文章力

文章がうまくなる
30の方法

11
9

いじりすぎた文章はきれいだけど、
面白くない。

いじりすぎた文章はきれいだけど、面白くない。 | 文章がうまくなる30の方法

人の心にすっと入っていく文章を書くためには、論理的に整理整頓して書くより「気持ちの流れ」で書くことが大切です。

一見、文章を上手に書くときには、文章を整理整頓することが大切であるように思われます。

 

たしかに整理整頓も大切です。

 

しかし、人の心を打つ文章というのは、しっかり整理整頓された文章より、気持ちの流れで書いた文章なのです。

整理整頓された文章は、いじりすぎです。

考え直し、読み直し、考え直し、を何度も繰り返しすぎています。

論理的に「1、2、3、4、5」と順番どおりに整った文章は、整いすぎると、人の心を打つような文章は書けません。

人の心にすっと入っていく文章を書くためには、練習なしのいきなり本番で書くことです。

どうしても気持ちの流れで書いてしまいます。

私の文章も、できるだけ気持ちの流れで書くようにしています。

練習や下書きなしの、ぶっつけ本番です。

思いついたまま指を動かし、自分の考えている順番で文字を打っています。

読み手には私の考えている道筋をたどることができ、理解しやすくなっているのです。

しっかりした文章を書こうと思うと、きれいな文章を書いてしまいがちです。

表現や文法の誤りもなく、きちんとした仕上がりになっています。

 

たしかによい文章ではありますが、それでは面白みが出てこないのです。

原因と結果だけを書いた文章は、つまらないです。

面白いのは、原因と結果の間にある「プロセス」です。

そのプロセスを大切にしましょう。

読み手は、そのプロセスを知ることで、面白いと感じてくれます。

私はラブレターを書くときには、練習なしで一気に書きます。

最初に言いたいことを述べてから、頭に浮かんだ順番に書くことで、読み手には、私のもどかしい気持ちが伝わります。

結論までたどり着くまでの「気持ちのプロセス」を書くことで、読み手に私の気持ちをうまく伝えることができるのです。

文章を書くときには、気持ちの流れで書きましょう。

気持ちの流れで書いた文章は、わかりにくいようで、実はわかりやすい文章になっているのです。

文章がうまくなる方法(9)
  • 「気持ちの流れ」で書く。
書き手のこだわりなら、文法なんて気にしなくていい。

もくじ
文章がうまくなる30の方法
いじりすぎた文章はきれいだけど、面白くない。 | 文章がうまくなる30の方法

  1. とにかく書いてみるだけでいい。<br>書いてさえしまえば、書くコツがだんだんわかってくる。
    とにかく書いてみるだけでいい。
    書いてさえしまえば、書くコツがだんだんわかってくる。
  2. うまい文章を書くために大切なことは「読みやすさ、わかりやすさ、面白さ」。
    うまい文章を書くために大切なことは「読みやすさ、わかりやすさ、面白さ」。
  3. まず「結論」から始めることが大切。
    まず「結論」から始めることが大切。
  4. 漢字を使いすぎると、読みにくくなってしまう。<br>必要以上に漢字を使わないようにしよう。
    漢字を使いすぎると、読みにくくなってしまう。
    必要以上に漢字を使わないようにしよう。
  5. 聞いてもわかる文章が、うまい文章。
    聞いてもわかる文章が、うまい文章。
  6. 言い切る文章にしよう。<br>言い切ることで、読者の心に残る。
    言い切る文章にしよう。
    言い切ることで、読者の心に残る。
  7. しっかりインプットさえしていれば、うまくアウトプットができるようになる。
    しっかりインプットさえしていれば、うまくアウトプットができるようになる。
  8. 「最高の文章」と「最低の文章」から、書くコツを学ぶ。
    「最高の文章」と「最低の文章」から、書くコツを学ぶ。
  9. いじりすぎた文章はきれいだけど、面白くない。
    いじりすぎた文章はきれいだけど、面白くない。
  10. 書き手のこだわりなら、文法なんて気にしなくていい。
    書き手のこだわりなら、文法なんて気にしなくていい。
  11. 感嘆符を使いすぎると、気持ちや強調が、半減する。
    感嘆符を使いすぎると、気持ちや強調が、半減する。
  12. 言葉は、言い切らないと、伝わらない。
    言葉は、言い切らないと、伝わらない。
  13. 元気になる文章を書くには「すればいい」という表現を使う。
    元気になる文章を書くには「すればいい」という表現を使う。
  14. 説得力のある文章を書くには、自分が経験したエピソードを入れるだけでいい。
    説得力のある文章を書くには、自分が経験したエピソードを入れるだけでいい。
  15. 長い文章を書いては、読んでもらえなくなる。
    長い文章を書いては、読んでもらえなくなる。
  16. 書くときに大切なことは「書く技術」より「観察力」。
    書くときに大切なことは「書く技術」より「観察力」。
  17. 文章で一番力を入れるべきは、タイトルだ。
    文章で一番力を入れるべきは、タイトルだ。
  18. 「一万二千三百四十五」より「12345」のほうが、読みやすい。
    「一万二千三百四十五」より「12345」のほうが、読みやすい。
  19. 「箇条書き」は、これからのスピードの時代に合った書き方だ。
    「箇条書き」は、これからのスピードの時代に合った書き方だ。
  20. 大きい字であるほど、読みやすい。
    大きい字であるほど、読みやすい。
  21. 「その、あの」を使いすぎると、読者が混乱する。
    「その、あの」を使いすぎると、読者が混乱する。
  22. 同じ表現を使いすぎると、読者が飽きてしまう。
    同じ表現を使いすぎると、読者が飽きてしまう。
  23. すべてを語らないことで、すべてを語ることができる。
    すべてを語らないことで、すべてを語ることができる。
  24. わざと面白いところで書き終えて、読み手の興味をかき立てる。
    わざと面白いところで書き終えて、読み手の興味をかき立てる。
  25. 成功談は面白い。<br>失敗談はもっと面白い。
    成功談は面白い。
    失敗談はもっと面白い。
  26. 失敗から這い上がってきたエピソードに、人は感動する。
    失敗から這い上がってきたエピソードに、人は感動する。
  27. クレームは、よい文章を書くための貴重な意見。
    クレームは、よい文章を書くための貴重な意見。
  28. 余白を大切にすると、文章の質が上がる。<br>余白が、1文1文の価値を上げる。
    余白を大切にすると、文章の質が上がる。
    余白が、1文1文の価値を上げる。
  29. 文章力をつけるには、書くことを「習慣」にすればいい。
    文章力をつけるには、書くことを「習慣」にすればいい。
  30. 面白いお笑いコンビと、そうでないコンビの違いとは。
    面白いお笑いコンビと、そうでないコンビの違いとは。

同じカテゴリーの作品