勉強法

明るい未来を切り開く
30の勉強法

読んだ お気に入り15
15

学ぼうという気持ちがあれば、
平凡な瞬間も勉強になる。

学ぼうという気持ちがあれば、平凡な瞬間も勉強になる。 | 明るい未来を切り開く30の勉強法

学ぼうという気持ちのある人が本を読めば、本は宝のように感じます。

自分のためになることがたくさん書かれていて、本が読めるだけでも幸せだと感じます。

目的以外の文章でも、勉強したいという前向きな気持ちがあれば、わずかな文章の中から大きな価値を見いだせます。

初めから知識を目的というのが前提ですから、価値を引き出す力が強いです。

 

しかし、勉強する気のない人が価値のある本を読んでも「字が並んでいる紙」にしか見えません。

学ぼうという気がないと、ためになる良書も、面白くない愚書になります。

キーポイントは、あなたに「学ぼう」という気持ちがあるかどうかです。

「実りのない無駄な毎日だ」

「つまらない人生だ」

そういう日々を送っていませんか。

実りのない日は、1日たりともありません。

つまらない日もありません。

そう感じるのは、学ぼうとする気がないからです。

先の例と同じように、学ぼうとする気持ちがなければ、素晴らしい日々もつまらない日々になります。

そもそも、学ぼうという気がまったくないからです。

 

しかし、学ぼうという気持ちがあれば、平々凡々な日々の中からためになる価値を見いだせます。

意味を求めて出来事を探すのではなく、起こった出来事から意味を探せばいい。

「人とすれ違う」

こんなありふれた瞬間も、学ぼうとする姿勢があれば「なるほど。この人のファッションセンスは鋭い」という学びに変わります。

「大笑いする」

こんな当たり前の日常も、笑いのセンスを学ぶ瞬間になります。

「いい毎日」「悪い毎日」があるのではありません。

あなたに、学ぼうとする気持ちがあるかどうかです。

その気持ちがあれば、あらゆる瞬間は授業になるのです。

まとめ

明るい未来を切り開く勉強法 その15
  • 学ぼうとする気持ちになり、生活する。
高額のマンツーマンは、実は一番格安である。

もくじ
明るい未来を切り開く30の勉強法
学ぼうという気持ちがあれば、平凡な瞬間も勉強になる。 | 明るい未来を切り開く30の勉強法

  1. いついかなる状況でも、勉強できる装備が整っていますか。
  2. 「勉強をしている」と言っているうちは、まだ勉強不足である。
  3. 店員への意外な質問。
    「一番売れていない商品はどれですか」
  4. 勉強の半分はインプット。
    もう半分はアウトプット。
  5. タイムプレッシャーがあるから、時間の貴重さが勉強できる。
  6. 騙された経験は、セミナーだと思う。
    騙された金額は、授業料だと思う。
  7. こだわりのある人は、魅力的な人。
  8. テレビ番組に向かって突っ込みを入れると、雑談がうまくなる。
  9. 作家とは、文章を書く仕事ではない。
    読者を励ます仕事である。
  10. 人との出会いも一期一会。
    言葉との出会いも一期一会。
  11. 知識を操るためには、知恵が必要になる。
  12. あなたの頭の中には、望遠鏡がある。
  13. 勉強に、時期尚早はない。
  14. 今すぐ役立たない勉強ほど、後から大いに役立つ。
  15. 学ぼうという気持ちがあれば、平凡な瞬間も勉強になる。
  16. 高額のマンツーマンは、実は一番格安である。
  17. 鳥肌が立つような経験ができれば、いい勉強ができている証拠。
  18. 勉強をすれば、ストレスになるのは嘘。
    勉強をすれば、ストレスが減る。
  19. すぐ答えを求めないから、味わいは無限に広がる。
  20. 説明不足の言葉を想像するのは、素晴らしい脳のトレーニングになる。
  21. 嫌いな人を「先生」と呼べば、人間関係改善のきっかけが見つかる。
  22. 知性を磨いて「必要」「必要ではない」と区別する。
  23. タクシーの運転手ほど、情報通はいない。
  24. 勉強する時間がないのは知性がない証拠。
    勉強する時間を見つけられるのが知性だ。
  25. 学生は、勉強をして未来を切り開く。
    社会人は、習得した知識や技術をお金に換えて未来を切り開く。
  26. センスのいいファッションには、高い知性が要求される。
  27. あなたの体の中には、優秀な医者が存在する。
  28. 「楽しさに気づく力」が、本当の知性である。
  29. 自分をよく見ることはあっても、他人をよく見ることは少ない。
  30. 勉強した後、どうなるかではなく、勉強しているとき、どうであるか。

同じカテゴリーの作品