執筆者:水口貴博

履歴書の書き方で心がける
30のポイント

23
2

取得している資格は、
すべて書けばいいわけではない。

取得している資格は、すべて書けばいいわけではない。 | 履歴書の書き方で心がける30のポイント

履歴書の資格の欄には、取得している資格を書きます。

「取得している資格をすべて書こう。たくさん資格があればアピールになるだろう」

そう思いますが、ちょっと待ってください。

取得している資格をすべて書けばいいのかというと、違います。

もちろんTOEICや漢字検定など、どんな職種でも通用する資格ならいいのです。

一般に知れ渡り、幅広く活用されることが期待できる資格なら、職種にかかわらず、堂々と書けばいいでしょう。

しかし、仕事に無関係の資格は、記載に注意が必要です。

たとえば、IT関係の企業向けの履歴書で、鉄道・アニメ・音楽関係の検定などを書くのは、ふさわしくありません。

取得している資格が事実でも、仕事に無関係の資格は「企業の売り上げに貢献しない」と判断されます。

場合によっては「別の業界に就職したほうがいいのでは」と、誤解を招く可能性もあるでしょう。

また、資格をたくさん書きすぎると、本当に強調したい資格が目立ちにくくなります。

仕事に無関係の資格は、あえて書かない勇気が必要です。

資格を書くなら、仕事につながるような資格を、厳選しましょう。

IT業界なら「LPIC」「Oracle Master」など、ITに関係した資格です。

アパレル業界なら「カラーコーディネーター」「色彩検定」など、ファッションに関係した資格です。

仕事につながる資格を厳選することで、採用担当者は「企業の利益に貢献してくれそうだ」という期待を抱くのです。

履歴書の書き方で心がけるポイント(23)
  • 取得している資格は、すべてではなく、仕事につながる資格を厳選して書く。
TOEICの点数が低い場合、履歴書に記載しないほうがいいのか。

履歴書の書き方で心がける30のポイント
履歴書の書き方で心がける30のポイント

  1. 履歴書は、ラブレター。
    履歴書は、ラブレター。
  2. 履歴書に、決まった様式はない。
    履歴書に、決まった様式はない。
  3. 履歴書や職務経歴書のサイズに、決まりはあるのか。
    履歴書や職務経歴書のサイズに、決まりはあるのか。
  4. 履歴書に、無表情の写真を使わない。
    履歴書に、無表情の写真を使わない。
  5. 履歴書の写真は、自分で撮らない。
    履歴書の写真は、自分で撮らない。
  6. 就職したい企業が決まる前に、履歴書を書いていい。
    就職したい企業が決まる前に、履歴書を書いていい。
  7. 履歴書は、手書きが基本。<br>ただし、例外もある。
    履歴書は、手書きが基本。
    ただし、例外もある。
  8. 履歴書を書くとき、鉛筆は論外。
    履歴書を書くとき、鉛筆は論外。
  9. 「字に自信がないからパソコンで作成」と、安易に考えない。
    「字に自信がないからパソコンで作成」と、安易に考えない。
  10. ボールペンか万年筆。<br>どちらで書くほうが好印象になるか。
    ボールペンか万年筆。
    どちらで書くほうが好印象になるか。
  11. 履歴書にふさわしい字の大きさとは。
    履歴書にふさわしい字の大きさとは。
  12. 履歴書は、枠の中に収めるように書くのが無難。
    履歴書は、枠の中に収めるように書くのが無難。
  13. 履歴書に書く名称は、略称ではなく、正式名称。
    履歴書に書く名称は、略称ではなく、正式名称。
  14. 履歴書に書く数字は、漢数字ではなく、アラビア数字。
    履歴書に書く数字は、漢数字ではなく、アラビア数字。
  15. 履歴書は、和暦と西暦のどちらで記載すべきか。
    履歴書は、和暦と西暦のどちらで記載すべきか。
  16. 履歴書に記載する学歴は、いつから書けばいいのか。
    履歴書に記載する学歴は、いつから書けばいいのか。
  17. 履歴書に嘘を書くと、経歴詐称になる。
    履歴書に嘘を書くと、経歴詐称になる。
  18. 高等学校卒業程度認定試験に合格すれば、最終学歴も高卒になるのか。
    高等学校卒業程度認定試験に合格すれば、最終学歴も高卒になるのか。
  19. 家業を手伝っていた場合の履歴書の書き方。
    家業を手伝っていた場合の履歴書の書き方。
  20. 辞めたサークル活動は、書けるのか。
    辞めたサークル活動は、書けるのか。
  21. たった1文字の誤字脱字が、不採用につながることもある。
    たった1文字の誤字脱字が、不採用につながることもある。
  22. 資格を取得していなくても、取得の見込みがあれば記載できる。
    資格を取得していなくても、取得の見込みがあれば記載できる。
  23. 取得している資格は、すべて書けばいいわけではない。
    取得している資格は、すべて書けばいいわけではない。
  24. TOEICの点数が低い場合、履歴書に記載しないほうがいいのか。
    TOEICの点数が低い場合、履歴書に記載しないほうがいいのか。
  25. 趣味・特技などの欄は、自由に書きすぎない。
    趣味・特技などの欄は、自由に書きすぎない。
  26. 無趣味でも「特になし」と書かない。
    無趣味でも「特になし」と書かない。
  27. 書きにくい項目は、どう書けばいいのか。
    書きにくい項目は、どう書けばいいのか。
  28. パソコンで履歴書を印刷するなら、紙の質に注意。
    パソコンで履歴書を印刷するなら、紙の質に注意。
  29. 履歴書の日付は、作成日なのか、提出日なのか。
    履歴書の日付は、作成日なのか、提出日なのか。
  30. 履歴書の確認は、黙読だけでは不十分。
    履歴書の確認は、黙読だけでは不十分。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION