人生の教科書



読み上げ動画・音声
独立・起業
まだまだあなたは、遊び足りない。
独立・起業
好きなことにつながるなら、遊びも、勉強になる。
自分磨き
仕事モードと遊びモードを切り替えて、バランスを整えてもいい。
生き方
「一生懸命な人」は、何をやってもうまくいく。

きなことを仕事にしよう

お気に入り14 読んだ
5

これからは
いかにんだかが、
収入になる時代

れまでの時代は「いかに仕事をしたか」が、収入の差になっていました。

朝から夜まで、汗を流して働いた人ほど、よく稼いでいました。

少し知恵を働かせれば、もう少し稼げるようになります。

 

たしかにお金をもらうには、それだけたくさんの仕事をこなす必要があります。

仕事をするから、お金がもらえます。

 

しかし、その考え方は、もう古くなりました。

「仕事をする」という言い方が、少し暗いです。

堅苦しいです。

奴隷のようなイメージがあります。

これからは、いかに遊んだかが、収入の差になる時代です。

好きなことをしていると、仕事への意識が変わります。

仕事をしている感覚が薄れます。

仕事をする感覚ではなく、遊んでいる感覚になります。

仕事の質を深めようとするとき、遊び方を深める意識になります。

「もっと楽しく遊ぶには、どうすればいいのか」という感覚です。

「遊びを学ぶ」ということです。

 

たとえば、営業の仕事なら、心理学の本を読んで、人の心について学びます。

お客さんの心をつかむ方法を学んで売り上げが上がれば、遊びのように楽しくなるでしょう。

販売の仕事なら、繁盛している店にお客さんとして行って、陳列方法をよく観察します。

学んだ点を自分の店にも生かして、お客さんが注目してくれれば、遊びのように楽しく感じるでしょう。

遊び方が分かると、遊びがもっと楽しくなります。

遊びによって得たお金を、また遊びに投資して、遊び方を磨くのです。

もはや、道楽です。

実際は仕事をしていますが、好きなことをしているため、仕事より遊びという感覚になります。

「遊びを深める」とは、自分の未来への投資です。

遊びを深めるほど、小さな努力で大きな効果を生むことができるようになります。

遊び方が磨かれるほど、仕事の質が上がり、収入にもつながります。

遊んだ人が、勝つ時代なのです。

好きなことを仕事にしよう その5

  • を、

同じカテゴリーの作品