メイク

メイクの初心者が心がける
30の基本

お気に入り6 読んだ
30

品格に差をつける、
口紅のきれいな塗り方。

品格に差をつける、口紅のきれいな塗り方。 | メイクの初心者が心がける30の基本

口紅は、難しいテクニックがなくても塗れます。

だからこそ、きちんと塗れば、差がつきやすい部分です。

唇の仕上がり方によって、口元の品格に大きな差が現れるものです。

口紅で適当にさっと塗るのもいいでしょう。

 

しかし、品格に差をつけたければ、やはりリップブラシを使ったきちんとした塗り方を押さえておくことが大切です。

ここでは口紅を使った簡易的な塗り方ではなく、リップブラシを使った塗り方をご紹介します。

(ステップ1)
上品さを意識しながら、上唇中央の輪郭から、塗る

最初は、上唇中央です。

上唇中央は、山の形になっていますね。

この山は、上品さを表現するパーツです。

この山の部分を、リップブラシを使って、きれいに描いていきましょう。

最初に、唇全体の印象を決める部分を描き終えたことで、唇全体のイメージがしやすくなります。

(ステップ2)
左右の口角から上唇中央に向けて、塗る

引き続きリップブラシを使い、口角から上唇の中央に向けて描いていきます。

なめらかな曲線になるよう、丁寧に塗っていきましょう。

(ステップ3)
ボリューム感を意識しながら、下唇の中央を塗る

上唇の山が上品さを表現するパーツとすれば、下唇の中央はボリューム感を表現するパーツです。

表現したいボリューム感に合わせて、下唇の中央の厚みを意識しながら塗っていきましょう。

(ステップ4)
左右の口角から、下唇中央に向けて、塗る

口角から下唇の中央に向けて輪郭を描きます。

(ステップ5)
必要に応じて、グロスで仕上げる

口紅を塗り終え、さらに立体感を出したければ、グロスを塗りましょう。

必要なければ、このステップは省略可能です。

まとめ

メイクの初心者が心がける基本 その30
  • リップブラシを使った、口紅の上手な塗り方を、身につける。
まとめ

もくじ
メイクの初心者が心がける30の基本
品格に差をつける、口紅のきれいな塗り方。 | メイクの初心者が心がける30の基本

  1. メイクはセンスの問題ではない。
    きちんと勉強すれば、誰でもうまくなる!
  2. これで完璧。
    メイク前のスキンケアの9ステップ。
  3. スキンケアが終わって、すぐメイクを始めない。
  4. きれいなメイクは、きれいな手があってこそ。
  5. メイクをするときには、部屋の明るさが大切。
  6. きれいに仕上げやすくなる、メイクの順番。
  7. メイクは、化粧品の品質より、メイクの技術のほうがはるかに大切。
  8. 脇をきゅっと締めるだけで、手先は2倍、器用になる。
  9. ベースメイクの基本的な順番。
  10. 顔色に悩んだときは、迷わずコントロールカラー。
  11. ファンデーションは、均一に、塗らない。
  12. 顔に立体感を出す、上手なファンデーションの仕上げ方。
  13. パウダータイプのファンデーションを、スポンジに取る適量は?
  14. リキッドタイプのファンデーションを、手に取る適量は?
  15. リキッドファンデーションの上手な塗り方。
  16. ファンデーションは、生え際に注意して!
  17. 肌の欠点は、ファンデーションで隠そうとせず、コンシーラーを使う。
  18. コンシーラーは、品質より、色を重視する。
  19. アイメイクを仕上げる、理想的な順番。
  20. ビューラーを使うとき、正面の鏡は使わない。
  21. まつげのカールがしっかり決まる、ビューラーの上手な使い方。
  22. 初心者は、ペンシルタイプのアイライナー。
  23. センスのあるマスカラの上手な塗り方。
  24. まぶたについたマスカラは、指でこすらない。
  25. ブラウンのアイシャドーは、失敗しても、目立ちにくい。
  26. メイク初心者は、眉の形を一度で整える必要はない。
  27. きれいに仕上がりやすい、眉の上手な描き方。
  28. 眉マスカラの発色と持ちがよくなる、上手な塗り方。
  29. 口を閉じたまま、口紅を塗らない。
  30. 品格に差をつける、口紅のきれいな塗り方。

同じカテゴリーの作品