遠距離恋愛
不機嫌のときは、ルールを守るべきか、無難に控えるべきか。
遠距離恋愛
電話でのため息は、意外と目立つ。
遠距離恋愛
いくら寂しくても、深夜に電話をするのは非常識。
遠距離恋愛
テレビ電話できれいに映るための6つの準備。
遠距離恋愛
テレビ電話で見落としがちなリスクとは。
遠距離恋愛
電話を切った後も、しばらく会話は続いている。
遠距離恋愛

遠距離恋愛の電話で心がける
30のポイント

読んだ お気に入り2
4

大切な人との電話で注意したいのは、
空腹と満腹。

大切な人との電話で注意したいのは、空腹と満腹。 | 遠距離恋愛の電話で心がける30のポイント

恋人に電話をするとき、空腹には要注意です。

おなかがすくと、元気が出にくくなりますが、悪影響はそれだけではありません。

いらいらしやすくなったり、頭の回転が鈍くなったりします。

空腹のときに恋人と電話しても、気持ちよい会話がしづらくなるでしょう。

場合によっては、いらいらをぶつけてしまい、険悪な雰囲気になることもあります。

 

では、満腹ならいいかというと、これもやはり要注意です。

昼食の後、急な眠気に襲われ、苦労させられた経験があるのではないでしょうか。

おなかいっぱいに食べると、胃の消化活動で血液が使われるため、体がだるくなったり頭がぼうっとしたりします。

満腹になった直後は、力を発揮するどころか、かえって力を発揮しにくくなる状態がしばらく続くのです。

電話をするとき、空腹もいけないが、満腹もいけない。

ささいなことと思うかもしれませんが、会話の雰囲気や成り行きに影響します。

特に重要な話やデリケートな話をするときは、空腹も満腹も避けたほうがいいでしょう。

おなかがすいているときは、チョコレートを一口食べるだけでも、気分や頭の働きがよくなります。

まとめ

遠距離恋愛の電話で心がけるポイント その4
  • 重要な話やデリケートな話をするときは、空腹も満腹も避けておく。
電話は、いつの間にか汚れているもの。

もくじ
遠距離恋愛の電話で心がける30のポイント
大切な人との電話で注意したいのは、空腹と満腹。 | 遠距離恋愛の電話で心がける30のポイント

  1. 何でもメールがいいわけではない。
    伝えたい内容に応じて、通信手段の使い分けが重要。
  2. 会話でいつも泣くのは、相手を疲れさせる。
  3. 会話中、泣きそうになったときの3つの対処。
  4. 大切な人との電話で注意したいのは、空腹と満腹。
  5. 電話は、いつの間にか汚れているもの。
  6. 遠距離恋愛では、2種類の電話を使い分けたい。
  7. ささいな喧嘩は、ささいなことを覚えていないことから始まる。
  8. 恋人と電話をするときでも、大切な内容は、きちんとメモしておく。
  9. まとまった時間がなければ、連絡ができないと思い込んでいないか。
  10. 恋人との会話をスムーズにさせるのは、電話をする前の一口の水。
  11. 手元に水を準備しておけば、恋人との長電話も安心。
  12. 恋人が不機嫌そうなときは、励ますか、電話を切るか。
  13. 不機嫌のときでも、恋人に電話をすべきか、控えるべきか。
  14. 不機嫌のときは、ルールを守るべきか、無難に控えるべきか。
  15. 恋人の機嫌がいいときに電話をする方法。
  16. いくら寂しくても、深夜に電話をするのは非常識。
  17. たまにはお酒の力を借りてみませんか。
  18. テレビ電話できれいに映るための6つの準備。
  19. テレビ電話で見落としがちなリスクとは。
  20. 電話でのため息は、意外と目立つ。
  21. 留守番電話の設定をしておく。
  22. 留守番電話の設定は、自分だけでなく、恋人にもお願いしておく。
  23. 留守番電話に切り替わったとき、どんなメッセージを入れておくか。
  24. 確実に相手の迷惑を避けて、電話をする方法。
  25. 満足してから電話を切るより、早めに電話を切り上げる。
  26. 「連絡をくれて当たり前」と思い始めたら、遠距離恋愛のマンネリの第一歩。
  27. 前向きな話で締めくくると、また話がしたくなる。
  28. 電話の切り方が悪いと、恋人の縁も切れる。
  29. 電話を切った後も、しばらく会話は続いている。
  30. なぜ好きな人と電話をしているときに限って、トイレに行きたくなるのか。

同じカテゴリーの作品