まとめ
(食事の作法とマナーの30の基本)
食事の作法とマナーの30の基本

  • 「いただきます」「ごちそうさま」と言って、食事に感謝をする。
  • 肉類を食べるときには「命をいただきます」という感謝を持つ。
  • 食事を作ってくださった方にも「ごちそうさま」と言って、感謝する。
  • 外食では、食事だけでなく、雰囲気も味わう。
  • 店員の「サービス」を楽しむ。
  • 「くちゃくちゃ」をやめて「もぐもぐ」にする。
  • 食事中は、声の大きさに気をつける。
  • バイキングでは、必要な分だけを盛り付ける。
  • テーブルを離れるときは、きちんと椅子を戻す。
  • 器の装飾やデザインも、見て楽しむ。
  • どんな食事でも「まずい」とだけは、言わないようにする。
  • 早食いにならないように気をつける。
  • 食事中の貧乏ゆすりはやめる。
  • 「ごちそうさま」の後にもう一言「おいしかったです」を付け加える。
  • 友人と一緒に、丸いテーブルのあるレストランへ行く。
  • お金は「払わせていただく」という姿勢になる。
  • 店員の顔を見て、オーダーする。
  • 注文の際は、友人の分も一緒に注文してあげる。
  • 「無理して全部食べなくてもいいよ」と、言ってあげる。
  • 食事中は、明るい話をする。
  • 食べ方がわからないときには、店員に聞く。
  • 食事中に、時計を見ないようにする。
  • 肘をつきながら食事をするのは、やめる。
  • 食事中に、携帯電話で話さないようにする。
  • 出てきた料理は、すぐ食べ始める。
  • みんなと食事して「仲間意識」を強める。
  • 1人で、食事ができるようになる。
  • 食事は、よく噛んで食べる。
  • おいしそうな単品同士の組み合わせを、考えてみる。
  • 楽しい食事は、みんなで食べる学校の食事を参考にする。

同じカテゴリーの作品

食事マナー」の人気記事

1
「いただきます」と「ごちそうさま」が、一番大切な食事のマナー。
食事マナー
「いただきます」と「ごちそうさま」が、一番大切な食事のマナー。
食事の作法とマナーの30の基本
2
オーダーするときには、メニューばかりを見ない。店員の顔を見て、オーダーすることが大切。
食事マナー
オーダーするときには、メニューばかりを見ない。
店員の顔を見て、オーダーすることが大切。
食事の作法とマナーの30の基本
3
オーダーの際は、友人の分までオーダーできるとかっこいい。
食事マナー
オーダーの際は、友人の分までオーダーできるとかっこいい。
食事の作法とマナーの30の基本
4
食事が済んだら、しっかり椅子を戻す。
食事マナー
食事が済んだら、しっかり椅子を戻す。
食事の作法とマナーの30の基本
5
「何だかこの人と一緒にいると話しやすい」そんな人が心がけている、見えない気遣い。
食事マナー
「何だかこの人と一緒にいると話しやすい」そんな人が心がけている、見えない気遣い。
テーブルマナーの達人が心がける30の心得
6
「いただきます」とは「命をいただきます」という意味。
食事マナー
「いただきます」とは「命をいただきます」という意味。
食事の作法とマナーの30の基本
7
フォーマルなレストランで、1人で食事ができるなら、何でもできるはずだ。
食事マナー
フォーマルなレストランで、1人で食事ができるなら、何でもできるはずだ。
給仕や料理人に喜ばれる30のテーブルマナー
8
フランス料理の一般的なフルコースメニューの順番と意味。
食事マナー
フランス料理の一般的なフルコースメニューの順番と意味。
洋食フルコースで心がけたい30のテーブルマナー
9
「お金を払ってやる」ではなく「お金を払わせていただく」という人が、かっこいい人。
食事マナー
「お金を払ってやる」ではなく「お金を払わせていただく」という人が、かっこいい人。
食事の作法とマナーの30の基本
10
失敗は、表情で決まる。
食事マナー
失敗は、表情で決まる。
給仕や料理人に喜ばれる30のテーブルマナー
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION