メイクの初心者が心がける
30の基本

13
8

パウダータイプのファンデーションを、
スポンジに取る適量は?

パウダータイプのファンデーションを、スポンジに取る適量は? | メイクの初心者が心がける30の基本

パウダータイプのファンデーションでは、スポンジを使って塗ります。

問題は、適量です。

多すぎれば、つけすぎてしまう。

少なすぎれば、塗り直しが増えてしまう。

戸惑っているうちに、ファンデーションの塗り方も不自然になります。

スポンジにつける適量がよくわからなくて、困ってしまうのです。

適量とは、どのくらいでしょうか。

大きく3つの段階を経て、塗っていきましょう。

スポンジを使う範囲が、小から大になるよう使っていくと、無駄がなく、きれいに仕上がります。

(ステップ1)
スポンジの先を使って、鼻や目から塗り始める

まず、鼻と目から始めましょう。

最初は、スポンジのかどだけを使います。

スポンジの先にファンデーションをつけて、細かなパーツを塗り始めていきます。

スポンジを2つ折りにすると、鼻の谷間や目の細かな部分に食い込ませることができ、塗りやすくなります。

(ステップ2)
スポンジ4分の1を使って、額に塗る

次に、額です。

ファンデーションをつける範囲を、スポンジの4分の1まで広げて、額に伸ばしていきましょう。

髪の生え際につかないよう、注意しながら塗っていきます。

(ステップ3)
頬の目安は、片頬でスポンジ2分の1

最後に、頬とフェイスライン全般です。

ファンデーションをつける範囲を、スポンジの2分の1まで広げて、正面の頬から脇に向けて滑らせていきます。

顎も含めたフェイスラインにも、スポンジを滑らせていきましょう。

塗り方が均一にならないよう正面から奥に向けて、厚みに変化を持たせると、自然な立体感が出てきます。

この順によって、スポンジを上手に扱うことができますし、ファンデーションの厚みもうまく調整しやすくなるのです。

メイクの初心者が心がける基本(13)
  • パウダータイプの適量と順番を、覚える。
リキッドタイプのファンデーションを、手に取る適量は?

メイクの初心者が心がける30の基本
メイクの初心者が心がける30の基本

  1. メイクはセンスの問題ではない。<br>きちんと勉強すれば、誰でもうまくなる!
    メイクはセンスの問題ではない。
    きちんと勉強すれば、誰でもうまくなる!
  2. これで完璧。<br>メイク前のスキンケアの9ステップ。
    これで完璧。
    メイク前のスキンケアの9ステップ。
  3. スキンケアが終わって、すぐメイクを始めない。
    スキンケアが終わって、すぐメイクを始めない。
  4. きれいなメイクは、きれいな手があってこそ。
    きれいなメイクは、きれいな手があってこそ。
  5. メイクをするときには、部屋の明るさが大切。
    メイクをするときには、部屋の明るさが大切。
  6. きれいに仕上げやすくなる、メイクの順番。
    きれいに仕上げやすくなる、メイクの順番。
  7. メイクは、化粧品の品質より、メイクの技術のほうがはるかに大切。
    メイクは、化粧品の品質より、メイクの技術のほうがはるかに大切。
  8. 脇をきゅっと締めるだけで、手先は2倍、器用になる。
    脇をきゅっと締めるだけで、手先は2倍、器用になる。
  9. ベースメイクの基本的な順番。
    ベースメイクの基本的な順番。
  10. 顔色に悩んだときは、迷わずコントロールカラー。
    顔色に悩んだときは、迷わずコントロールカラー。
  11. ファンデーションは、均一に、塗らない。
    ファンデーションは、均一に、塗らない。
  12. 顔に立体感を出す、上手なファンデーションの仕上げ方。
    顔に立体感を出す、上手なファンデーションの仕上げ方。
  13. パウダータイプのファンデーションを、スポンジに取る適量は?
    パウダータイプのファンデーションを、スポンジに取る適量は?
  14. リキッドタイプのファンデーションを、手に取る適量は?
    リキッドタイプのファンデーションを、手に取る適量は?
  15. リキッドファンデーションの上手な塗り方。
    リキッドファンデーションの上手な塗り方。
  16. ファンデーションは、生え際に注意して!
    ファンデーションは、生え際に注意して!
  17. 肌の欠点は、ファンデーションで隠そうとせず、コンシーラーを使う。
    肌の欠点は、ファンデーションで隠そうとせず、コンシーラーを使う。
  18. コンシーラーは、品質より、色を重視する。
    コンシーラーは、品質より、色を重視する。
  19. アイメイクを仕上げる、理想的な順番。
    アイメイクを仕上げる、理想的な順番。
  20. ビューラーを使うとき、正面の鏡は使わない。
    ビューラーを使うとき、正面の鏡は使わない。
  21. まつげのカールがしっかり決まる、ビューラーの上手な使い方。
    まつげのカールがしっかり決まる、ビューラーの上手な使い方。
  22. 初心者は、ペンシルタイプのアイライナー。
    初心者は、ペンシルタイプのアイライナー。
  23. センスのあるマスカラの上手な塗り方。
    センスのあるマスカラの上手な塗り方。
  24. まぶたについたマスカラは、指でこすらない。
    まぶたについたマスカラは、指でこすらない。
  25. ブラウンのアイシャドーは、失敗しても、目立ちにくい。
    ブラウンのアイシャドーは、失敗しても、目立ちにくい。
  26. メイク初心者は、眉の形を一度で整える必要はない。
    メイク初心者は、眉の形を一度で整える必要はない。
  27. きれいに仕上がりやすい、眉の上手な描き方。
    きれいに仕上がりやすい、眉の上手な描き方。
  28. 眉マスカラの発色と持ちがよくなる、上手な塗り方。
    眉マスカラの発色と持ちがよくなる、上手な塗り方。
  29. 口を閉じたまま、口紅を塗らない。
    口を閉じたまま、口紅を塗らない。
  30. 品格に差をつける、口紅のきれいな塗り方。
    品格に差をつける、口紅のきれいな塗り方。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION