メイク

メイクの初心者が心がける
30の基本

読んだ お気に入り14
21

まつげのカールがしっかり決まる、
ビューラーの上手な使い方。

まつげのカールがしっかり決まる、ビューラーの上手な使い方。 | メイクの初心者が心がける30の基本

「まつげのカールがうまく決まらない」

その理由の多くは、ビューラーの当て方です。

ビューラーは、使い方が悪いと、すぐカールが緩んでしまいます。

上手な使い方を身につけて、美しいカールに仕上げましょう。

(ステップ1)
手鏡を、机に置く

ビューラーを当てるとき、正面の鏡を使いません。

テーブルに置けるタイプの鏡を使いましょう。

鏡を化粧台の上に置いて、上からのぞき込むように使うと、付け根の部分が見えやすくなります。

(ステップ2)
まつげの付け根から、ビューラーをしっかり当てる

まつげのカールが決まらない原因のほとんどは、ビューラーの挟み方です。

挟み方が甘いのです。

付け根ほど毛が太くて固いため、しっかり付け根からビューラーを挟まなければいけません。

ビューラーがまつげの付け根にぴったりつくように挟みましょう。

ちなみにビューラーは、上まつげだけ使います。

下まつげには使いません。

(ステップ3)
ビューラーを動かすのではなく、顎を引く

カールをするときは、ビューラーは動かしません。

ビューラーを動かすのではなく、顎を引きましょう。

顎を引けば、不思議とビューラーをきれいにくねらせることができるようになります。

力や角度の調整もしやすくなるのです。

(ステップ4)
ビューラーで挟んだ状態を、5秒間、キープする

挟んだ状態になれば、しばらくその姿勢を維持です。

このキープの時間がポイントです。

しばらくキープすることで、カールがしっかり固定されます。

目安は、5秒間です。

もし5秒間キープしてもカールの具合が緩いなら、もう一度挟んで、5秒間キープしましょう。

納得のいくカールが整うまで、繰り返します。

(ステップ5)
付け根、中間、毛先の順でカールさせる

付け根が決まれば、次はまつげの中間です。

中間が終われば、毛先です。

きちんとビューラーでカールを決めようと思うと、時間がかかります。

(ステップ6)
中間より先は、ホットビューラーを使う

まつげの中間より先端は、ビューラーではカールが決まりにくいため、ホットビューラーを使いましょう。

ホットビューラーをまつげの毛先にそって、半回転するように使えば、カールをうまく固定させることができます。

まとめ

メイクの初心者が心がける基本 その21
  • ビューラーの正しい使い方を、マスターする。
初心者は、ペンシルタイプのアイライナー。

もくじ
メイクの初心者が心がける30の基本
まつげのカールがしっかり決まる、ビューラーの上手な使い方。 | メイクの初心者が心がける30の基本

  1. メイクはセンスの問題ではない。
    きちんと勉強すれば、誰でもうまくなる!
  2. これで完璧。
    メイク前のスキンケアの9ステップ。
  3. スキンケアが終わって、すぐメイクを始めない。
  4. きれいなメイクは、きれいな手があってこそ。
  5. メイクをするときには、部屋の明るさが大切。
  6. きれいに仕上げやすくなる、メイクの順番。
  7. メイクは、化粧品の品質より、メイクの技術のほうがはるかに大切。
  8. 脇をきゅっと締めるだけで、手先は2倍、器用になる。
  9. ベースメイクの基本的な順番。
  10. 顔色に悩んだときは、迷わずコントロールカラー。
  11. ファンデーションは、均一に、塗らない。
  12. 顔に立体感を出す、上手なファンデーションの仕上げ方。
  13. パウダータイプのファンデーションを、スポンジに取る適量は?
  14. リキッドタイプのファンデーションを、手に取る適量は?
  15. リキッドファンデーションの上手な塗り方。
  16. ファンデーションは、生え際に注意して!
  17. 肌の欠点は、ファンデーションで隠そうとせず、コンシーラーを使う。
  18. コンシーラーは、品質より、色を重視する。
  19. アイメイクを仕上げる、理想的な順番。
  20. ビューラーを使うとき、正面の鏡は使わない。
  21. まつげのカールがしっかり決まる、ビューラーの上手な使い方。
  22. 初心者は、ペンシルタイプのアイライナー。
  23. センスのあるマスカラの上手な塗り方。
  24. まぶたについたマスカラは、指でこすらない。
  25. ブラウンのアイシャドーは、失敗しても、目立ちにくい。
  26. メイク初心者は、眉の形を一度で整える必要はない。
  27. きれいに仕上がりやすい、眉の上手な描き方。
  28. 眉マスカラの発色と持ちがよくなる、上手な塗り方。
  29. 口を閉じたまま、口紅を塗らない。
  30. 品格に差をつける、口紅のきれいな塗り方。

同じカテゴリーの作品