メイク

メイクの美的センスが向上する
30の工夫

  • 本格的な化粧台からは
    「こっちにおいで」という声が聞こえる。
メイクの美的センスが向上する30の工夫

もくじ

本格的な化粧台からは「こっちにおいで」という声が聞こえる。

本格的な化粧台からは「こっちにおいで」という声が聞こえる。

私の実家には、大きな化粧台があります。
黒い漆塗りの本格的な化粧台です。
つやといい、大きさといい、装飾といい、雰囲気は抜群です。

メイクに力を入れた1日は、恋も仕事も、力が入る。

メイクに力を入れた1日は、恋も仕事も、力が入る。

「体がだるいなあ」
ノーメイクでは、外出しづらい。
「こんな顔、見られたくない」と思います。

あらためて考えたい、顔の各パーツをメイクする意味。

あらためて考えたい、顔の各パーツをメイクする意味。

毎日、メイクをしていると、ふと考えることがあります。
「こんなメイク、本当に必要なのだろうか」
往々にして、単調な繰り返しになってしまうと、考えなくなります。

夏用と冬用で、化粧品を使い分けていませんか。

夏用と冬用で、化粧品を使い分けていませんか。

女性の中には、丁寧に化粧品を季節ごとに使い分けている人がいます。
よく耳にするのが、夏用と冬用です。
紫外線の多い夏。

リキッドファンデーションを手に取れば、いきなり顔につけない。

リキッドファンデーションを手に取れば、いきなり顔につけない。

リキッドタイプのファンデーションを手に取れば、いきなり顔につけません。
顔につけることはできても、伸びが悪いのです。
伸びをよくする方法があります。

ある1カ所だけ、ファンデーションを乗せなくてもいい部分がある。

ある1カ所だけ、ファンデーションを乗せなくてもいい部分がある。

一般的にファンデーションは、顔全体に塗るものとされています。
基本ですね。
顔全体にきれいに塗ることで、顔全体の肌色が整います。

にきび肌の人が、化粧品選びで心がけることは、1つだけ。

にきび肌の人が、化粧品選びで心がけることは、1つだけ。

少なからず、メイクは肌にとって負担になります。
にきびが多いとき、できるだけメイクを控えたいものですね。
しかし、人と会ったり外出したりするとき、まったくメイクをしないわけにもいきません。

吹き出物があるとき、上手にメイクをする、3つのポイント。

吹き出物があるとき、上手にメイクをする、3つのポイント。

吹き出物がある人にとって、メイク方法は、悩みのタネです。
メイクは、少なからず、肌に負担がかかります。
普通にメイクをすれば、吹き出物を悪化させることでしょう。

濃さが変わりやすい目の下のくま。
上手なコンシーラーの使い方。

濃さが変わりやすい目の下のくま。上手なコンシーラーの使い方。

肌の欠点を隠すコンシーラー。
肌の欠点をピンポイントで隠したい場合になくてはならない必需品です。
しみやほくろは、そうそう濃さに変化は現れません。

肌トラブルの広さに応じて、2種類のコンシーラーを使い分ける。

肌トラブルの広さに応じて、2種類のコンシーラーを使い分ける。

肌の欠点を隠す化粧品といえば、コンシーラーです。
ファンデーションを厚塗りせず、専用の化粧品を使うほうが、上手に隠せます。
ここで、肌の欠点をよりうまく隠すコツがあります。

コンシーラーの完成度を高める、最後の一手間。

コンシーラーの完成度を高める、最後の一手間。

コンシーラー選びで大切なことは、品質より、色です。
いくら品質がよくてきれいに隠せても、肌と違った色では、かえって目立ってしまいます。
できるだけ肌と同じ色のコンシーラーを選ぶことで、よりきれいに隠すことができるのです。

唇の形を思いどおりに整える、リップペンシルやコンシーラーの上手な使い方。

唇の形を思いどおりに整える、リップペンシルやコンシーラーの上手な使い方。

唇の形を整えたい悩みがあります。
「分厚い唇を、薄く見せたい」
「薄い唇を、分厚く見せたい」

シェーディングは、顔の内側から外側に向けて塗らない。

シェーディングは、顔の内側から外側に向けて塗らない。

「シェーディングをすると、色が不自然になる」
そういう人に多くに見られる、典型的な失敗例があります。
シェーディングが悪いのではありません。

下まぶたをふっくらさせたいときのメイク方法。

下まぶたをふっくらさせたいときのメイク方法。

ふっくらした下まぶたは、女性的で若々しい印象がありますね。
若々しくて元気があります。
世間では「一重まぶたと赤いアイシャドーは相性が悪い」と言われます。

アイラインは、かなり奥が深い。

アイラインは、かなり奥が深い。

なぜ女優の目元は、あれほど魅力的なのでしょうか。
テレビに映る女優の目元がきれいで、自分も真似しますが、なぜかうまくいかない。
「もともとの顔立ちが違うせいだ」

アイラインが取れにくくなるちょっとした一工夫。

アイラインが取れにくくなるちょっとした一工夫。

多くのメイク関連書籍では、アイラインとアイシャドーを分けた説明がよく見られます。
アイラインは目のふちに描き、アイシャドーは目尻に描きます。
メイクする場所が異なります。

今使っているスポンジは、いつ購入したものですか。

今使っているスポンジは、いつ購入したものですか。

今、使っているスポンジやパフをチェックしてみましょう。
外見より、特に感触です。
堅くなったり、ざらついた感じがあったりしませんか。

読まない雑誌が、山積みになっていませんか。

読まない雑誌が、山積みになっていませんか。

女性の美容関連の雑誌は、本当に多いですよね。
コンビニに入って、客観的に見てみましょう。
よく見ると、女性向けの雑誌が本棚の大半を占めています。

知っておきたい、チークの色による印象の6つの違い。

知っておきたい、チークの色による印象の6つの違い。

チークの理想的な色は「血の色」と言われます。
チークは、顔がほてった様子を再現したものですから、血の色が理想になるのです。
指先を強く握ると、指先に血がたまり真っ赤になります。

光の加減を考慮した、ハイライトを入れる順番。

光の加減を考慮した、ハイライトを入れる順番。

顔に光をもたらすハイライト。
気になるところだけ、適当な順番で入れるのもいいでしょう。
しかし、光をもたらすだけあり、順番を誤ると、バランスの加減がしづらくなる場合があります。

細かい部分は、丁寧に塗る。

細かい部分は、丁寧に塗る。

化粧下地は、気になる部分を中心に塗っていきます。
ファンデーションは、厚みを意識しながら塗っていきます。
しかし、意識するのは、部分や厚みだけではありません。

眉がきれいになったのはいいけど、眉の輪郭の青みが気になる。

眉がきれいになったのはいいけど、眉の輪郭の青みが気になる。

眉の輪郭を、かみそりでじょりじょり。
眉の形がきれいになったのはいいけど、そった部分の青みが気になることがあります。
毛を剃る場合、付け根から抜くわけではありません。

自分が思うほど、顔は真正面から見られていない。

自分が思うほど、顔は真正面から見られていない。

メイクの仕上げを確かめるとき、真正面の角度だけになっていませんか。
正面から見て、美しく仕上がっていたとしても、別の角度から見ると、違った印象を受けるかもしれません。
顔は、真正面から見られるとは限りません。

1つ間違えれば大笑いされる、女性のやりすぎたメイク。

1つ間違えれば大笑いされる、女性のやりすぎたメイク。

ある日、電車に乗っていると、気になる女性のメイクを見かけました。
女性の唇の口角が、白く光っています。
「なんだろう。何かついているのかな」

リップクリームのべたつきが苦手な人におすすめ。
さらさらしたつけ心地のリップクリームとは。

リップクリームのべたつきが苦手な人におすすめ。さらさらしたつけ心地のリップクリームとは。

冬場の唇には、リップクリームが必須です。
しかし、物にもよりますが、リップクリームの多くは、独特のべたつき感があります。
「リップクリームはべたべたして苦手」

自分の化粧の崩れ方を、知っておく。

自分の化粧の崩れ方を、知っておく。

メイクは、してから30分経てば、崩れ始めると言われます。
人間には「恒常性」と言って、体温を一定に保つ働きがあります。
体温調整のため、汗をかいています。

メイクで大切なのは、崩れてからの対処より、崩れる前の対処。

メイクで大切なのは、崩れてからの対処より、崩れる前の対処。

メイクは崩れてから直そうとするのは、よくありません。
崩れてからでは、メイク直しに手間も時間もかかります。
やり直す回数が増えるたびに、メイクの乗りも悪くなり、顔にむらができてしまいます。

皮脂の取り方は、季節によって使い分けるのが正解。

皮脂の取り方は、季節によって使い分けるのが正解。

邪魔だと思う皮脂も、顔の潤いを保つために大切な役割があります。
肌の水分量を保つために皮脂は欠かせない存在です。
ただし、人間の皮脂の分泌量は、季節や温度によって大きく変わります。

人前であぶらとり紙を、恥ずかしいと感じますか。

人前であぶらとり紙を、恥ずかしいと感じますか。

ときどき電車内や職場で、あぶらとり紙を使っている人を見かけます。
顔のべたつきを取るために、あぶらとり紙で、きれいにしています。
きれいにしているのはわかります。

なかなかメイクの技術がうまくならない。
その意外な原因とは。

なかなかメイクの技術がうまくならない。その意外な原因とは。

「なかなかメイクがうまくならない」
原因はさまざまですが、意外なところにあるかもしれません。
もしかして、楽なメイクを心がけていませんか。

同じカテゴリーの作品