文章力

文章がうまくなる
30の方法

読んだ お気に入り5
10

書き手のこだわりなら、
文法なんて気にしなくていい。

書き手のこだわりなら、文法なんて気にしなくていい。 | 文章がうまくなる30の方法

うまく文章を書くときには、文法をあまり考えすぎないようにしましょう。

文法を考えすぎては、何も書けなくなります。

むしろ文法より、読みやすさのほうが、よほど大切です。

私の文章は、実は、正しい文法では書かれていません。

普通より多めに「、」を入れて、文章を分けています。

そうすることで、目でも分けて読むことができ、読みやすくなるのです。

それから「です。ます」と言い切ることも、心がけています。

1文ずつ箇条書きにするのは、正しい文法ではありません。

 

しかし、そうすることで、読者が一つ一つ論理的に理解することができるようになるなら、それでいいと思っています。

これが、私のこだわりなのです。

正しい日本の文法にこだわってしまっては、訴えたいことをしっかり表現することができなくなります。

書く人間は、あなたなのです。

あえて脱線するところに、引き付ける力があり、強調できるのです。

まとめ

文章がうまくなる方法 その10
  • 文法を気にしすぎないようにする。
感嘆符を使いすぎると、気持ちや強調が、半減する。

もくじ
文章がうまくなる30の方法
書き手のこだわりなら、文法なんて気にしなくていい。 | 文章がうまくなる30の方法

  1. とにかく書いてみるだけでいい。
    書いてさえしまえば、書くコツがだんだん分かってくる。
  2. うまい文章を書くために大切なことは「読みやすさ、分かりやすさ、面白さ」。
  3. まず「結論」から始めることが大切。
  4. 漢字を使いすぎると、読みにくくなってしまう。
    必要以上に漢字を使わないようにしよう。
  5. 聞いても分かる文章が、うまい文章。
  6. 言い切る文章にしよう。
    言い切ることで、読者の心に残る。
  7. しっかりインプットさえしていれば、うまくアウトプットができるようになる。
  8. 「最高の文章」と「最低の文章」から、書くコツを学ぶ。
  9. いじりすぎた文章はきれいだけど、面白くない。
  10. 書き手のこだわりなら、文法なんて気にしなくていい。
  11. 感嘆符を使いすぎると、気持ちや強調が、半減する。
  12. 言葉は、言い切らないと、伝わらない。
  13. 元気になる文章を書くには「すればいい」という表現を使う。
  14. 説得力のある文章を書くには、自分が経験したエピソードを入れるだけでいい。
  15. 長い文章を書いては、読んでもらえなくなる。
  16. 書くときに大切なことは「書く技術」より「観察力」。
  17. 文章で一番力を入れるべきは、タイトルだ。
  18. 「一万二千三百四十五」より「12345」のほうが、読みやすい。
  19. 「箇条書き」は、これからのスピードの時代に合った書き方だ。
  20. 大きい字であるほど、読みやすい。
  21. 「その、あの」を使いすぎると、読者が混乱する。
  22. 同じ表現を使いすぎると、読者が飽きてしまう。
  23. すべてを語らないことで、すべてを語ることができる。
  24. わざと面白いところで書き終えて、読み手の興味をかき立てる。
  25. 成功談は面白い。
    失敗談はもっと面白い。
  26. 失敗から這い上がってきたエピソードに、人は感動する。
  27. クレームは、よい文章を書くための貴重な意見。
  28. 余白を大切にすると、文章の質が上がる。
    余白が、1文1文の価値を上げる。
  29. 文章力をつけるには、書くことを「習慣」にすればいい。
  30. 面白いお笑いコンビと、そうでないコンビの違いとは。

同じカテゴリーの作品