メイク

10歳若く見られる
30のメイク方法

  • メイクそのものが、
    人を若返らせる特効薬だ。
10歳若く見られる30のメイク方法

もくじ
  1. メイクそのものが、人を若返らせる特効薬だ。

    祖母は生前、メイクをしない人でした。
    実家は、愛媛の田舎ですから、周囲に何もありません。
    周りに、何もないところです。

  2. 10代のころのようなメイクを、30代や40代でも続けていいの?

    10代で覚え始めたメイクは、20歳にもなれば、ひととおり習得しているでしょう。
    目元を整える方法、上品なチークの入れ方、ふっくらしたリップの塗り方など、自分なりのやり方が出来上がっているはずです。
    ところで、若い時期のメイク方法を、30代や40代でも同じように続けていいのでしょうか。

  3. 三面鏡への投資は、美への投資と考える。

    普通の1枚のみの鏡でも顔は見えますが、正面しか確認ができません。
    鏡を横に傾けて見るのもいいですが、角度に限界があります。
    「上手にメイクをしたい!」

  4. そばかすを隠すメイク方法とは?

    茶褐色のそばかすは、顔にたくさんあると、顔が暗く見えてしまいがちです。
    しみとそばかすの対策は、似て非なるものです。
    しみならコンシーラーを使ってピンポイントで隠す方法で十分ですが、広範囲に広がるそばかすは、隠し方が難しい。

  5. ファンデーションの厚塗りをやめると、若返る。

    ファンデーションは、厚く塗るくらいなら、薄く塗りましょう。
    年齢を重ねるにつれて、肌の欠点を隠そうとする意識が強くなりがちです。
    特にファンデーションを厚く塗ってしまいやすい。

  6. 目の下の逆三角ゾーンは、肌の印象を決める。

    肌の美しさを決める部分はどこでしょうか。
    目の下の逆三角ゾーンです。
    真正面であり、最も面積が広いため、顔の中で最も目立つ部分です。

  7. たれ目を解決させる2つのメイク方法。

    たれ目は、優しい目元でチャームポイントになるので悪くないとは思います。
    芸能人を見ると、たれ目の女性が多い。
     

  8. 目の周りのくすみを、コンシーラーで隠したけど、ぱっとしないのはなぜ?

    年齢とともに新陳代謝が低下するため、顔は全体的にくすんできます。
    一般的に、くすみを隠すときには、コンシーラーです。
    肌色と同じ色のコンシーラーを使うことで、うまく隠せます。

  9. 年を重ねるにつれてできる目の上のくぼみ。
    うまくごまかすメイクをする方法は?

    どんな人にも、アイホールがあります。
    年を重ねるにつれて、目の上がくぼんできます。
    年を重ねるにつれて皮膚が痩せこけ、目の上のくぼみに影ができ、目立ちやすくなります。

  10. 細い眉と太い眉のメリットとデメリット。

    太い眉と細い眉。
    どちらがいいのかと言えば、細い眉に憧れる人が多いようです。
    細い眉にはすっきりした印象がありますね。

  11. 顔のうぶ毛をきれいに処理するだけで、顔に明るさとつやがよみがえる。

    顔色を明るくするのは、ファンデーションやフェイスパウダーだけではありません。
    メイクによって顔色を明るくさせることも可能ですが、別の方法で顔色を明るくさせることができます。
    鏡で顔を間近でみてみましょう。

  12. ほうれい線を目立たなくさせる3つのアイデア。

    年を重ねると、だんだんしわが気になってくるようになります。
    ほうれい線とは、鼻の横から口角にかけて広がる「八の字」のしわのことです。
    最も老けて見えてしまう原因の1つです。

  13. 女性の肌年齢の差は、冬場に決まる。

    紫外線は、美肌を意識する女性の大敵です。
    肌の弾力は、コラーゲンというタンパク質によるものです。
    ベッドに例えて言えば、コラーゲンとはマットのバネです。

  14. コンシーラーを使う人が、無意識に陥りやすいジレンマ。

    肌のトラブルを抱える女性に、よく見られるジレンマがあります。
    吹き出物や傷痕など、肌の悩みを抱える女性も多いでしょう。
    肌に何らかの欠点がある場合、コンシーラーを使うのが一般的です。

  15. 顔は美しいのに、見苦しい女性のパターン。

    「ちょっと、これはどうなんだろう」
    ときどきメイクをしている女性を見て、考えさせられることがあります。
    容姿が悪かったり、化粧が下手だったりするわけではありません。

  16. チークブラシだけは、お金をかけるだけの価値がある。

    メイクでは、ブラシを使う場面があります。
    ハイライト用のブラシ、コンシーラー用のブラシ、アイライン用のブラシ、眉に使うブラシなどあります。
    初めから別売りの高級専用ブラシを使う必要はありません。

  17. 口角を上げてみせるリップメイクより、もっと大切なことを忘れていませんか。

    口元が「へ」の字に垂れ下がっている女性に欠かせないメイクがあります。
    口角を上げてみせるリップメイクです。
    一般的な手法としては、唇の口角に明るい色をつけたり、リップペンシルで少し口角のラインを微調整したりなどです。

  18. パール入りのハイライトをつけると、若返りの効果は倍増する3カ所とは。

    つやが失われた肌は、老けた顔に見える原因の1つです。
    年を重ねると、肌の表面が粗くなるので、つやが失われてしまうのです。
    メイクによって意図的につやを与える方法があります。

  19. 頬のたるみより、目元と口元のたるみを、何とかする。

    ある実験をしてみましょう。
    あなたの両手の人差し指と親指を出しましょう。
    人差し指で目尻を押さえ、親指で口角を押さえます。

  20. 垂れ下がった口角を、上げて見せるメイク方法は?

    への字になった口角は、老けて見える原因の1つです。
    不機嫌そうな表情にも見え、美しい女性にふさわしくありません。
    口角を少しでも上げて見せることで、にっこりした口元ができ、明るい雰囲気になります。

  21. 大人らしく上品に見える、マスカラの上げ方。

    マスカラで、目を大きく見せるには、上下のまつげを放射状に広げるのがコツです。
    花びらのように放射状に広がった上下のまつげは、明るさ、元気、活力があります。
    こうした明るい目元は、若いうちはとても似合うのですが、大人になるにつれて少し不自然に見えてくることがあります。

  22. 大人でも、鮮やかなアイシャドーを諦める必要はない。

    若い時期なら、鮮やかな色のアイシャドーも、自然に顔になじみます。
    グリーン、ブルー、ピンク、オレンジなど、鮮やかな色のアイシャドーを自由に使い、どの色も似合うものです。
     

  23. 年を重ねるにつれて、ラメが似合わなくなってきた。
    目元に光沢感を出す別のメイク方法は?

    目元に、きらきらした光沢を出すときに浮かぶのは、ラメです。
    10代のころは、ラメを使ったメイクをした女性も多いことでしょう。
    ラメには強い輝きがあり、若々しい雰囲気があります。

  24. チークを顎先に入れると、より、美人になる。

    顎は、顔の先端に当たる部分です。
    顎先が丸いと、顔全体まで丸く見えてきます。
    顎先が細いと、顔全体までスリムに見えてきます。

  25. 年を重ねて失われた、唇の張りと潤いを取り戻す方法。

    年を重ねるにつれて衰えるのは、皮膚だけではありません。
    唇も同じです。
    ふっくらした唇は、年を重ねるにつれて、張りと潤いが失われます。

  26. 唇は血の色だ。
    唇の色によって、年齢の印象を左右する。

    血液だけで年齢が分かる、と言われます。
    血の色は、年齢によって、若干異なります。
    若い人ほど明るい赤色ですが、年齢が高くなるにつれ、明るさが失われます。

  27. 唇のハイライトを重ねると、唇に若々しさがよみがえる。

    肌の弾力の衰えは、肌だけでなく、唇にも表れます。
    年を重ねるにつれて、唇の弾力が失われて、平坦になるのです。
    赤ちゃんのような、ふっくらした唇に憧れますね。

  28. 実をいうと、リップグロスは、下唇だけで十分。

    多くのメイク書籍では、リップグロスは上下に塗るように書かれています。
    ふっくらした唇に見せるために、リップグロスはとても役立ちます。
    つやが出て、明るくなります。

  29. リップグロスを使わなくても実現できる、色気のある唇に見せる方法。

    ふっくらした唇に見せるために一番よく使われるのは、リップグロスです。
    言わずと知れた、王道です。
    リップグロスの光沢によって光が反射し、ふっくらした唇に見えてきます。

  30. 化粧品は、今も進化している。

    メイクは、知識や技術だけでなく、化粧品の品質に左右される面もあります。
    やはり品質の高い化粧品ほど、乗りがよくて長持ちします。
    一昔に比べ、化粧品は進化しました。

同じカテゴリーの作品