執筆者:水口貴博

大人の気遣いができる人になる
30の方法

24
1

結論から話す癖をつけるだけで、
伝え方のスキルが劇的に向上する。

結論から話す癖をつけるだけで、伝え方のスキルが劇的に向上する。 | 大人の気遣いができる人になる30の方法

入社したら、まず結論から話す癖をつけてください。

これはビジネスコミュニケーションの基本であり、新人にとって欠かすことのできないポイントです。

上司や先輩に仕事の報告をする際は、まず結論から話し始めましょう。

会議やプレゼンのときでも、結論から話すことが大切です。

なぜ結論から話すことが大切なのか。

ビジネスはスピードが命だからです。

「詳細から話す」と「結論と話す」は、どちらも大差ないように思うかもしれませんが、誤解です。

話す内容は同じであっても、受け手に与える印象が違います。

詳しい説明をしてから結論を話したほうがわかりやすいと思うかもしれませんが、それは思い込みや自己都合にすぎません。

ビジネスはスピードが命ですから、詳細から説明すると間延びした印象を与えます。

相手は眉をひそめ、いらいらし始めるでしょう。

余計な前置きに聞こえます。

「ぐだぐだ言わないで、さっさと結論を話してほしい」と思うに違いありません。

話の途中で急な仕事が入り、結論を聞き逃す可能性もあります。

だからこそ、まず結論から話し始めることが必要不可欠です。

結論から話し始めることで、相手はすぐ最重要の内容を把握できます。

伝え方がスマートになって、仕事ができる印象も与えます。

たとえトラブルの報告のときであっても、結論から話すことを徹底してください。

悪い報告は心理的な抵抗が強いため結論を後回しにしたくなるかもしれませんが、消極的な姿勢はよくありません。

詳細から説明すると言い訳がましく聞こえて、余計な誤解を与える可能性もあります。

思いきって勇気を出すことです。

トラブルのときこそスピードを持った対応が必要になるため、1分1秒でも早く報告して、判断を仰ぐことが大切です。

コミュニケーションが苦手な人であっても、結論から話すことで、圧倒的に話がわかりやすくなります。

結論から話すルールを徹底すれば、新人として及第点を獲得できます。

大人の気遣いができる人になる方法(24)
  • 結論から話す癖をつける。
「言わなくてもわかる」と考える人ほど、ぼける。
言わなくてもわかることであってもきちんと口に出して伝える人は、ぼけない。

大人の気遣いができる人になる30の方法
大人の気遣いができる人になる30の方法

  1. 「今話しかけても大丈夫かな」と考えることが、大人の気遣い。
    「今話しかけても大丈夫かな」と考えることが、大人の気遣い。
  2. 相手の荷物になるプレゼントは、もはやダンベルと同じ。<br>プレゼントが上手な人は、相手の荷物にならないか考える。
    相手の荷物になるプレゼントは、もはやダンベルと同じ。
    プレゼントが上手な人は、相手の荷物にならないか考える。
  3. フォローが下手な人は、話が否定で終了する。<br>フォローが上手な人は、否定の後に代替案を提示する。
    フォローが下手な人は、話が否定で終了する。
    フォローが上手な人は、否定の後に代替案を提示する。
  4. 人が何かを楽しんでいるとき、わざわざ否定することを言わない。
    人が何かを楽しんでいるとき、わざわざ否定することを言わない。
  5. 傘の巻き方に、その人の品性が現れる。
    傘の巻き方に、その人の品性が現れる。
  6. 町なかで有名人を見かけても、安易に声をかけない。<br>プライベートを尊重して、声をかけないのが粋なマナー。
    町なかで有名人を見かけても、安易に声をかけない。
    プライベートを尊重して、声をかけないのが粋なマナー。
  7. ため息をつく人を悪く言ってはいけない。<br>優しくいたわる人になろう。
    ため息をつく人を悪く言ってはいけない。
    優しくいたわる人になろう。
  8. 痛いところを突かれて逆ギレすることほど、かっこ悪い姿はない。
    痛いところを突かれて逆ギレすることほど、かっこ悪い姿はない。
  9. 大人の場所には、子どもを連れていないのがマナー。
    大人の場所には、子どもを連れていないのがマナー。
  10. だるいからといって、ごみをごみ箱に投げてはいけない。
    だるいからといって、ごみをごみ箱に投げてはいけない。
  11. 「3分だけよろしいでしょうか」と話しかけて、長話になるのはマナー違反。
    「3分だけよろしいでしょうか」と話しかけて、長話になるのはマナー違反。
  12. 違和感に気づけることがセンス。<br>素晴らしい感性がある証拠。
    違和感に気づけることがセンス。
    素晴らしい感性がある証拠。
  13. 窓の外をぼんやり眺めている人にも「話しかけて大丈夫かな」という気遣いは必要。
    窓の外をぼんやり眺めている人にも「話しかけて大丈夫かな」という気遣いは必要。
  14. 頑張っている人に「頑張れ」と声をかけてはいけない。
    頑張っている人に「頑張れ」と声をかけてはいけない。
  15. 直接相手に協力できなくても、話を聞くくらいならできるはずだ。
    直接相手に協力できなくても、話を聞くくらいならできるはずだ。
  16. ハイヒールを履いてみると、女性の気持ちが理解できる。<br>もっと女性に優しくなれる。
    ハイヒールを履いてみると、女性の気持ちが理解できる。
    もっと女性に優しくなれる。
  17. ネガティブな話題で雰囲気が暗くなったときは「話題を変えましょう」の一言が役立つ。
    ネガティブな話題で雰囲気が暗くなったときは「話題を変えましょう」の一言が役立つ。
  18. 当事者意識のない人は、理解のない言葉を発する。<br>当事者意識のある人は、理解のある言葉を発する。
    当事者意識のない人は、理解のない言葉を発する。
    当事者意識のある人は、理解のある言葉を発する。
  19. 配慮の一言があれば、相手の話を遮っても失礼にならない。<br>「話の腰を折るようですみません」と言えばいいだけ。
    配慮の一言があれば、相手の話を遮っても失礼にならない。
    「話の腰を折るようですみません」と言えばいいだけ。
  20. 同じところで何枚も写真を撮らない。<br>限度を超えると、品位を損なう。
    同じところで何枚も写真を撮らない。
    限度を超えると、品位を損なう。
  21. 写真を撮ってもらったら「お撮りしましょうか」と声をかけるのがマナー。
    写真を撮ってもらったら「お撮りしましょうか」と声をかけるのがマナー。
  22. 「お撮りしましょうか」という気遣いを断るとき、大切にしたいマナー。
    「お撮りしましょうか」という気遣いを断るとき、大切にしたいマナー。
  23. 結論から話す癖をつけるだけで、伝え方のスキルが劇的に向上する。
    結論から話す癖をつけるだけで、伝え方のスキルが劇的に向上する。
  24. 「言わなくてもわかる」と考える人ほど、ぼける。<br>言わなくてもわかることであってもきちんと口に出して伝える人は、ぼけない。
    「言わなくてもわかる」と考える人ほど、ぼける。
    言わなくてもわかることであってもきちんと口に出して伝える人は、ぼけない。
  25. 久々に友人と会ったとき「太った?」と言ってはいけない。
    久々に友人と会ったとき「太った?」と言ってはいけない。
  26. うっかり相手の話の腰を折ってしまったら、すぐ元の話題に戻す。
    うっかり相手の話の腰を折ってしまったら、すぐ元の話題に戻す。
  27. 話が長くなりそうなときは、配慮の一言を添える。<br>「話が長くなってもいいですか」
    話が長くなりそうなときは、配慮の一言を添える。
    「話が長くなってもいいですか」
  28. サインに自分の名前を添えてもらいたいときのマナーとは。
    サインに自分の名前を添えてもらいたいときのマナーとは。
  29. 「それ何の役に立つの?」という質問はデリケート。
    「それ何の役に立つの?」という質問はデリケート。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION