人生の教科書



メイク
光の加減を考慮した、ハイライトを入れる順番。
メイク
マスカラの長さを出そうとすると、ヒジキみたいになるし、持ちも悪い。
うまい方法は?
メイク
眉マスカラの発色と持ちがよくなる、上手な塗り方。
メイク
まつげが少なくて、マスカラがうまく決まらない。
スキンケア
皮脂を悪者扱いすればするほど、にきびの治りは遅くなる。
メイク
重度の脂性肌で、メイクがしづらい。
少しでも化粧直しを軽くできる工夫は?
メイク

メイクの美的センスが向上する
30の工夫

お気に入り1 読んだ
28

皮脂の取り方は、
季節によって使い分けるのが正解。

皮脂の取り方は、季節によって使い分けるのが正解。 | メイクの美的センスが向上する30の工夫

邪魔だと思う皮脂も、顔の潤いを保つために大切な役割があります。

肌の水分量を保つために皮脂は欠かせない存在です。

 

ただし、人間の皮脂の分泌量は、季節や温度によって大きく変わります。

顔の皮脂を取る方法は、季節によって変えるのがおすすめです。

夏の場合、あぶらとり紙を使って、顔の脂をしっかり取りましょう。

暑い季節は皮脂の分泌が活発です。

たっぷり分泌された皮脂は、あぶらとり紙を使うことで、きれいに拭き取れます。

 

一方、冬はあぶらとり紙を使いません。

寒い季節は皮脂の分泌量も少なくなりますし、ほとんど汗もかきません。

寒い季節にあぶらとり紙を使うと、皮脂を取りすぎてしまい、逆に乾燥を促しやすくなるのです。

 

では、冬はどうすればいいのかというと、ティッシュを使います。

ティッシュを広げて、軽く額や頬を押さえましょう。

適度に皮脂が取り除かれます。

乾燥が強い季節ほど、適度に皮脂を残しておくほうがいい場合もあります。

  • 「夏はあぶらとり紙を使い、冬はティッシュを使う」

季節によって、皮脂を取る方法を使い分けるようにしましょう。

この使い分けによって、適度な油分の状態を保つことができるのです。

まとめ

メイクの美的センスが向上する工夫 その28
  • 夏はあぶらとり紙を使い、
    冬はティッシュを使う。
人前であぶらとり紙を、恥ずかしいと感じますか。

もくじ
(メイクの美的センスが向上する30の工夫)

同じカテゴリーの作品