人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
文章力
文章で一番力を入れるべきは、タイトルだ。
文章力
長い文章を書いては、読んでもらえなくなる。
文章力
同じ表現を使いすぎると、読者が飽きてしまう。
プレゼン
箇条書きの限界は、7つまで。

文章がうまくなる
30の方法

お気に入り5 読んだ
10

書き手のこだわりなら、
文法なんて気にしなくていい。

書き手のこだわりなら、文法なんて気にしなくていい。 | 文章がうまくなる30の方法

うまく文章を書くときには、文法をあまり考えすぎないようにしましょう。

文法を考えすぎては、何も書けなくなります。

むしろ文法より、読みやすさのほうが、よほど大切です。

私の文章は、実は、正しい文法では書かれていません。

普通より多めに「、」を入れて、文章を分けています。

そうすることで、目でも分けて読むことができ、読みやすくなるのです。

それから「です。ます」と言い切ることも、心がけています。

1文ずつ箇条書きにするのは、正しい文法ではありません。

 

しかし、そうすることで、読者が一つ一つ論理的に理解することができるようになるなら、それでいいと思っています。

これが、私のこだわりなのです。

正しい日本の文法にこだわってしまっては、訴えたいことをしっかり表現することができなくなります。

書く人間は、あなたなのです。

あえて脱線するところに、引き付ける力があり、強調できるのです。

文章がうまくなる方法 その10

  • 文法を気にしすぎないようにする。
感嘆符を使いすぎると、気持ちや強調が、半減する。

もくじ
(文章がうまくなる30の方法)

同じカテゴリーの作品