執筆者:水口貴博

仕事の成長が早くなる
30の方法

24
0

改善は、
1回やって終わりではない。
無限に繰り返していくもの。

改善は、1回やって終わりではない。無限に繰り返していくもの。 | 仕事の成長が早くなる30の方法

仕事中「こうすればもっと良くなるのではないか」と気づくことがあるでしょう。

ちょっと気になるところが見つかって、頭をひねって知恵を出し、改善をしました。

改善は、紛れもなく良いことです。

悪いところが改められ、良くなったということです。

改善にはさまざまなタイプがあり、品質向上、効率化、トラブル対策など多岐にわたります。

改善することで、仕事の質やスピードがますます良くなります。

改善は間違いなく良いことであり、ここに議論の余地はありません。

ただし、改善ができて終わりではなく、大切なのは「改善の後」です。

改善した後にすることは何でしょうか。

「さらなる改善」なのです。

改善が達成すれば「一丁上がり!」とそこで満足する人がいます。

たしかに改善ができたことは素晴らしいことですが、そこで足を止めないことです。

1回の改善だけでは不十分です。

改善回数に上限はありません。

10回でも20回でも、100回でも200回でも、改善をしていきましょう。

「そんなにやるの?」と驚くのは「改善なんて数回程度で十分」と考えている人です。

改善は1回やって終わりではありません。

無限に繰り返していくものです。

「もっと速くできる方法はないか。もっとわかりやすくなる方法はないか。もっとスムーズになる方法はないか」

目立って悪いわけでなくても、改善の余地があるなら着手することです。

改善、改善、また改善。

「あらゆる改善をやり尽くした」と思ってからが、本当のスタートです。

じっくり目を凝らし、さまざまな角度から観察してください。

注意深く観察すれば、ほかにも改善できるところが見つかるはずです。

本当に小さなことであってもいいのです。

1秒、1ミリ、1パーセントの改善のために、まだ何かできることがあるはずです。

これが「仕事を面白くする」ということです。

小さなことであっても、気になる点が見つかれば、改善の余地があります。

改善ができる人は、仕事ができる人です。

改善を繰り返す人は、仕事が向上するだけでなく、職場での評価も高くなります。

仕事の成長が早くなる方法(24)
  • 改善が終われば、さらなる改善点を見つけ、品質向上に取り組んでいく。
マニュアルは、作成して終わりではない。
必要に応じて随時更新していくものだ。

仕事の成長が早くなる30の方法
仕事の成長が早くなる30の方法

  1. まずは好きなことに手をつける。<br>これが一番の成長法。
    まずは好きなことに手をつける。
    これが一番の成長法。
  2. 嫌いなことをしていると、性格が悪くなる。<br>好きなことをしていると、性格がよくなる。
    嫌いなことをしていると、性格が悪くなる。
    好きなことをしていると、性格がよくなる。
  3. 好きなことを通して、力をつけよう。
    好きなことを通して、力をつけよう。
  4. ベストタイミングではなく、ベタータイミングで行動する。
    ベストタイミングではなく、ベタータイミングで行動する。
  5. お金を残そうとすると、行動が極端に鈍くなる。
    お金を残そうとすると、行動が極端に鈍くなる。
  6. 目の前の仕事に全力投球していれば、自然と結果はついてくる。
    目の前の仕事に全力投球していれば、自然と結果はついてくる。
  7. 嫌いなことをしていると失敗する。<br>好きなことをしていると成功する。
    嫌いなことをしていると失敗する。
    好きなことをしていると成功する。
  8. エレベーターでは積極性が表れる。<br>待つより行動する人になろう。
    エレベーターでは積極性が表れる。
    待つより行動する人になろう。
  9. 落ち込みやすい人は、成長の早い人。
    落ち込みやすい人は、成長の早い人。
  10. 最初の1歩は軽くていい。
    最初の1歩は軽くていい。
  11. 1回で100点を取るのではない。<br>1点を100回取ろう。
    1回で100点を取るのではない。
    1点を100回取ろう。
  12. 若いころは、貯金はしなくていい。
    若いころは、貯金はしなくていい。
  13. 投資するべきところと、節約するべきところを、区別する。
    投資するべきところと、節約するべきところを、区別する。
  14. 愚痴を言うエネルギーと時間を、行動するエネルギーと時間に充てる。
    愚痴を言うエネルギーと時間を、行動するエネルギーと時間に充てる。
  15. 実現させたいことは、紙に書くだけでいい。
    実現させたいことは、紙に書くだけでいい。
  16. 優先順位の変更をためらう必要はない。
    優先順位の変更をためらう必要はない。
  17. 大切なことは「効果」。<br>「技術」に惑わされないこと。
    大切なことは「効果」。
    「技術」に惑わされないこと。
  18. 失敗したら勉強できる、と考えよう。
    失敗したら勉強できる、と考えよう。
  19. 落ち込んだときほど、体を動かそう。
    落ち込んだときほど、体を動かそう。
  20. 勉強会は、やめたほうがいい。
    勉強会は、やめたほうがいい。
  21. 無能な人が多い職場を嘆いてはいけない。<br>無能な人がいるおかげで、出世・成長・昇給が実現する。
    無能な人が多い職場を嘆いてはいけない。
    無能な人がいるおかげで、出世・成長・昇給が実現する。
  22. 上司の急な変更に嫌な顔をしない。<br>にこにこしながら快く受け入れる。
    上司の急な変更に嫌な顔をしない。
    にこにこしながら快く受け入れる。
  23. 待ち合わせる間に、成長できる場所がある。
    待ち合わせる間に、成長できる場所がある。
  24. 改善は、1回やって終わりではない。<br>無限に繰り返していくもの。
    改善は、1回やって終わりではない。
    無限に繰り返していくもの。
  25. マニュアルは、作成して終わりではない。<br>必要に応じて随時更新していくものだ。
    マニュアルは、作成して終わりではない。
    必要に応じて随時更新していくものだ。
  26. 本当に好きなことには、自然とスピードが出る。
    本当に好きなことには、自然とスピードが出る。
  27. 締め切りのない仕事は、自分で締め切りを作ろう。<br>締め切りのある仕事は、自分で締め切りを前倒ししよう。
    締め切りのない仕事は、自分で締め切りを作ろう。
    締め切りのある仕事は、自分で締め切りを前倒ししよう。
  28. 心配は、頭で消すのではなく、体で消す。
    心配は、頭で消すのではなく、体で消す。
  29. たとえ冗談でも、口に出して言っていると、本当に夢が叶ってしまう。
    たとえ冗談でも、口に出して言っていると、本当に夢が叶ってしまう。
  30. 地獄のような多忙の1年も、一生に一度くらいあっていい。
    地獄のような多忙の1年も、一生に一度くらいあっていい。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION