公開日:2024年6月9日
執筆者:水口貴博

趣味の素晴らしさに気づく30の言葉

3

全力で趣味を楽しむのも素晴らしい。のんびり趣味を楽しむのも素晴らしい。

全力で趣味を楽しむのも素晴らしい。のんびり趣味を楽しむのも素晴らしい。 | 趣味の素晴らしさに気づく30の言葉

全力で趣味に打ち込む人がいます。

仕事さながらに集中して、時間とお金を惜しみなくたっぷりつぎ込みます。

常にベストを尽くして打ち込んでいます。

趣味の領域を超え、もはや仕事さながらです。

プロの領域に達しています。

それでも飽き足らず、まだまだ趣味を追求しています。

「趣味は極めるもの。全力で打ち込むのがいい。ベストを尽くすからこそ趣味が楽しくなる」という価値観です。

一方、のんびり趣味を楽しむ人もいます。

全力になることはありません。

ほどほどを大切にしていて、人と競争することもありません。

疲れたらすぐ休みます。

趣味は好きですが、本腰を入れて追求することはありません。

本気どころか、時には手を抜きながら楽しみます。

「趣味なんだから肩肘張らずマイペースでやっていこうよ」という価値観です。

どちらが正しいのでしょうか。

どちらも正しいのです。

趣味で大切なことは「楽しむこと」です。

全力で趣味を楽しむのも、マイペースで趣味を楽しむのも、どちらも素晴らしい。

本人が楽しんでいるなら、どちらも充実していることになり、正解なのです。

あなたは全力で楽しむタイプですか。

それとものんびり楽しむタイプですか。

自分に合った取り組み方を見つけると、趣味の楽しみ方がスムーズになります。

あるときは全力で楽しみ、あるときはのんびり楽しむという「混合型」も悪くありません。

取り組み方を、その時々で変えてみるのもありです。

趣味にはルールも制限もないのですから、好きなようにすればいいのです。

「全力で趣味に取り組みなさい」と言ってくる人がいるかもしれません。

逆に「趣味なんだから、のんびりやろうよ」と言ってくる人もいるかもしれません。

人の言葉に惑わされず、自分のやり方を貫きましょう。

その人にとってはそれが正解かもしれませんが、人によって価値観は異なります。

自分の正解は自分で決めるものなのです。

趣味の素晴らしさに気づく言葉(3)
  • 自分に合った取り組み方を見つける。
実益のない趣味は、1つもない。

趣味の素晴らしさに気づく30の言葉

  1. 趣味には、立場や年齢差を超える力がある。
  2. 趣味は、意識してするものではなく、無意識にしてしまうもの。
  3. 全力で趣味を楽しむのも素晴らしい。
    のんびり趣味を楽しむのも素晴らしい。
  4. 実益のない趣味は、1つもない。
  5. 趣味は、心の万能薬。
  6. 次々課題が見つかるのは、趣味がレベルアップしている証拠。
  7. 団体だからといって、楽しめるとは限らない。
    個人だからといって、楽しめないわけでもない。
  8. 趣味を聞かれたときは、堂々と答えるのが良い。
    オタク趣味でもサブカル趣味でも、堂々と答えよう。
  9. 趣味があるだけで、幸せなこと。
  10. 趣味を楽しむことは、自分らしく生きることだ。
  11. こそこそ楽しんでいることこそ、本当の趣味だ。
  12. 10年以上続いている趣味があるとき、気づいてほしいこと。
  13. 人の趣味に対して、否定的なことを言っていないか。
  14. 「そんなの趣味じゃない」と否定されても、ひるまない、落ち込まない。
  15. 人は裏切っても、趣味は裏切らない。
  16. 趣味を一生懸命楽しんでいる人は、ぼけない。
    趣味も楽しみもなく、ぼうっとしている人がぼける。
  17. モチベーションが上がらないときは、趣味に打ち込んでいる自分をイメージしよう。
  18. 変化とチャレンジをためらわないことが、趣味上達のコツ。
  19. なぜ趣味の時間を無駄と思ってはいけないのか。
  20. 趣味に飽きることを、ネガティブに捉えない。
  21. 趣味は狂気になってこそ本望。
    狂気になれるのは、才能があるということだ。
  22. 「多芸は無芸」というが、多芸多才の成功者はいる。
  23. 「楽しいけど大変」は素晴らしい。
    「大変だけど楽しい」はもっと素晴らしい。
  24. 自分が楽しいからといって、人に強要するのはよくない。
  25. 趣味の悩みは、誰もが通る登竜門。
  26. 「そんなことやって何の意味があるんですか」という一言ほど、野暮な質問はない。
  27. 趣味の時間を確保するために、残業や休日出勤はできるだけ断ろう。
  28. 趣味で注意したいのは、夜更かし。
  29. 「何も残らない趣味は無駄」というのは大きな誤解だ。
  30. 趣味のために生きているのではない。
    趣味に生かされているのだ。

同じカテゴリーの作品

2:56

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION