まとめ
(メイクの美的センスが向上する30の工夫)
メイクの美的センスが向上する30の工夫

  • 化粧台に、呼ばれる。
  • メイクをしっかり整えて、恋も仕事も、力を入れる。
  • 初心に返って、各パーツをメイクする意味を考え直す。
  • 季節によって化粧品を使い分けるより、1つの化粧品を季節ごとに使い方を工夫するようにする。
  • リキッドタイプのファンデーションは、手をこすり合わせて温めてから、塗り始める。
  • 目と鼻筋の間のくぼみだけは、ファンデーションを塗らないようにする。
  • にきびが多い肌には、パウダータイプの化粧品を使う。
  • 吹き出物がひどいうちは、薄化粧を心がける。
  • 目にできるくまの濃さに応じて、コンシーラーの種類を使い分ける。
  • 肌トラブルの種類によって、2種類のコンシーラーを使い分ける。
  • コンシーラーを使った後は、薬指の腹で、周りの肌となじませる。
  • 唇の厚みを調整するときは、唇の山やはみ出す程度を意識する。
  • シェーディングは、外側から内側に向けて、伸ばす。
  • 下まぶたに、パール入りのピンクのアイシャドーを入れて、女性の魅力をアップさせる。
  • リキッドタイプとペンシルタイプの両方を使うアイラインに挑戦してみる。
  • アイラインの上に、アイシャドーを重ねる。
  • スポンジやパフは、1カ月を目安に、買い換える。
  • 読まない雑誌を何冊も買うくらいなら、本屋に行って専門誌を1冊買う。
  • なりたいイメージがあれば、意図的にチークの色を変えてみる。
  • 光の加減を考慮した、理想的なハイライトを入れる順番を身につける。
  • 細かな部分ほど、丁寧に塗る。
  • 眉の下の青みは、コンシーラーで隠す。
  • メイクの仕上がりは、左右の角度からも確認する。
  • 唇の口角に、リップライナーやハイライトをつけすぎないようにする。
  • リップクリームのべたつきが気になる人は、オリーブオイルを試してみる。
  • 化粧の崩れ方の傾向に合わせて、化粧直しを早めにする。
  • メイクは崩れる前に、こまめにあぶらとり紙で、皮脂を取り除く。
  • 夏はあぶらとり紙を使い、冬はティッシュを使う。
  • あぶらとり紙は、化粧室で使う。
  • メイク技術を向上させたければ、楽なメイクに頼りすぎないようにする。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION