メイクの美的センスが向上する
30の工夫

3
4

あらためて考えたい、
顔の各パーツをメイクする意味。

あらためて考えたい、顔の各パーツをメイクする意味。 | メイクの美的センスが向上する30の工夫

毎日、メイクをしていると、ふと考えることがあります。

「こんなメイク、本当に必要なのだろうか」

往々にして、単調な繰り返しになってしまうと、考えなくなります。

ある日、メイクの意味を見失ってしまうのです。

メイクへのモチベーションのために、初心に返ってみませんか。

いま一度、顔の各パーツをメイクする意味を考えてみましょう。

  • 化粧下地

何も塗っていない素肌の状態は、さまざまな欠点があります。

しみ、しわ、毛穴、色のむらなどがあります。

そうした肌の色やでこぼこを下地によって、整えます。

土台がしっかりした家であるほど立派な家が建つように、化粧下地で土台を整えるからこそ、メイクの仕上がりがよくなります。

  • ファンデーション

肌は、若さの象徴です。

美しい肌からは、若々しい印象を受けます。

  • アイメイク

私たちが人と会って最初に見るのは、目です。

目を見ると、その人がどんな人なのか、大半を判断できるからです。

目元を美しく整えることで、あなたの印象もまた、美しく整います。

より魅力的な目元を作ることで、第一印象もよくなるのです。

  • ブロウメイク

眉は、顔の中で、最も感情を表現する部分です。

吊り上がった眉からは厳しい印象を受け、垂れ下がった眉からは優しそうな印象を受けます。

あなたがどういう印象に見られたいか。

それを操作するために、眉のメイクが必要です。

  • チーク

チークは、あなたの活気を表現します。

青ざめている顔からは元気のない印象を受けるのに対し、ほてっている顔からは元気がみなぎり若々しい印象を受けます。

若々しく生き生きした印象を表現するために、チークをしましょう。

  • 口元のメイク

唇は、顔の中で最も血の色が見える部分です。

唇の色が青ざめていたり口角が垂れ下がっていたりすると、老けて見えやすくなります。

血の色を整えたり、口角を整えたりすることで、若々しさを保つのです。

メイクの美的センスが向上する工夫(3)
  • 初心に返って、各パーツをメイクする意味を考え直す。
夏用と冬用で、化粧品を使い分けていませんか。

メイクの美的センスが向上する30の工夫
メイクの美的センスが向上する30の工夫

  1. 本格的な化粧台からは「こっちにおいで」という声が聞こえる。
    本格的な化粧台からは「こっちにおいで」という声が聞こえる。
  2. メイクに力を入れた1日は、恋も仕事も、力が入る。
    メイクに力を入れた1日は、恋も仕事も、力が入る。
  3. あらためて考えたい、顔の各パーツをメイクする意味。
    あらためて考えたい、顔の各パーツをメイクする意味。
  4. 夏用と冬用で、化粧品を使い分けていませんか。
    夏用と冬用で、化粧品を使い分けていませんか。
  5. リキッドファンデーションを手に取れば、いきなり顔につけない。
    リキッドファンデーションを手に取れば、いきなり顔につけない。
  6. ある1カ所だけ、ファンデーションを乗せなくてもいい部分がある。
    ある1カ所だけ、ファンデーションを乗せなくてもいい部分がある。
  7. にきび肌の人が、化粧品選びで心がけることは、1つだけ。
    にきび肌の人が、化粧品選びで心がけることは、1つだけ。
  8. 吹き出物があるとき、上手にメイクをする、3つのポイント。
    吹き出物があるとき、上手にメイクをする、3つのポイント。
  9. 濃さが変わりやすい目の下のくま。<br>上手なコンシーラーの使い方。
    濃さが変わりやすい目の下のくま。
    上手なコンシーラーの使い方。
  10. 肌トラブルの広さに応じて、2種類のコンシーラーを使い分ける。
    肌トラブルの広さに応じて、2種類のコンシーラーを使い分ける。
  11. コンシーラーの完成度を高める、最後の一手間。
    コンシーラーの完成度を高める、最後の一手間。
  12. 唇の形を思いどおりに整える、リップペンシルやコンシーラーの上手な使い方。
    唇の形を思いどおりに整える、リップペンシルやコンシーラーの上手な使い方。
  13. シェーディングは、顔の内側から外側に向けて塗らない。
    シェーディングは、顔の内側から外側に向けて塗らない。
  14. 下まぶたをふっくらさせたいときのメイク方法。
    下まぶたをふっくらさせたいときのメイク方法。
  15. アイラインは、かなり奥が深い。
    アイラインは、かなり奥が深い。
  16. アイラインが取れにくくなるちょっとした一工夫。
    アイラインが取れにくくなるちょっとした一工夫。
  17. 今使っているスポンジは、いつ購入したものですか。
    今使っているスポンジは、いつ購入したものですか。
  18. 読まない雑誌が、山積みになっていませんか。
    読まない雑誌が、山積みになっていませんか。
  19. 知っておきたい、チークの色による印象の6つの違い。
    知っておきたい、チークの色による印象の6つの違い。
  20. 光の加減を考慮した、ハイライトを入れる順番。
    光の加減を考慮した、ハイライトを入れる順番。
  21. 細かい部分は、丁寧に塗る。
    細かい部分は、丁寧に塗る。
  22. 眉がきれいになったのはいいけど、眉の輪郭の青みが気になる。
    眉がきれいになったのはいいけど、眉の輪郭の青みが気になる。
  23. 自分が思うほど、顔は真正面から見られていない。
    自分が思うほど、顔は真正面から見られていない。
  24. 1つ間違えれば大笑いされる、女性のやりすぎたメイク。
    1つ間違えれば大笑いされる、女性のやりすぎたメイク。
  25. リップクリームのべたつきが苦手な人におすすめ。<br>さらさらしたつけ心地のリップクリームとは。
    リップクリームのべたつきが苦手な人におすすめ。
    さらさらしたつけ心地のリップクリームとは。
  26. 自分の化粧の崩れ方を、知っておく。
    自分の化粧の崩れ方を、知っておく。
  27. メイクで大切なのは、崩れてからの対処より、崩れる前の対処。
    メイクで大切なのは、崩れてからの対処より、崩れる前の対処。
  28. 皮脂の取り方は、季節によって使い分けるのが正解。
    皮脂の取り方は、季節によって使い分けるのが正解。
  29. 人前であぶらとり紙を、恥ずかしいと感じますか。
    人前であぶらとり紙を、恥ずかしいと感じますか。
  30. なかなかメイクの技術がうまくならない。<br>その意外な原因とは。
    なかなかメイクの技術がうまくならない。
    その意外な原因とは。

同じカテゴリーの作品

2:52

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION