ファッション

美を磨いて女らしくなる
30の方法

お気に入り7 読んだ
27

雑誌や本のサクセスストーリーに目を向ける。

雑誌や本のサクセスストーリーに目を向ける。 | 美を磨いて女らしくなる30の方法

女性にはファッション誌も大切です。

ファッション誌を読んで外見を磨けば、続いて一般的な本も読んでみましょう。

おすすめは、やはりサクセスストーリーです。

誰かが成功した話を読んでいると「自分も頑張らなくては!」とやる気が出てきます。

サクセスストーリーに登場する人物は尊敬できますし、見習うべき手本です。

ファッション誌に登場するモデルは「美の手本」です。

 

しかし「美の手本」だけでなく「生き方の手本」も大切です。

生き方の手本は、サクセスストーリーの中にあります。

自分と似た境遇から這い上がって成功した人がいれば、なおいいでしょう。

一生懸命に努力して成功した人の話を聞くと、自分はまだまだと謙虚になることができ、やる気が出てきます。

偉人の伝記を読んでみましょう。

 

たとえば、ナイチンゲールの伝記を読むと、刺激を受けるはずです。

ナイチンゲールは、イギリスの看護師でした。

クリミア戦争の際、負傷した兵士を看護するために多くの看護師を率いて、負傷者を看護しました。

その姿から「クリミアの天使」と呼ばれていました。

多くの看護学校を作ったり看護の改善に努力したりなど、近代的看護技術の開拓者となった人物です。

これほど活動的で人のために尽くした人がいるのかと思うと尊敬できますし、なにより生き方の手本になります。

ただ美を追究する生き方ではなく、人の役に立って「ありがとう」と感謝される生き方に気づくことでしょう。

それが本当の意味で、美しい人なのです。

まとめ

美を磨いて女らしくなる方法 その27
  • 偉人のサクセスストーリーを読んでみる。
恋をする女性は、美しくなる。

もくじ
美を磨いて女らしくなる30の方法
雑誌や本のサクセスストーリーに目を向ける。 | 美を磨いて女らしくなる30の方法

  1. 女性らしい雰囲気とは、まず美しくなることから始まる。
  2. 美を磨くポイントは2つある。
    外見の美しさと内面の美しさ。
  3. 品格の低い物を持つと、持つ人の品格まで下げてしまう。
  4. 服の力を借りて、身も心も引き締める。
  5. 疲れて家に帰ったときこそ、服を脱ぎ捨てない。
  6. カバンに「化粧道具」と「本」が入っている女性は、必ず美しくなる。
  7. 暇になったとき、携帯電話をチェックする癖になっていませんか。
  8. ファッションの勉強は、学校では教えてくれない。
  9. 贈り物に手紙がなければ「プレゼント」ではなく「仕送り」になる。
  10. 美人はシンプルに考える。
    シンプルに考えるから美人になれる。
  11. 「自分さえよければいい」という考えを持たない。
  12. 黒は、女性を美しくする。
  13. 料理のできる女性は、男性からも女性からも尊敬される。
  14. 伸びた背筋からは、ポジティブな印象を与える。
  15. 若者言葉を使わない。
  16. 勉強する女性は、美しくなる。
  17. 悪口を言う人は悪く言われる。
    悪口を言わない人は悪く言われない。
  18. 口にした言葉は、すべて自分に返ってくる。
  19. 緊張感のある女性は美しい。
  20. 細かい気配りができる女性になろう。
  21. 気配りはしても、気苦労はしない。
  22. 足を開いて座ると、女性らしい雰囲気が損なわれる。
  23. 親しい友達に、変な癖がないか聞いてみる。
  24. 花を持つ女性も美しいが、花を持たせる女性はさらに美しい。
  25. 美しい女性には、主観的な目だけでなく、客観的な目も必要。
  26. 女優は、なぜ美しいのか。
  27. 雑誌や本のサクセスストーリーに目を向ける。
  28. 恋をする女性は、美しくなる。
  29. 生理があるからこそ、野菜は積極的に取る。
  30. どんなに不細工でも、笑顔になれば美人になれる。

同じカテゴリーの作品