方

  1. プレゼンの資料は、1から作らない。
    プレゼンの資料は、1から作らない。
  2. 目次から作れば、スムーズに作成が進む。
    目次から作れば、スムーズに作成が進む。
  3. 資料全体を通して大事なのは、統一感。
    資料全体を通して大事なのは、統一感。
  4. 無意識のうちに確かめる視線の動きに合わせて、資料を作成する。
    無意識のうちに確かめる視線の動きに合わせて、資料を作成する。
  5. プレゼンの資料は、1枚1分を目安に作成する。
    プレゼンの資料は、1枚1分を目安に作成する。
  6. 複数の資料を使うなら、あらかじめ資料番号を振っておくこと。
    複数の資料を使うなら、あらかじめ資料番号を振っておくこと。
  7. 「箇条書きのほうがよいのではないか」と、問いかけながら資料をチェックする。
    「箇条書きのほうがよいのではないか」と、問いかけながら資料をチェックする。
  8. 動きのある機能には要注意。<br>頼っても、頼りすぎるな。
    動きのある機能には要注意。
    頼っても、頼りすぎるな。
  9. 専門用語の説明は、口頭だけで終わらせない。
    専門用語の説明は、口頭だけで終わらせない。
  10. 凝りすぎた資料は、おおむね失敗する。
    凝りすぎた資料は、おおむね失敗する。
  11. 夜に作成した資料は、行きすぎた内容になりやすい。
    夜に作成した資料は、行きすぎた内容になりやすい。
  12. 資料では、色を使いすぎるより、限定したほうがいい。
    資料では、色を使いすぎるより、限定したほうがいい。
  13. 使う色は3色までに限定すれば、自然と見やすい資料が出来上がる。
    使う色は3色までに限定すれば、自然と見やすい資料が出来上がる。
  14. 資料にはページ数をふり、ページ数で見るべき場所を指示する。
    資料にはページ数をふり、ページ数で見るべき場所を指示する。
  15. ヘッダーには、会社のロゴを入れよ。
    ヘッダーには、会社のロゴを入れよ。
  16. イラストより写真のほうが、現実感がある。
    イラストより写真のほうが、現実感がある。
  17. プレゼンの資料作成で大切なのは、量より質。
    プレゼンの資料作成で大切なのは、量より質。
  18. 「30ページ以内・30分以内」を目安にする。
    「30ページ以内・30分以内」を目安にする。
  19. 「ここだけの話」があるプレゼンは、評価が上がりやすい。
    「ここだけの話」があるプレゼンは、評価が上がりやすい。
  20. お客様に提出する資料に、再生紙は使わない。
    お客様に提出する資料に、再生紙は使わない。
  21. 会社のロゴの扱いには、細心の注意を払うこと。
    会社のロゴの扱いには、細心の注意を払うこと。
  22. 「データ」を示すと、説得力は倍増する。
    「データ」を示すと、説得力は倍増する。
  23. 資料のチェックは、逆の視点から見るほうがいい。
    資料のチェックは、逆の視点から見るほうがいい。
  24. 文字のサイズは、全体的に大きくする。
    文字のサイズは、全体的に大きくする。
  25. スライドを作りすぎるな。
    スライドを作りすぎるな。
  26. 読みにくい手書きのほうが、よく読まれ、印象に残りやすい。
    読みにくい手書きのほうが、よく読まれ、印象に残りやすい。
  27. 箇条書きの限界は、7つまで。
    箇条書きの限界は、7つまで。
  28. 音読しながらチェックすると、誤字脱字の発見精度が向上する。
    音読しながらチェックすると、誤字脱字の発見精度が向上する。
  29. 出来上がった資料は、同僚にチェックしてもらうだけではまだ甘い。
    出来上がった資料は、同僚にチェックしてもらうだけではまだ甘い。
  30. プレゼンの資料は、紙に出すまでは安心できない。
    プレゼンの資料は、紙に出すまでは安心できない。

同じカテゴリーの作品