執筆者:水口貴博

成功するための
30の勉強力

28
11

完璧な英語を求めると、
話せない。
不完全な英語でいいと思えば、
話せるようになる。

完璧な英語を求めると、話せない。不完全な英語でいいと思えば、話せるようになる。 | 成功するための30の勉強力

私が留学時代には、英語が話せる人と、そうでない人とで違いがありました。

ちなみに、私は「英会話ができない」側の人間でした。

一生懸命に勉強しているにもかかわらず、英語がなかなか話せなくて、悩んでいました。

自分がそうだったからよくわかりますが、英会話が苦手な人に共通するのは「一生懸命になりすぎているところ」です。

「文法を間違えないようにしよう」

「単語の用法を間違えないようにしよう」

「できるだけすらすら英語を話せるようにしなければいけない」

すべてにおいて、一生懸命になっています。

一生懸命なのはいいですが、行きすぎて、逆に何も話せなくなります。

しかし、案外、適当な性格の人は、英会話が得意です。

間違いを気にしないし、恥をかくことを恐れていないからです。

単語レベルの会話であったり、文法が多少間違っていたりしても、とりあえず口にしていると、たいてい意味は相手に通じます。

英単語を積極的に発言しているだけで、英語のできる人に見えてきます。

英会話が流暢りゅうちょうな人の会話をよく聞くと、文法や単語がよく間違っています。

では、なぜ英会話がうまいように感じるのかというと「流暢」だからです。

多少文法が間違っていたり単語だけの会話だったりしても、さっと口に出せれば、意思疎通はスムーズに進みます。

しかし、完璧を求めて、何も話せない人は、意思疎通以前の問題です。

口に出さなければ、相手に伝わるはずがありません。

間違ってもいいから、とにかく素早く英単語を口にすることが大切です。

英会話ができる人は、あえて「不完全な英語でいい」という決断があります。

間違って笑われても気にしない度胸があります。

私たちが英語をうまいと感じるのは「いかに完璧な英語か」ではありません。

「いかに不完全な英語でいい」と妥協するかです。

不完全でいいと思い始めたとたん、英会話は急にできるようになるのです。

成功するための勉強力(28)
  • 不完全な英語で妥協する。
目的地にたどり着くためには、2つの把握が必要。

成功するための30の勉強力
成功するための30の勉強力

  1. 勉強は、結果が出るまでに時間がかかる。
    勉強は、結果が出るまでに時間がかかる。
  2. 勉強をして一番変わるのは「雰囲気」である。
    勉強をして一番変わるのは「雰囲気」である。
  3. 信号の赤を、チャンスに変える。
    信号の赤を、チャンスに変える。
  4. アドバイスを求める人ほど行動せず、アドバイスを求めない人ほど行動している。
    アドバイスを求める人ほど行動せず、アドバイスを求めない人ほど行動している。
  5. 「気になる」という気持ちがあるうちに、調べる癖をつける。
    「気になる」という気持ちがあるうちに、調べる癖をつける。
  6. 暗い夜に考えていると、気分も暗くなる。<br>明るい朝に考えていると、気分も明るくなる。
    暗い夜に考えていると、気分も暗くなる。
    明るい朝に考えていると、気分も明るくなる。
  7. 「頭がいい」とは、そういう「事実」ではなく「姿勢」である。
    「頭がいい」とは、そういう「事実」ではなく「姿勢」である。
  8. 勉強をすれば、喧嘩が減る。
    勉強をすれば、喧嘩が減る。
  9. 勉強をしてから目的を決めるのではない。<br>先に目的があって勉強する。
    勉強をしてから目的を決めるのではない。
    先に目的があって勉強する。
  10. 一度しかない人生を悔いなく生きないと、本当に悔いてしまう。
    一度しかない人生を悔いなく生きないと、本当に悔いてしまう。
  11. スピードを出しているうちは、疲れを感じない。
    スピードを出しているうちは、疲れを感じない。
  12. 権威のある辞書があると、自信がつく。
    権威のある辞書があると、自信がつく。
  13. 辞書の面白さとは、引くつもりのなかった言葉を引くこと。
    辞書の面白さとは、引くつもりのなかった言葉を引くこと。
  14. 悩みと疑問を抱いているときが、勉強をする最適な時期。
    悩みと疑問を抱いているときが、勉強をする最適な時期。
  15. 勉強をする場所は、机の前だけではない。
    勉強をする場所は、机の前だけではない。
  16. 遠くへ行けば、旅行になった気になっていませんか。
    遠くへ行けば、旅行になった気になっていませんか。
  17. 勉強のために、文系や理系という区切りは必要ない。
    勉強のために、文系や理系という区切りは必要ない。
  18. 「何を知るか」より「どう使うか」のほうが大切。
    「何を知るか」より「どう使うか」のほうが大切。
  19. 初めてあったときに、次に会う約束をする。
    初めてあったときに、次に会う約束をする。
  20. どんな旅行ブックより、現地の人ほど詳しい人はいない。
    どんな旅行ブックより、現地の人ほど詳しい人はいない。
  21. 「早起き」という言葉を使うのが恥ずかしいくらい、当たり前の習慣にする。
    「早起き」という言葉を使うのが恥ずかしいくらい、当たり前の習慣にする。
  22. 今日勉強していることが、未来のあなたを形作る。
    今日勉強していることが、未来のあなたを形作る。
  23. 難しい言い回しを使わない努力をすればするほど、知性的になれる。
    難しい言い回しを使わない努力をすればするほど、知性的になれる。
  24. 本当の知性とは、面白さに気づけること。
    本当の知性とは、面白さに気づけること。
  25. 一番前の席が、一番勉強ができる。
    一番前の席が、一番勉強ができる。
  26. 時間術を学ぶ時間があるなら、仕事を当たり前に進めたほうが早い。
    時間術を学ぶ時間があるなら、仕事を当たり前に進めたほうが早い。
  27. 友人と一緒に勉強会を開かない。
    友人と一緒に勉強会を開かない。
  28. 完璧な英語を求めると、話せない。<br>不完全な英語でいいと思えば、話せるようになる。
    完璧な英語を求めると、話せない。
    不完全な英語でいいと思えば、話せるようになる。
  29. 目的地にたどり着くためには、2つの把握が必要。
    目的地にたどり着くためには、2つの把握が必要。
  30. 1,000冊以上読んで学んだことは「本を読む暇があれば行動しろ!」という悟りだった。
    1,000冊以上読んで学んだことは「本を読む暇があれば行動しろ!」という悟りだった。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION