執筆者:水口貴博

ヒューマンエラーを防ぐ
30の方法

23
2

そもそも作業をしなければ、
ヒューマンエラーが起こることもない。

そもそも作業をしなければ、ヒューマンエラーが起こることもない。 | ヒューマンエラーを防ぐ30の方法

ヒューマンエラーを防ぐ、意外な方法があります。

「作業をしなければいい」という方法です。

そもそも作業そのものをしなければ、失敗や間違いが発生することはありません。

ヒューマンエラー対策を考える前に、次のことをあらためて考えましょう。

「無駄な部分を省略できないか」

「そもそも本当にする必要があるのか」

「実は、しなくてもいい作業ではないか」

必要性について考え直してみましょう。

しなくてもいい作業も、過去の慣例から意味もなく続けている場合が多いです。

しなくて済む方法を考えます。

あるいは、ほかの作業と絡めて一緒にまとめてしてしまう方法も考えてみます。

たとえば、母が今まで家のすべての部屋を掃除していたけど、実はしなくていい部屋まで掃除をしているかもしれません。

父に相談すると「自分の部屋は自分でするからしなくていい」という答えが返ってくるかもしれません。

そうなれば、母も掃除の面倒が1つ減ります。

今まで出社と言えば車だったけど、必ず車がないと通えないのかと考えます。

「電車+徒歩」で通えることに気づきます。

健康のために「電車+徒歩」で通うようになれば、車による交通事故を起こす可能性が、そもそもなくなります。

またガソリン代も節約できます。

もちろん距離によっては「徒歩のみ」でもいいでしょう。

生活を見直すと「しなくていいこと」をしているものです。

あらためて「本当にする必要があるのか」と疑ってみましょう。

ヒューマンエラーを防ぐ方法(23)
  • しなくて済む方法を考える。
「問題が発生したときの方法」より「問題を発生させない方法」を考える。

ヒューマンエラーを防ぐ30の方法
ヒューマンエラーを防ぐ30の方法

  1. ヒューマンエラーは、慣れたときに起こる。
    ヒューマンエラーは、慣れたときに起こる。
  2. 頭で覚えているささいなことほど、チェックシートを使って確かめる。
    頭で覚えているささいなことほど、チェックシートを使って確かめる。
  3. 車の助手席に座る人には、確認者としての仕事がある。
    車の助手席に座る人には、確認者としての仕事がある。
  4. 指さし確認・声だし確認を癖にする。
    指さし確認・声だし確認を癖にする。
  5. 改善すべきは、人ではなく、プロセス。
    改善すべきは、人ではなく、プロセス。
  6. 見間違いやすい数字や記号は「使わない」か「ふりがな」で対処する。
    見間違いやすい数字や記号は「使わない」か「ふりがな」で対処する。
  7. キスをすれば、ヒューマンエラーがなくなる?
    キスをすれば、ヒューマンエラーがなくなる?
  8. 精度を求めた「ゆっくり」には、雑談がない。
    精度を求めた「ゆっくり」には、雑談がない。
  9. 集中しなくても、ミスをしないシステムを作る。
    集中しなくても、ミスをしないシステムを作る。
  10. きれい事を言う人が、一番きれいな行動をしなければならない。
    きれい事を言う人が、一番きれいな行動をしなければならない。
  11. デジタルな作業を、わざわざ人間が行う必要はない。
    デジタルな作業を、わざわざ人間が行う必要はない。
  12. プロスポーツ選手は、ファンという監視の目に助けられている。
    プロスポーツ選手は、ファンという監視の目に助けられている。
  13. ヒューマンエラーは「アナログ」で発生する。
    ヒューマンエラーは「アナログ」で発生する。
  14. ミスをした人にペナルティーを与えない。<br>反則した人にペナルティーを与える。
    ミスをした人にペナルティーを与えない。
    反則した人にペナルティーを与える。
  15. 手順書・約束事は、ヒューマンエラー防止の第一歩。
    手順書・約束事は、ヒューマンエラー防止の第一歩。
  16. 他人のミスや失敗は、絶対、あなたのためになる。
    他人のミスや失敗は、絶対、あなたのためになる。
  17. 恥ずかしさを捨てなければ、ヒューマンエラーを撲滅できない。
    恥ずかしさを捨てなければ、ヒューマンエラーを撲滅できない。
  18. わからないときには、質問する。<br>わかったときには、言い換えた内容で質問をする。
    わからないときには、質問する。
    わかったときには、言い換えた内容で質問をする。
  19. ヒヤリハットを見逃すな。
    ヒヤリハットを見逃すな。
  20. 商用環境では、速度より精度を重視。
    商用環境では、速度より精度を重視。
  21. 精度を追求する原則を守った結果、作業が速くなるのは問題ない。
    精度を追求する原則を守った結果、作業が速くなるのは問題ない。
  22. 例外を1つも作らない。
    例外を1つも作らない。
  23. そもそも作業をしなければ、ヒューマンエラーが起こることもない。
    そもそも作業をしなければ、ヒューマンエラーが起こることもない。
  24. 「問題が発生したときの方法」より「問題を発生させない方法」を考える。
    「問題が発生したときの方法」より「問題を発生させない方法」を考える。
  25. ヒューマンエラーは、省略したときに起こる。
    ヒューマンエラーは、省略したときに起こる。
  26. 疲れてから休憩ではない。<br>疲れる前に休憩をする。
    疲れてから休憩ではない。
    疲れる前に休憩をする。
  27. 作業中は、電話を取らない。
    作業中は、電話を取らない。
  28. デスクの上に、不要な物を置かない。
    デスクの上に、不要な物を置かない。
  29. 短期記憶に頼らない。
    短期記憶に頼らない。
  30. 「もし」で考える人ほど、未来が開ける。
    「もし」で考える人ほど、未来が開ける。

同じカテゴリーの作品

ミス防止」の人気記事

1
ヒューマンエラーは、慣れたときに起こる。
ミス防止
ヒューマンエラーは、慣れたときに起こる。
ヒューマンエラーを防ぐ30の方法
2
恥ずかしさを捨てなければ、ヒューマンエラーを撲滅できない。
ミス防止
恥ずかしさを捨てなければ、ヒューマンエラーを撲滅できない。
ヒューマンエラーを防ぐ30の方法
3
ミスをして怒る上司がいる職場ほど、余計にミスが多くなる。
ミス防止
ミスをして怒る上司がいる職場ほど、余計にミスが多くなる。
間違いや失敗のない職場にする30の方法
4
口頭だけの指示は、間違いを増やす。口頭と文書の両方で指示すれば、間違えない。
ミス防止
口頭だけの指示は、間違いを増やす。
口頭と文書の両方で指示すれば、間違えない。
間違いや失敗のない職場にする30の方法
5
頭で覚えているささいなことほど、チェックシートを使って確かめる。
ミス防止
頭で覚えているささいなことほど、チェックシートを使って確かめる。
ヒューマンエラーを防ぐ30の方法
6
失敗しても許してくれるリーダーがいれば、部下は成長する。
ミス防止
失敗しても許してくれるリーダーがいれば、部下は成長する。
間違いや失敗のない職場にする30の方法
7
失敗をする原因は、人ではなく、システムにある。
ミス防止
失敗をする原因は、人ではなく、システムにある。
間違いや失敗のない職場にする30の方法
8
改善すべきは、人ではなく、プロセス。
ミス防止
改善すべきは、人ではなく、プロセス。
ヒューマンエラーを防ぐ30の方法
9
キスをすれば、ヒューマンエラーがなくなる?
ミス防止
キスをすれば、ヒューマンエラーがなくなる?
ヒューマンエラーを防ぐ30の方法
10
人を変えるためには、時間がかかる。システムを変えれば、時間はかからない。
ミス防止
人を変えるためには、時間がかかる。
システムを変えれば、時間はかからない。
間違いや失敗のない職場にする30の方法

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION