不要なトラブルを避ける
30の注意ポイント

25
0

改善は、
1回やって終わりではない。
無限に繰り返していくもの。

改善は、1回やって終わりではない。無限に繰り返していくもの。 | 不要なトラブルを避ける30の注意ポイント

仕事中「こうすればもっと良くなるのではないか」と気づくことがあるでしょう。

ちょっと気になるところが見つかって、頭をひねって知恵を出し、改善をしました。

改善は、紛れもなく良いことです。

悪いところが改められ、良くなったということです。

改善にはさまざまなタイプがあり、品質向上、効率化、トラブル対策など多岐にわたります。

改善することで、仕事の質やスピードがますます良くなります。

改善は間違いなく良いことであり、ここに議論の余地はありません。

ただし、改善ができて終わりではなく、大切なのは「改善の後」です。

改善した後にすることは何でしょうか。

「さらなる改善」なのです。

改善が達成すれば「一丁上がり!」とそこで満足する人がいます。

たしかに改善ができたことは素晴らしいことですが、そこで足を止めないことです。

1回の改善だけでは不十分です。

改善回数に上限はありません。

10回でも20回でも、100回でも200回でも、改善をしていきましょう。

「そんなにやるの?」と驚くのは「改善なんて数回程度で十分」と考えている人です。

改善は1回やって終わりではありません。

無限に繰り返していくものです。

「もっと速くできる方法はないか。もっとわかりやすくなる方法はないか。もっとスムーズになる方法はないか」

目立って悪いわけでなくても、改善の余地があるなら着手することです。

改善、改善、また改善。

「あらゆる改善をやり尽くした」と思ってからが、本当のスタートです。

じっくり目を凝らし、さまざまな角度から観察してください。

注意深く観察すれば、ほかにも改善できるところが見つかるはずです。

本当に小さなことであってもいいのです。

1秒、1ミリ、1パーセントの改善のために、まだ何かできることがあるはずです。

これが「仕事を面白くする」ということです。

小さなことであっても、気になる点が見つかれば、改善の余地があります。

改善ができる人は、仕事ができる人です。

改善を繰り返す人は、仕事が向上するだけでなく、職場での評価も高くなります。

不要なトラブルを避ける注意ポイント(25)
  • 改善が終われば、さらなる改善点を見つけ、品質向上に取り組んでいく。
あなたの行く手を邪魔しているのは、あなた。

不要なトラブルを避ける30の注意ポイント
不要なトラブルを避ける30の注意ポイント

  1. あなたの身の回りに「借りたままになっているもの」はありませんか。
    あなたの身の回りに「借りたままになっているもの」はありませんか。
  2. 「伝える」と「伝わる」は似て非なるもの。<br>大切なのは「どれだけ伝えたか」ではなく「どれだけ伝わったか」。
    「伝える」と「伝わる」は似て非なるもの。
    大切なのは「どれだけ伝えたか」ではなく「どれだけ伝わったか」。
  3. 本当にいっぱいいっぱいのときは、気晴らしもリフレッシュもしてはいけない。
    本当にいっぱいいっぱいのときは、気晴らしもリフレッシュもしてはいけない。
  4. 耳をふさぐと、耳が不自由な人の気持ちを理解できる。<br>音が聞こえることの素晴らしさも再認識できる。
    耳をふさぐと、耳が不自由な人の気持ちを理解できる。
    音が聞こえることの素晴らしさも再認識できる。
  5. その日のトラブルは、その日のうちに解決する。
    その日のトラブルは、その日のうちに解決する。
  6. 2択だからといって、無理に選ぶ必要はない。<br>選択肢にない選択が正解ということもある。
    2択だからといって、無理に選ぶ必要はない。
    選択肢にない選択が正解ということもある。
  7. 禁酒中にお酒を飲みたくなったら、大量の水を飲めばいい。
    禁酒中にお酒を飲みたくなったら、大量の水を飲めばいい。
  8. 「乱暴な言葉遣いは苦手」と言いつつ、自分の言葉遣いも乱暴になっていないか。
    「乱暴な言葉遣いは苦手」と言いつつ、自分の言葉遣いも乱暴になっていないか。
  9. 星を眺めながら歩かない。
    星を眺めながら歩かない。
  10. 失敗から得た反省や教訓は、きちんと書き留めておく。
    失敗から得た反省や教訓は、きちんと書き留めておく。
  11. 自然と嫌われるのはいい。<br>わざと嫌われるのはいけない。
    自然と嫌われるのはいい。
    わざと嫌われるのはいけない。
  12. ストレス解消のコツは「逆のことをすること」にある。
    ストレス解消のコツは「逆のことをすること」にある。
  13. 備えがあれば、大地震が来ても怖くない。<br>面倒くさがり屋は、防災グッズがおすすめ。
    備えがあれば、大地震が来ても怖くない。
    面倒くさがり屋は、防災グッズがおすすめ。
  14. 病院の問診票は、正直に書く。<br>結局は自分のため。
    病院の問診票は、正直に書く。
    結局は自分のため。
  15. 口が軽い人にも良いところがある。<br>褒め言葉の伝達人になってくれる。
    口が軽い人にも良いところがある。
    褒め言葉の伝達人になってくれる。
  16. 水分を取らずに頑張ることを美化してはいけない。
    水分を取らずに頑張ることを美化してはいけない。
  17. 締め切りのない仕事は、自分で締め切りを作ろう。<br>締め切りのある仕事は、自分で締め切りを前倒ししよう。
    締め切りのない仕事は、自分で締め切りを作ろう。
    締め切りのある仕事は、自分で締め切りを前倒ししよう。
  18. 人の仕事を「あんなの簡単。<br>誰でもできる」と切り捨てない。<br>軽く見る人は、軽く見られる。
    人の仕事を「あんなの簡単。
    誰でもできる」と切り捨てない。
    軽く見る人は、軽く見られる。
  19. 悪いことはしていなくても、疑われるようなことはしない。
    悪いことはしていなくても、疑われるようなことはしない。
  20. 値切ることは、失礼かつ恥ずかしい行為。<br>値切るするくらいなら、おまけをお願いするほうがいい。
    値切ることは、失礼かつ恥ずかしい行為。
    値切るするくらいなら、おまけをお願いするほうがいい。
  21. クレーム対応のコツは1つだけ。<br>余計な言い訳はせず、3倍大げさに謝罪すること。
    クレーム対応のコツは1つだけ。
    余計な言い訳はせず、3倍大げさに謝罪すること。
  22. とげのある言葉に注意する人はいても、とげのある雰囲気に注意する人は少ない。
    とげのある言葉に注意する人はいても、とげのある雰囲気に注意する人は少ない。
  23. 世の中に「ただの○○」は1つもない。<br>どんなことにも「奥」がある。
    世の中に「ただの○○」は1つもない。
    どんなことにも「奥」がある。
  24. すれ違いざまに人と肩がぶつかったとき、スルーするのはよくない。
    すれ違いざまに人と肩がぶつかったとき、スルーするのはよくない。
  25. 改善は、1回やって終わりではない。<br>無限に繰り返していくもの。
    改善は、1回やって終わりではない。
    無限に繰り返していくもの。
  26. あなたの行く手を邪魔しているのは、あなた。
    あなたの行く手を邪魔しているのは、あなた。
  27. 悪いことがあった後こそ「運がよかった」と言うタイミング。
    悪いことがあった後こそ「運がよかった」と言うタイミング。
  28. 言葉遣いの悪い人は、犯罪予備軍。
    言葉遣いの悪い人は、犯罪予備軍。
  29. 電話で「お世話になっております」と言っておきながら名前を伺うのは不自然。
    電話で「お世話になっております」と言っておきながら名前を伺うのは不自然。
  30. 裏切られたからといって、あなたまで裏切ってはいけない。<br>負の連鎖は、あなたのところで止める。
    裏切られたからといって、あなたまで裏切ってはいけない。
    負の連鎖は、あなたのところで止める。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION