メイクの美的センスが向上する
30の工夫

9
3

濃さが変わりやすい目の下のくま。
上手なコンシーラーの使い方。

濃さが変わりやすい目の下のくま。上手なコンシーラーの使い方。 | メイクの美的センスが向上する30の工夫

肌の欠点を隠すコンシーラー。

肌の欠点をピンポイントで隠したい場合になくてはならない必需品です。

しみやほくろは、そうそう濃さに変化は現れません。

もちろん年齢を重ねるごとに多少の変化はありますが、大変ゆっくりです。

しかし、目の下のくまは違います。

睡眠不足によるくまは、睡眠不足や体調の具合によって、濃さが変わりやすい部分です。

薄いときもあれば、濃いときもあります。

そんな濃さの差が激しいくまは、濃さに応じて、2種類のコンシーラーを使い分けるようにしましょう。

コンシーラーの色は、くまの状態にかかわらず、肌と同じ色です。

肌と同じ色を選ぶのが、コンシーラーの鉄則ですね。

変わるのは、コンシーラーの質です。

コンシーラーを適切に使い分けて、必要最小限の量で抑えることができれば、ナチュラルに仕上げやすくなります。

薄いくまには、パウダータイプのコンシーラー

くまの色が薄ければ、パウダータイプがおすすめです。

つけ心地が軽く、すっと広がって、自然に仕上がります。

細かい部分は、薬指を使うと、より丁寧に仕上げられます。

濃いくまには、リキッドタイプのコンシーラー

濃いくまには、肌をしっかりカバーするリキッドタイプやクリームタイプのコンシーラーがおすすめです。

濃いくまもしっかりカバーして、目立たなくさせてくれます。

細かい部分は、細いブラシを使えば、よりきれいに仕上げられます。

メイクの美的センスが向上する工夫(9)
  • 目にできるくまの濃さに応じて、コンシーラーの種類を使い分ける。
肌トラブルの広さに応じて、2種類のコンシーラーを使い分ける。

メイクの美的センスが向上する30の工夫
メイクの美的センスが向上する30の工夫

  1. 本格的な化粧台からは「こっちにおいで」という声が聞こえる。
    本格的な化粧台からは「こっちにおいで」という声が聞こえる。
  2. メイクに力を入れた1日は、恋も仕事も、力が入る。
    メイクに力を入れた1日は、恋も仕事も、力が入る。
  3. あらためて考えたい、顔の各パーツをメイクする意味。
    あらためて考えたい、顔の各パーツをメイクする意味。
  4. 夏用と冬用で、化粧品を使い分けていませんか。
    夏用と冬用で、化粧品を使い分けていませんか。
  5. リキッドファンデーションを手に取れば、いきなり顔につけない。
    リキッドファンデーションを手に取れば、いきなり顔につけない。
  6. ある1カ所だけ、ファンデーションを乗せなくてもいい部分がある。
    ある1カ所だけ、ファンデーションを乗せなくてもいい部分がある。
  7. にきび肌の人が、化粧品選びで心がけることは、1つだけ。
    にきび肌の人が、化粧品選びで心がけることは、1つだけ。
  8. 吹き出物があるとき、上手にメイクをする、3つのポイント。
    吹き出物があるとき、上手にメイクをする、3つのポイント。
  9. 濃さが変わりやすい目の下のくま。<br>上手なコンシーラーの使い方。
    濃さが変わりやすい目の下のくま。
    上手なコンシーラーの使い方。
  10. 肌トラブルの広さに応じて、2種類のコンシーラーを使い分ける。
    肌トラブルの広さに応じて、2種類のコンシーラーを使い分ける。
  11. コンシーラーの完成度を高める、最後の一手間。
    コンシーラーの完成度を高める、最後の一手間。
  12. 唇の形を思いどおりに整える、リップペンシルやコンシーラーの上手な使い方。
    唇の形を思いどおりに整える、リップペンシルやコンシーラーの上手な使い方。
  13. シェーディングは、顔の内側から外側に向けて塗らない。
    シェーディングは、顔の内側から外側に向けて塗らない。
  14. 下まぶたをふっくらさせたいときのメイク方法。
    下まぶたをふっくらさせたいときのメイク方法。
  15. アイラインは、かなり奥が深い。
    アイラインは、かなり奥が深い。
  16. アイラインが取れにくくなるちょっとした一工夫。
    アイラインが取れにくくなるちょっとした一工夫。
  17. 今使っているスポンジは、いつ購入したものですか。
    今使っているスポンジは、いつ購入したものですか。
  18. 読まない雑誌が、山積みになっていませんか。
    読まない雑誌が、山積みになっていませんか。
  19. 知っておきたい、チークの色による印象の6つの違い。
    知っておきたい、チークの色による印象の6つの違い。
  20. 光の加減を考慮した、ハイライトを入れる順番。
    光の加減を考慮した、ハイライトを入れる順番。
  21. 細かい部分は、丁寧に塗る。
    細かい部分は、丁寧に塗る。
  22. 眉がきれいになったのはいいけど、眉の輪郭の青みが気になる。
    眉がきれいになったのはいいけど、眉の輪郭の青みが気になる。
  23. 自分が思うほど、顔は真正面から見られていない。
    自分が思うほど、顔は真正面から見られていない。
  24. 1つ間違えれば大笑いされる、女性のやりすぎたメイク。
    1つ間違えれば大笑いされる、女性のやりすぎたメイク。
  25. リップクリームのべたつきが苦手な人におすすめ。<br>さらさらしたつけ心地のリップクリームとは。
    リップクリームのべたつきが苦手な人におすすめ。
    さらさらしたつけ心地のリップクリームとは。
  26. 自分の化粧の崩れ方を、知っておく。
    自分の化粧の崩れ方を、知っておく。
  27. メイクで大切なのは、崩れてからの対処より、崩れる前の対処。
    メイクで大切なのは、崩れてからの対処より、崩れる前の対処。
  28. 皮脂の取り方は、季節によって使い分けるのが正解。
    皮脂の取り方は、季節によって使い分けるのが正解。
  29. 人前であぶらとり紙を、恥ずかしいと感じますか。
    人前であぶらとり紙を、恥ずかしいと感じますか。
  30. なかなかメイクの技術がうまくならない。<br>その意外な原因とは。
    なかなかメイクの技術がうまくならない。
    その意外な原因とは。

同じカテゴリーの作品

2:17

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION