執筆者:水口貴博

仕事の成長が早くなる30の方法

12

若いころは、貯金はしなくていい。

若いころは、貯金はしなくていい。 | 仕事の成長が早くなる30の方法

若いころは、貯金をする必要はありません。

節約はする必要がありますが、貯金は不要です。

若い時期から貯金なんてしていては、何も経験できなくなってしまうからです。

一度しかない人生において、成長の機会を数多く失うことになります。

たしかにお金は大切ですが、自己実現のためには、むしろ使っていかなければなりません。

自分に対して投資をして、成長に変えます。

習い事、勉強、旅行、人付き合いなど、成長にはお金がかかるものです。

習い事をやめ、勉強をやめ、旅行も人付き合いもやめてしまうというなら、お金はすぐ貯まるでしょう。

しかし、お金は貯まっても、大切なことを失っていることに気づかなければなりません。

若いうちだからこそ健康があり、意欲が旺盛おうせいです。

食欲もあり、向上心も旺盛です。

元気旺盛な時期にこそ、遊びも勉強もたっぷり取り組んで、自分を高めておかないといけないのです。

若い時期こそゴールデンタイムです。

たくさん勉強し、たくさん遊んで、たくさん経験をするためには、たくさんお金も必要です。

若い時期から節約をしていると、人間的に成長ができなくなってしまいます。

貯金をするお金があるなら、もっと自己投資に回すことです。

それは将来、2倍にも3倍にも大きくなって、自分に返ってくるようになります。

仕事の成長が早くなる方法(12)
  • 若い時期こそ、お金を使う。
投資するべきところと、節約するべきところを、区別する。

仕事の成長が早くなる30の方法

  1. まずは好きなことに手をつける。
    これが一番の成長法。
  2. 嫌いなことをしていると、性格が悪くなる。
    好きなことをしていると、性格がよくなる。
  3. 好きなことを通して、力をつけよう。
  4. ベストタイミングではなく、ベタータイミングで行動する。
  5. お金を残そうとすると、行動が極端に鈍くなる。
  6. 目の前の仕事に全力投球していれば、自然と結果はついてくる。
  7. 嫌いなことをしていると失敗する。
    好きなことをしていると成功する。
  8. エレベーターでは積極性が表れる。
    待つより行動する人になろう。
  9. 落ち込みやすい人は、成長の早い人。
  10. 最初の1歩は軽くていい。
  11. 1回で100点を取るのではない。
    1点を100回取ろう。
  12. 若いころは、貯金はしなくていい。
  13. 投資するべきところと、節約するべきところを、区別する。
  14. 愚痴を言うエネルギーと時間を、行動するエネルギーと時間に充てる。
  15. 実現させたいことは、紙に書くだけでいい。
  16. 優先順位の変更をためらう必要はない。
  17. 大切なことは「効果」。
    「技術」に惑わされないこと。
  18. 失敗したら勉強できる、と考えよう。
  19. 落ち込んだときほど、体を動かそう。
  20. 勉強会は、やめたほうがいい。
  21. 無能な人が多い職場を嘆いてはいけない。
    無能な人がいるおかげで、出世・成長・昇給が実現する。
  22. 上司の急な変更に嫌な顔をしない。
    にこにこしながら快く受け入れる。
  23. 待ち合わせる間に、成長できる場所がある。
  24. 改善は、1回やって終わりではない。
    無限に繰り返していくもの。
  25. マニュアルは、作成して終わりではない。
    必要に応じて随時更新していくものだ。
  26. 本当に好きなことには、自然とスピードが出る。
  27. 締め切りのない仕事は、自分で締め切りを作ろう。
    締め切りのある仕事は、自分で締め切りを前倒ししよう。
  28. 心配は、頭で消すのではなく、体で消す。
  29. たとえ冗談でも、口に出して言っていると、本当に夢が叶ってしまう。
  30. 地獄のような多忙の1年も、一生に一度くらいあっていい。

同じカテゴリーの作品

1:58

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION