苦手な上司との
30の付き合い方

1
8

宝くじのように、
厄介な上司に大当たりしてみよう。

宝くじのように、厄介な上司に大当たりしてみよう。 | 苦手な上司との30の付き合い方

今あなたが社会人であるならば、少なからず人間関係に悩んだことがあることでしょう。

社会の中では、人間関係は避けては通ることのできないことだからです。

特に大変なのが、上司です。

上司ほど厄介な存在はいません。

上司というだけで、偉そうに命令するのはもちろんのこと、仕事ができたらできたで今度はその仕事の粗探しをします。

嫌われるようなことをするのが趣味ではないのかと思うくらいに、かちんとなるようなことばかりしてきます。

それが上司の仕事なのです。

嫌われるのが、上司の仕事といってもいいくらいです。

中には「ありがとう」を決して口にしない横柄な上司も存在します。

また偉そうにするのが上司の仕事だと思っている人さえいます。

たいていの場合、上司は厄介な存在となり、苦手意識を持ってしまうようになります。

私も以前に自分とはまったくそりの合わない上司と一緒に仕事をしたこと(してしまったこと)があります。

自分とは似ても似つかない正反対の性格を持った上司だけあって、すぐ苦手意識を持ってしまいました。

やることなすことはもちろんのこと、考え方もまったく異なっていたため、一緒に仕事をしていて散々な目にあったことがあります。

仲良くなりたいという私の気持ちとは裏腹に、仲の悪くなるような態度を取る上司でした。

嫌われるようなことや、不快な気持ちにさせる発言をしてくるため「どう付き合えばいいのか」と悩んだことがあります。

このように、眠れない夜を与えてくれる厄介な上司に一度は当たってみるといいでしょう。

人間関係について、これほど考えさせられることはありません。

私もそんな厄介な上司に一度大当たりしたことが幸いして、人間関係について考えるよい機会ができました。

今はこのように冷静になって上司とうまく付き合っていくためのコツを考え、紹介していくことができています。

何事もストレスと感じることは、乗り越えるための大きな力になります。

実は、厄介な上司とうまくやっていくためにはそれなりのコツがあります。

ここで紹介するコツたちは、学生の人たちには特に新鮮な響きに聞こえることでしょう。

たいていの人は、学生までの人間関係がすべてだと思っています。

しかし、実際、本当の人間関係は、社会に出てから初めて経験することなのです。

学生時代までは、好きな人とだけ付き合い、嫌いな人は無視する人間関係です。

特に大きなストレスもなく、温室の中にいるような人間関係でした。

しかし、社会での人間関係は、好きな人だけでなく嫌いな人とまでうまく付き合っていかなければならなくなります。

学生時代とは違い、嫌いな人といつも一緒にいるという生活もあります。

嫌いな人とうまくやっていくためにどうすればいいのかを真剣に考えることもしばしばです。

社会ではこれが日常茶飯事です。

社会人として、世の中に出たばかりの新人が仕事に慣れてくれば、いずれ、この壁にぶつかるときが必ずやってきます。

社会に出たことのない学生たちにも、ここで挙げるコツはさらなる人間関係を向上させるための大きな知恵となるでしょう。

苦手な上司との付き合い方(1)
  • 苦手な上司と、うまく付き合えるようになる。
仕事の楽しさは、人間関係で決まる。

苦手な上司との30の付き合い方
苦手な上司との30の付き合い方

  1. 宝くじのように、厄介な上司に大当たりしてみよう。
    宝くじのように、厄介な上司に大当たりしてみよう。
  2. 仕事の楽しさは、人間関係で決まる。
    仕事の楽しさは、人間関係で決まる。
  3. 「何をするか」より「誰とするか」のほうが大切。
    「何をするか」より「誰とするか」のほうが大切。
  4. 尊敬できることを見つけることが、うまくやっていくためのポイント。
    尊敬できることを見つけることが、うまくやっていくためのポイント。
  5. 「勉強になりました」は、相手のためにも自分のためにもなる。
    「勉強になりました」は、相手のためにも自分のためにもなる。
  6. 間違ってもいいから、自分なりに考えて答えを出す。
    間違ってもいいから、自分なりに考えて答えを出す。
  7. 挨拶は、まず自分から。
    挨拶は、まず自分から。
  8. 上司からの叱責を、必要以上に重く受け止めない。
    上司からの叱責を、必要以上に重く受け止めない。
  9. お土産が、上司との心の距離を縮めていく。
    お土産が、上司との心の距離を縮めていく。
  10. 上司は、あなたがどれだけ一生懸命にやっているかを見ている。
    上司は、あなたがどれだけ一生懸命にやっているかを見ている。
  11. 上司は嫌われるのが仕事。<br>それを理解しておこう。
    上司は嫌われるのが仕事。
    それを理解しておこう。
  12. 上司は犬と同じ。<br>逃げれば逃げるほど、噛みついてくる。
    上司は犬と同じ。
    逃げれば逃げるほど、噛みついてくる。
  13. 嫌な人からは、反面教師として学びを得よう。
    嫌な人からは、反面教師として学びを得よう。
  14. 仲良くなるためのアプローチは、まず自分から。
    仲良くなるためのアプローチは、まず自分から。
  15. 忘れられないお説教が、あなたの人生を変える。
    忘れられないお説教が、あなたの人生を変える。
  16. 手柄を上司にプレゼントをすると、上司と自分の両方の株が上がる。
    手柄を上司にプレゼントをすると、上司と自分の両方の株が上がる。
  17. 部下は上司を引き立てるために存在する。
    部下は上司を引き立てるために存在する。
  18. 口で言うより、まず行動で示す。
    口で言うより、まず行動で示す。
  19. つまらない仕事をしないと、本当のチャンスは与えられない。
    つまらない仕事をしないと、本当のチャンスは与えられない。
  20. 上司を楽しませることも、あなたの仕事の1つ。
    上司を楽しませることも、あなたの仕事の1つ。
  21. 回り道を進んでできる人が、強くなる。
    回り道を進んでできる人が、強くなる。
  22. 礼儀やマナーも、仕事の1つだ。
    礼儀やマナーも、仕事の1つだ。
  23. 甘えることも、仕事のうち。
    甘えることも、仕事のうち。
  24. 上司を変えるより、自分が変わろう。
    上司を変えるより、自分が変わろう。
  25. ホウレンソウは、人間関係の潤滑油として活用する。
    ホウレンソウは、人間関係の潤滑油として活用する。
  26. 上司の自慢話や武勇伝は、驚くリアクションで対応すればいい。
    上司の自慢話や武勇伝は、驚くリアクションで対応すればいい。
  27. 小さなトラブルでも、隠さず報告しよう。
    小さなトラブルでも、隠さず報告しよう。
  28. 日頃から行っている練習のときこそ、本気になる。
    日頃から行っている練習のときこそ、本気になる。
  29. 性格を、しっかり把握する。
    性格を、しっかり把握する。
  30. すべての出会いを生かそう。
    すべての出会いを生かそう。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION