まとめ
(犬の困った行動を解決する30のしつけ方)
犬の困った行動を解決する30のしつけ方

  • 犬のペースに合わせて、ゆっくり慣れさせていく。
  • なつかせたい人の手から、犬に餌を与えてもらう。
  • 車の往来を見せて、車の音や動きに慣れさせる。
  • トイレのしつけをきちんとする。
  • そもそも飼い主より前に出て歩かせるのを、やめさせる。
  • 噛むのをやめさせるより、噛んでいいものをあらかじめ与えておく。
  • どうしても噛むのをやめさせたいときには、天罰方式で解決する。
  • 拾い食いをしないように、しつける。
  • 食事は、先に飼い主が食べるというルールを徹底する。
  • 人に飛びつこうとしたら「無言」で「強め」に、リードを引っ張る。
  • 犬が芸を覚えてくれるまで、長期で見る。
  • いきなり爪を切るのではなく、手を触れることから始める。
  • いくら無駄吠えをしても、無視を徹底する。
  • わざと、食事や散歩の時間をずらす。
  • いきなり長時間1人にさせず、段階を経て、留守番に慣れさせる。
  • ごみ箱に工夫を凝らす。
  • ご褒美を使って、くわえているおもちゃを離させる。
  • 穴掘りをする暇がないくらい、かまってあげる。
  • 散歩中に、排泄をさせるのはやめさせる。
  • いきなり車に乗せて発進させるのではなく、少しずつ慣れさせていく。
  • 動物病院で、楽しい思い出を作る。
  • 落ち着くまで、無視を続ける。
  • 抵抗の小さいところから大きいところへと、ゆっくり慣れさせていく。
  • 誤った食糞対策に、手をつけないようにする。
  • 拾い食いをやめさせるのと同じ方法で、食糞をやめさせる。
  • マウンティングをするのをやめさせるなら、徹底的に無視をする。
  • 「食事」と「散歩」に工夫を凝らす。
  • お漏らししても、いたわってあげる。
  • わざと自宅に電話をして、電話の音に慣れさせる。
  • チャイムに対してではなく、他人に慣れさせる。

同じカテゴリーの作品

3:33
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION