人生の教科書



読み上げ動画・音声
自分磨き
手放すことを恐れていませんか。
生き方
成長が遅いのではない。
着実に力を身につけているのだ。
子育て
子供に完璧を求めすぎない。
金銭感覚
一生賃貸であっても、自分の価値観に合っていれば、素晴らしい選択。
家族運営
家族とは、ゴールドのようなもの。
小さくても、かけがえのない価値がある。
金銭感覚
お金は、英語以上の世界共通語。
世界の掛け橋になっている。

運命える
30方法

お気に入り27 読んだ
18

価値観変化は、
成長ができている証拠

まれたばかりの赤ちゃんは、がらがらというおもちゃで遊びます。

がらがらと音のなる遊具に、赤ちゃんはこれ以上ないほどの楽しみと喜びを感じ、手放しません。

まったくもって、がらがらに執着します。

 

しかし、より価値の高いものを探すのが人間です。

赤ちゃんが、10歳くらいになると話は変わります。

がらがらを手放し、もっと楽しいテレビゲームをするようになります。

奥深いテレビゲームは、がらがら以上に楽しくて面白く、価値が高いと感じます。

さらに成長して高校生になれば、次は読書を楽しむようになります。

テレビゲームは仮想的ですが、読書は現実的です。

読書をすれば、実生活にその知識と知恵が生かされるため、テレビゲームより楽しく面白く感じるようになります。

読書のほうが、より価値が高いと感じるようになります。

同時に今まで執着していたテレビゲームを手放すことができるようになります。

客観的に見れば、成長とは「価値観の変化の連続」です。

成長がきちんとできていれば、もっと価値の高いことを見つけ、同時に執着していたことが、ある日、価値がないように思えます。

本人の成長があれば、本来「価値観」は変わっていくものです。

価値観が変わってこそ、成長です。

「今以上に価値の高いもの」を見つければ、今まで執着していたことを手放せます。

「これが一番だ。どうしても手放せない」は、まだそれ以上の楽しみを見つけることができていないだけです。

自分にとって、より価値の高いものを見つければ、今までの執着はあっさり手放せます。

変わってこそ、成長です。

価値観の変化は、成長ができている証拠です。

成長とは、手放すことができるようになることです。

いつまでも同じものに執着しているのは、赤ちゃんのころに遊んでいたがらがらを、大人になっても遊び続けていることと同じです。

成長ができていないということです。

成長ができていれば、より価値の高いものを見つけ、今まで執着していたことを手放すことができるはずなのです。

今まで執着していたことをある日、あっさり「いらない」と言えるくらい、より価値の高いものを見つければいいのです。

それが、自分を変える、人生を変える、運命を変えるということです。

運命を変える方法 その18

  • 価値観変化させる
破壊こそ、創造だ!

もくじ
(運命を変える30の方法)

同じカテゴリーの作品