美肌になれる
30のスキンケア方法

7
1

高機能な化粧品を使って、
肌が怠けることはない。

高機能な化粧品を使って、肌が怠けることはない。 | 美肌になれる30のスキンケア方法

「肌が怠けないように、高機能の化粧品を使うべきでない」

世間でそうした声を耳にすることがあります。

高機能な化粧品ばかりを使っていると、肌が怠けてしまい、本来の機能が失われるという主張です。

肌が怠けないように、あえて化粧水や乳液などを使わない日を作る美容法なども存在するようです。

しかし、私はこの方法に、断固として反対します。

まず前提として、肌はそう簡単に怠けることはありません。

肌の弾力は、コラーゲンとエラスチンなどのタンパク質と水分量によるものです。

汗や皮脂の分泌量は、自律神経が制御しています。

体の恒常性を保つために自律神経を鍛える方法は存在しますが、化粧品の影響を大きく受けません。

毛穴の収縮には筋肉も関係していますが、影響があるとしても、わずかな影響です。

高機能な化粧品を使って、肌が怠けることはほとんどありません。

むしろ、何もしないことによる悪影響のほうが、はるかに大きいです。

洗顔の後に何も塗らなければ、肌が乾燥して、しみやしわの原因になります。

UVケアをしていないと、紫外線の影響によって、肌が大ダメージを受けます。

いくら肌を鍛えるからとはいえ、まったく何もしないのはよくありません。

肌を鍛えるつもりで何も塗らないほうが、余計に肌の悪影響になるのが現実です。

美しい肌を保ちたければ、やはりきちんと肌を配慮することが大切です。

怠けるという言葉に、騙されてはいけません。

洗顔できれいに汚れを落とす。

化粧水で保湿して、乳液でカバーする。

UVケアで紫外線をカットする。

むしろ高機能な化粧品は、どんどん使うべきです。

今は科学技術が発達し、一昔前では実現できなかった機能を備えた化粧品がたくさんあります。

肌に浸透しやすいように、分子を小さくして、浸透力を高めた化粧水。

保湿力を高めた特殊な乳液などです。

こうした高機能の化粧品は、どんどん使うべきです。

どんどん使うからこそ、そこで美肌の差がつくのです。

美肌になれるスキンケア方法(7)
  • 高機能の化粧品は、どんどん使う。
洗顔の後、肌が湿っていても、化粧水は必要。

美肌になれる30のスキンケア方法
美肌になれる30のスキンケア方法

  1. もったいない気持ちを捨てるのが、美肌の差をつける第一歩。
    もったいない気持ちを捨てるのが、美肌の差をつける第一歩。
  2. 薄い膜を1つずつ重ねるように、丁寧に塗る。
    薄い膜を1つずつ重ねるように、丁寧に塗る。
  3. 両親の顔を思い出すと、美容で心がけるべき点が見えてくる。
    両親の顔を思い出すと、美容で心がけるべき点が見えてくる。
  4. 薄化粧の場合、クレンジングが不要になる。
    薄化粧の場合、クレンジングが不要になる。
  5. 洗顔料で大きな泡を作りやすくする、洗顔前の一工夫。
    洗顔料で大きな泡を作りやすくする、洗顔前の一工夫。
  6. 落ちにくいメイクでは、別々のクレンジング料を使うのが正解。
    落ちにくいメイクでは、別々のクレンジング料を使うのが正解。
  7. 高機能な化粧品を使って、肌が怠けることはない。
    高機能な化粧品を使って、肌が怠けることはない。
  8. 洗顔の後、肌が湿っていても、化粧水は必要。
    洗顔の後、肌が湿っていても、化粧水は必要。
  9. お風呂上がりは、すぐ化粧水をつけない。
    お風呂上がりは、すぐ化粧水をつけない。
  10. 手作り化粧品に挑戦するなら、デメリットもきちんと把握しておくこと。
    手作り化粧品に挑戦するなら、デメリットもきちんと把握しておくこと。
  11. ナノテクノロジーによって、これまでの化粧品の常識が変わった。
    ナノテクノロジーによって、これまでの化粧品の常識が変わった。
  12. 低分子の化粧品は、むらができないように注意すること。
    低分子の化粧品は、むらができないように注意すること。
  13. 乳液や美容液の浸透力を上げる2つの工夫。
    乳液や美容液の浸透力を上げる2つの工夫。
  14. 化粧水や乳液のパッティングは、今すぐやめる。
    化粧水や乳液のパッティングは、今すぐやめる。
  15. 毛穴が目立ちやすいのは、どういう肌質?
    毛穴が目立ちやすいのは、どういう肌質?
  16. 毛穴は、数ではなく、大きさの問題。
    毛穴は、数ではなく、大きさの問題。
  17. 毛穴は、手入れしだいで、小さくできる。
    毛穴は、手入れしだいで、小さくできる。
  18. 冷水による毛穴の引き締め効果は、せいぜい30分ほど。
    冷水による毛穴の引き締め効果は、せいぜい30分ほど。
  19. 毛穴の汚れを指で取り出す方法には、要注意。
    毛穴の汚れを指で取り出す方法には、要注意。
  20. あぶらとり紙で、皮脂は完全に取り除かない。
    あぶらとり紙で、皮脂は完全に取り除かない。
  21. 毛穴の奥の頑固な汚れを、簡単に落とす方法。
    毛穴の奥の頑固な汚れを、簡単に落とす方法。
  22. 一番失敗が少ないのは、やはり白い固形石鹸。
    一番失敗が少ないのは、やはり白い固形石鹸。
  23. 塗るタイプの美容パックは、塗る順番が大切。
    塗るタイプの美容パックは、塗る順番が大切。
  24. 美容パックの時間が長すぎると、効果はむしろ、半減する。
    美容パックの時間が長すぎると、効果はむしろ、半減する。
  25. デート前の美容パックは、前日では早すぎる。
    デート前の美容パックは、前日では早すぎる。
  26. 自宅でできる簡単パックの方法。
    自宅でできる簡単パックの方法。
  27. 乾燥するからとはいえ、安易に保湿スプレーを吹きかけるのは要注意。
    乾燥するからとはいえ、安易に保湿スプレーを吹きかけるのは要注意。
  28. 乾燥した肌に水分を補う上手な方法。
    乾燥した肌に水分を補う上手な方法。
  29. 乾燥が進みやすい部分は、化粧水と乳液を重点的につける。
    乾燥が進みやすい部分は、化粧水と乳液を重点的につける。
  30. スキンケアをひととおり終えた後、時間に余裕があるなら、蒸しタオルを顔に乗せる。
    スキンケアをひととおり終えた後、時間に余裕があるなら、蒸しタオルを顔に乗せる。

同じカテゴリーの作品

2:55
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION