プラス思考

人生に奇跡を起こす
30の方法

お気に入り19 読んだ
6

脳のガソリンを入れるのは簡単。
甘いお菓子と3回の深呼吸。

脳のガソリンを入れるのは簡単。甘いお菓子と3回の深呼吸。 | 人生に奇跡を起こす30の方法

頭の回転が鈍くなってきたときは、ガソリンを補給しましょう。

車が動くにはガソリンが必要であるように、脳がきちんと動くにも、ガソリンが必要です。

 

では、脳のガソリンとは何か。

大きな要素が、2つあります。

1つ目は「甘いお菓子」です。

まず甘いお菓子を食べましょう。

チョコレート・クッキー・ビスケット・おせんべい・キャンデー。

ココアなどの甘い飲み物でもOKです。

食べ過ぎに注意しならが、おいしい味わいに幸せを感じましょう。

2つ目が「3回の深呼吸」です。

大きく息を吸って、ゆっくり息を吐きます。

吸うより吐くほうに時間をかけるほうが、しっかり酸素を吸収できます。

深呼吸を3回繰り返すだけでOKです。

眠気が取れ、ぼんやりしていた意識が引き締まり、頭の回転も速くなるでしょう。

脳の大好物は「ブドウ糖」と「酸素」です。

甘いお菓子と3回の深呼吸によって、ブドウ糖と酸素が脳の隅々まで行き渡り、脳がみるみる元気になります。

カフェインも効果的ですが、まずガソリンであるブドウ糖と酸素があってこそ、脳もしっかり働きます。

頭を使う仕事の前は、甘いお菓子と3回の深呼吸が効果的です。

一口サイズのお菓子を携帯しておくと、いざというときに便利です。

「脳が疲れたときは、甘いお菓子と3回の深呼吸」と覚えておきましょう。

まとめ

人生に奇跡を起こす方法 その6
  • 脳が疲れたときは、甘いお菓子と3回の深呼吸で、元気を出す。
人は誰でも天使になれる。
にっこりした笑顔で挨拶をするだけでいい。

もくじ
人生に奇跡を起こす30の方法
脳のガソリンを入れるのは簡単。甘いお菓子と3回の深呼吸。 | 人生に奇跡を起こす30の方法

  1. 奇跡が起こるのを待つのではない。
    奇跡を起こしにいくのだ。
  2. 奇跡を願うなら、胸を張って「神様はいる」と言えることが大切。
  3. 人間関係は、成功に必要な要素。
     ただし、人間関係だけに頼ってはいけない。
  4. 説得力とは、人生を切り開く力。
  5. 相手の仕事が遅いくらいで、いらいらしない。
  6. 脳のガソリンを入れるのは簡単。
    甘いお菓子と3回の深呼吸。
  7. 人は誰でも天使になれる。
    にっこりした笑顔で挨拶をするだけでいい。
  8. たまには怠けておかないと、人間らしくなくなる。
  9. 成功者の努力は、凡人には理解されない。
  10. 「頑張れ、自分!」と応援して、自分を奮い立たせる。
  11. 焦らずに、怖がらずに、立ち止まらずに、ただただ自分になればいい。
  12. 人生は長期戦。
    無理をするよりマイペース。
  13. 当たり前を笑う人は、成長しない。
    当たり前を笑わない人が、成長する。
  14. 感謝や謝罪は、すぐしないと、意味がない。
  15. 具体的な答えが出ないのは、具体的に動いていないから。
  16. コンプレックスは、自分が大げさに考えているだけ。
  17. その人との相性は、一緒に食事をすると分かりやすい。
  18. 落ち込んだとき、半身浴と読書の組み合わせが効果的。
  19. 他人が叱られている瞬間は、自分の反省を促す時間。
  20. いい友達を探すより、今の友達を、いい友達にしよう。
  21. 褒めるのが恥ずかしいのは、日常の一部になっていないから。
  22. アプローチをちょっと変えれば、問題はあっさり解決する。
  23. 難しいと感じたときは、能力が伸びるとき。
  24. 前例のないことだからこそ、取り組む価値がある。
  25. 参拝をするときは、だらだらするのではなく、本気になる。
  26. ミスや失敗を環境のせいにする人は、成長できない。
  27. 気分転換で、着替えることもあっていい。
  28. 人との出会いは、奇跡との出会い。
  29. 1日3回は「幸せだな」と考えよう。
  30. 「うるさい」と怒鳴る人が、一番うるさい。

同じカテゴリーの作品