まとめ
(遠距離恋愛の電話で心がける30のポイント)
遠距離恋愛の電話で心がける30のポイント

  • デリケートな話し合いは「メールより電話」「電話より会って話す」という順で考える。
  • 会話中は、できるだけ泣かないように注意する。
  • 泣きそうになれば「視点を変える」「話題を変える」「泣く前に会話を終える」で対処する。
  • 重要な話やデリケートな話をするときは、空腹も満腹も避けておく。
  • 定期的に電話を掃除する。
  • 「普通に電話する日」と「長めに電話する日」を使い分ける。
  • 電話やメールで交わした会話は、ささいなことでも覚えておくようにする。
  • 恋人と電話でも、大切な内容は、きちんとメモしておく。
  • わずかな時間しかなければ、わずかな時間でできることをする。
  • 恋人に電話をする前、一口の水を飲む。
  • 恋人と長電話をするときは、手元に水を準備しておく。
  • 恋人が不機嫌で、話をしたくない様子なら、早めに会話を切り上げる。
  • 不機嫌がひどいときは、電話は控え、メールにする。
  • 電話をするルールがあっても、不機嫌がひどいときは、無難に控える。
  • 恋人の機嫌がいいときに電話したければ「機嫌のいいときに電話してほしい」と、あらかじめお願いしておく。
  • 真夜中に電話したくなっても、我慢する。
  • たまには2人でお酒を飲みながら会話をしてみる。
  • テレビ電話を利用するときは、きれいに写る準備をしておく。
  • テレビ電話を利用するときは、録画されては困るような行為を避ける。
  • 電話でも、ため息には注意する。
  • 留守番電話の設定をしておく。
  • 留守番電話の設定は、自分だけでなく、恋人にもお願いしておく。
  • 留守番電話に愛のメッセージを入れておく。
  • 確実に相手の迷惑を避けたければ、電話の前にメールで確認する。
  • たまにはわざと早めに電話を切り上げる。
  • 短いメッセージでも「連絡をくれて当たり前」と思わず、きちんと感謝する。
  • どんな会話であっても、前向きな話で締めくくる。
  • 「バイバイ」と言った後、数秒の沈黙を作ってから電話を切る。
  • 電話を切った後も、しばらく会話は続いていると考える。
  • 好きな人と電話をしているときに限ってトイレに行きたくなれば、喜ぶ。

同じカテゴリーの作品

3:58
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION