執筆者:水口貴博

遠距離恋愛の電話で心がける30のポイント

22

留守番電話の設定は、自分だけでなく、恋人にもお願いしておく。

留守番電話の設定は、自分だけでなく、恋人にもお願いしておく。 | 遠距離恋愛の電話で心がける30のポイント

留守番電話の設定をしっかりしておきましょう。

仕事中・トイレ中・入浴中など、タイミングによっては、電話に出られないことがあります。

留守番電話の設定をしておけば、都合の悪いタイミングに電話があっても、安心です。

さて、遠距離恋愛の成功を本気で考えるなら、留守番電話の設定が自分だけでは不十分です。

ぜひ、恋人にもお願いしておくといいでしょう。

電話は、かかってくるだけでなく、かけることもあります。

緊急で連絡するとき、留守番電話が設定されていれば、スムーズにメッセージを残せます。

お互いに留守番電話の設定ができていれば、いざというとき便利です。

お願いするときは、命令ではなく、優しく促すような言い方のほうが、受け入れてもらいやすくなります。

「遠距離恋愛を成功させたいから、できれば協力してもらえないかな」

「仕事のできるところを見せてほしい」

「お互いのために、できれば設定してもらえると嬉しい」

「留守番電話の設定は、普段の私生活でも便利だよ」

受け入れてもらいやすい言い方を心がければ、恋人も素直に応じてくれるでしょう。

遠距離恋愛は、小さなことの積み重ねです。

ささいなことではありますが、こうしたところで遠距離恋愛の差がつきます。

遠距離恋愛の電話で心がけるポイント(22)
  • 留守番電話の設定は、自分だけでなく、恋人にもお願いしておく。
留守番電話に切り替わったとき、どんなメッセージを入れておくか。

遠距離恋愛の電話で心がける30のポイント

  1. 何でもメールがいいわけではない。
    伝えたい内容に応じて、通信手段の使い分けが重要。
  2. 会話でいつも泣くのは、相手を疲れさせる。
  3. 会話中、泣きそうになったときの3つの対処。
  4. 大切な人との電話で注意したいのは、空腹と満腹。
  5. 電話は、いつの間にか汚れているもの。
  6. 遠距離恋愛では、2種類の電話を使い分けたい。
  7. ささいな喧嘩は、ささいなことを覚えていないことから始まる。
  8. 恋人と電話をするときでも、大切な内容は、きちんとメモしておく。
  9. まとまった時間がなければ、連絡ができないと思い込んでいないか。
  10. 恋人との会話をスムーズにさせるのは、電話をする前の一口の水。
  11. 手元に水を準備しておけば、恋人との長電話も安心。
  12. 恋人が不機嫌そうなときは、励ますか、電話を切るか。
  13. 不機嫌のときでも、恋人に電話をすべきか、控えるべきか。
  14. 不機嫌のときは、ルールを守るべきか、無難に控えるべきか。
  15. 恋人の機嫌がいいときに電話をする方法。
  16. いくら寂しくても、深夜に電話をするのは非常識。
  17. たまにはお酒の力を借りてみませんか。
  18. テレビ電話できれいに映るための6つの準備。
  19. テレビ電話で見落としがちなリスクとは。
  20. 電話でのため息は、意外と目立つ。
  21. 留守番電話の設定をしておく。
  22. 留守番電話の設定は、自分だけでなく、恋人にもお願いしておく。
  23. 留守番電話に切り替わったとき、どんなメッセージを入れておくか。
  24. 確実に相手の迷惑を避けて、電話をする方法。
  25. 満足してから電話を切るより、早めに電話を切り上げる。
  26. 「連絡をくれて当たり前」と思い始めたら、遠距離恋愛のマンネリの第一歩。
  27. 前向きな話で締めくくると、また話がしたくなる。
  28. 電話の切り方が悪いと、恋人の縁も切れる。
  29. 電話を切った後も、しばらく会話は続いている。
  30. なぜ好きな人と電話をしているときに限って、トイレに行きたくなるのか。

同じカテゴリーの作品

1:56

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION