メイク

メイクの初心者が心がける
30の基本

読んだ お気に入り26
2

これで完璧。
メイク前のスキンケアの9ステップ。

これで完璧。メイク前のスキンケアの9ステップ。 | メイクの初心者が心がける30の基本

メイクの前提には、きちんとしたスキンケアが大切です。

スキンケアがきれいにできているからこそ、メイクの仕上がりもよくなります。

 

では、ここで、おすすめのメイク前のスキンケアをご紹介します。

(ステップ1)
フェイスタオルを温水でぬらす

ご家庭の温水を使って、フェイスタオルを温めましょう。

もし、温水が出ないご家庭なら、水に濡らしたタオルを電子レンジで温めればOKです。

(ステップ2)
温めたフェイスタオルを顔全体に乗せて、1分待つ

軽く温水で顔を湿らせて、温かいフェイスタオルを顔全体に乗せてしばらく待ちます。

しばらくすると肌が柔らかくなり、毛穴も開いていきます。

(ステップ3)
洗顔フォームを顔全体に塗る

毛穴がしっかり開いたところで、洗顔フォームを顔全体に塗ります。

 

ただしすぐ洗い落としません。

(ステップ4)
洗顔フォームを残したまま、1分ほど待つ

この1分の待ち時間が大切です。

洗顔フォームが肌の奥まで染み込み、肌のしつこい汚れや老廃物まで取り除くことができるようになります。

 

ただし肌が弱い人は、時間を縮めるよう調整しましょう。

(ステップ5)
温水で洗顔料を落とす

温水で、洗顔料を残さず落としましょう。

肌の奥の汚れまでしっかり落ちて、透き通るようなきれいな肌になります。

(ステップ6)
化粧水を開いた毛穴に押し込む様に顔全体につける

毛穴の汚れが落ちて、毛穴も開いている状態になりました。

ここで、化粧水を顔全体につけます。

穴に押し込むよう、顔全体につけるのがコツです。

しっかり肌の奥まで化粧水が浸透します。

(ステップ7)
冷たい水に浸したフェイスタオルを顔全体に乗せ、毛穴をふさぐ

使っていたフェイスタオルを、今度は冷たい水に浸して冷やしましょう。

冷やしたフェイスタオルを顔全体に乗せて、1分ほど待ちます。

化粧水が染み込んだ肌の毛穴が、きゅっとふさがります。

(ステップ8)
乳液を顔全体につける

染み込んだ化粧水が乾燥して逃げないように、乳液でカバーをします。

(ステップ9)
温かいフェイスタオルで1分待つ

最後にもう一度、フェイスタオルを温水で温め、顔全体に乗せて、1分ほど待ちましょう。

乳液がしっかり肌に吸着して、もちもちした肌の出来上がりです。

まとめ

メイクの初心者が心がける基本 その2
  • メイク前のスキンケアをマスターする。
スキンケアが終わって、すぐメイクを始めない。

もくじ
メイクの初心者が心がける30の基本
これで完璧。メイク前のスキンケアの9ステップ。 | メイクの初心者が心がける30の基本

  1. メイクはセンスの問題ではない。
    きちんと勉強すれば、誰でもうまくなる!
  2. これで完璧。
    メイク前のスキンケアの9ステップ。
  3. スキンケアが終わって、すぐメイクを始めない。
  4. きれいなメイクは、きれいな手があってこそ。
  5. メイクをするときには、部屋の明るさが大切。
  6. きれいに仕上げやすくなる、メイクの順番。
  7. メイクは、化粧品の品質より、メイクの技術のほうがはるかに大切。
  8. 脇をきゅっと締めるだけで、手先は2倍、器用になる。
  9. ベースメイクの基本的な順番。
  10. 顔色に悩んだときは、迷わずコントロールカラー。
  11. ファンデーションは、均一に、塗らない。
  12. 顔に立体感を出す、上手なファンデーションの仕上げ方。
  13. パウダータイプのファンデーションを、スポンジに取る適量は?
  14. リキッドタイプのファンデーションを、手に取る適量は?
  15. リキッドファンデーションの上手な塗り方。
  16. ファンデーションは、生え際に注意して!
  17. 肌の欠点は、ファンデーションで隠そうとせず、コンシーラーを使う。
  18. コンシーラーは、品質より、色を重視する。
  19. アイメイクを仕上げる、理想的な順番。
  20. ビューラーを使うとき、正面の鏡は使わない。
  21. まつげのカールがしっかり決まる、ビューラーの上手な使い方。
  22. 初心者は、ペンシルタイプのアイライナー。
  23. センスのあるマスカラの上手な塗り方。
  24. まぶたについたマスカラは、指でこすらない。
  25. ブラウンのアイシャドーは、失敗しても、目立ちにくい。
  26. メイク初心者は、眉の形を一度で整える必要はない。
  27. きれいに仕上がりやすい、眉の上手な描き方。
  28. 眉マスカラの発色と持ちがよくなる、上手な塗り方。
  29. 口を閉じたまま、口紅を塗らない。
  30. 品格に差をつける、口紅のきれいな塗り方。

同じカテゴリーの作品