仕事効率化

苦手な上司との
30の付き合い方

読んだ お気に入り5
24

上司を変えるより、
自分が変わろう。

上司を変えるより、自分が変わろう。 | 苦手な上司との30の付き合い方

仕事をするとき、上司との関係は大切です。

自分に合わない人が上司になることもあります。

上司とそりが合わず、意見のすれ違いやコミュニケーション不足による単純なミスなどが、仕事に影響を及ぼすこともあります。

恥ずかしい話ですが、以前、私は上司とそりが合わず、コミュニケーションが大変不足していたときがありました。

できるだけ口をききたくないし、目も合わせたくないと思っていたくらいです。

そのためにお互いが効率よく仕事をしているつもりでも、2人がまったく同じ仕事をして重複するという失敗をしてしまいました。

別々の仕事を手分けしてすれば効率がいいことを、コミュニケーション不足が段取りの悪さを招いてしまったのです。

今思えば、情けない失敗話です。

このように上司との関係が悪くなると言うのは、回り巡って損をするのは自分だということに気づきます。

人間関係が悪くなると、何でもかんでも相手のせいにしてしまいがちです。

自分が仕事でうまくいかないのは、他人のせいだからと思ってしまいがちです。

「あの性格さえ何とかなれば、だいぶ仕事が楽になるのにな」と思っても、上司の性格が急に変わることはありません。

頑固なことも、上司の仕事のうちだからです。

頑固なことが、上司の代名詞と言ってもいいでしょう。

まずあなたの方から変わっていかないといけません。

上司を変えるより、まず自分が変わることで関係を向上させていくようにするのです。

相手が動くまで、自分はテコでも動かないというのでは、苦しむのは自分なのです。

まとめ

苦手な上司との付き合い方 その24
  • 相手を変えるより、自分が変わる。
ホウレンソウは、人間関係の潤滑油として活用する。

もくじ
苦手な上司との30の付き合い方
上司を変えるより、自分が変わろう。 | 苦手な上司との30の付き合い方

  1. 宝くじのように、厄介な上司に大当たりしてみよう。
  2. 仕事の楽しさは、人間関係で決まる。
  3. 「何をするか」より「誰とするか」のほうが大切。
  4. 尊敬できることを見つけることが、うまくやっていくためのポイント。
  5. 「勉強になりました」は、相手のためにも自分のためにもなる。
  6. 間違ってもいいから、自分なりに考えて答えを出す。
  7. 挨拶は、まず自分から。
  8. 上司からの叱責を、必要以上に重く受け止めない。
  9. お土産が、上司との心の距離を縮めていく。
  10. 上司は、あなたがどれだけ一生懸命にやっているかを見ている。
  11. 上司は嫌われるのが仕事。
    それを理解しておこう。
  12. 上司は犬と同じ。
    逃げれば逃げるほど、噛みついてくる。
  13. 嫌な人からは、反面教師として学びを得よう。
  14. 仲良くなるためのアプローチは、まず自分から。
  15. 忘れられないお説教が、あなたの人生を変える。
  16. 手柄を上司にプレゼントをすると、上司と自分の両方の株が上がる。
  17. 部下は上司を引き立てるために存在する。
  18. 口で言うより、まず行動で示す。
  19. つまらない仕事をしないと、本当のチャンスは与えられない。
  20. 上司を楽しませることも、あなたの仕事の1つ。
  21. 回り道を進んでできる人が、強くなる。
  22. 礼儀やマナーも、仕事の1つだ。
  23. 甘えることも、仕事のうち。
  24. 上司を変えるより、自分が変わろう。
  25. ホウレンソウは、人間関係の潤滑油として活用する。
  26. 上司の自慢話や武勇伝は、驚くリアクションで対応すればいい。
  27. 小さなトラブルでも、隠さず報告しよう。
  28. 日頃から行っている練習のときこそ、本気になる。
  29. 性格を、しっかり把握する。
  30. すべての出会いを生かそう。

同じカテゴリーの作品