喧嘩した人と仲直りする
30の方法

22
4

気持ちに変化があって握手をするのではなく、
握手をするから気持ちに変化が現れる。

気持ちに変化があって握手をするのではなく、握手をするから気持ちに変化が現れる。 | 喧嘩した人と仲直りする30の方法

アメリカでは日常からよく握手をします。

私がアメリカに留学していたときも、本当によく見かけることができた光景の1つでした。

初めて会ったときや感謝をするときなど自分の気持ちを大きく伝えたいときにスキンシップをすることで、効果的に伝えていきます。

もちろん仲直りのときにも握手で仲直りをします。

仲直りをするから握手をするのではなく、握手をするから仲直りができていました。

握手とはスキンシップを取ることです。

仲が悪くなれば顔も見たくないと思いますが、まず握手をすることで、気持ちに変化が現れます。

実際のいざこざとは裏腹に、握手というスキンシップを取ることで何だか気持ちに一段落ついてしまうのです。

私がアメリカに留学していたころ、まず始まりはホームステイからでした。

初めて経験する異国でしたから、ホームステイのほうが何かと助けてもらえるだろうと思って始めたのですが、これが大変でした。

当然、文化が違います。

食事も笑いの感性も違い、コミュニケーションがうまく取れませんでした。

ホームステイを、当初は3カ月続ける予定でした。

しかし、私のコミュニケーション不足によって家族との間で仲が悪くなり、1カ月で終えてしまうという痛い経験があります。

すれ違いの毎日で、うまくコミュニケーションが取れなかったのです。

今でこそ、あのとき、ホストたちに迷惑をかけてしまったことは申し訳なく思っています。

しかし、当時は生活に必死であり、謝ることや感謝することがおろそかになっていました。

もともと自分で火をつけてしまったトラブルです。

ホストたちと別れるときには、最後に握手したことを覚えています。

「雰囲気が悪いのに、なぜ握手なのだろう」と未熟な私は思っていましたが、握手をするとどういうわけか安心できるのです。

今までの鋭くとがった気持ちが、少し丸くなった瞬間です。

きっとホストたちは握手をすることでお礼の気持ちを言いたかったのだと思います。

私の勝手な行動や発言で、迷惑をかけていましたが、握手をした瞬間に「申し訳ないことをしてしまった」と強く感じたのです。

たった一カ月のホームステイでしたが、今ではいい思い出の1つになっています。

握手とは、してみると、気持ちのいいものです。

恥ずかしい気持ちもありますが、これが仲良くなるためのポイントでもあるのです。

喧嘩した人と仲直りする方法(22)
  • 気持ちの変化のために、とにかく握手をする。
「ごめんなさい」を言いすぎるのは逆効果。

喧嘩した人と仲直りする30の方法
喧嘩した人と仲直りする30の方法

  1. いざこざは、人間関係ではつきもの。
    いざこざは、人間関係ではつきもの。
  2. 仲直りのコツは、謝るだけ。
    仲直りのコツは、謝るだけ。
  3. 謝ることができないのは、プライドがあるから。
    謝ることができないのは、プライドがあるから。
  4. 話を聞くことが、仲直りにつながる。
    話を聞くことが、仲直りにつながる。
  5. いらいらの爆弾は、最初に話を聞くことで爆発させてあげること。
    いらいらの爆弾は、最初に話を聞くことで爆発させてあげること。
  6. 時間を置いてから話をすることで、冷静な判断ができる。
    時間を置いてから話をすることで、冷静な判断ができる。
  7. 自分が悪くなくても謝れるから、人間関係がうまくいく。
    自分が悪くなくても謝れるから、人間関係がうまくいく。
  8. 後になるほど、謝りづらくなる。
    後になるほど、謝りづらくなる。
  9. 悪くなくても謝れることを「謙虚」という。
    悪くなくても謝れることを「謙虚」という。
  10. 向かい合うのが恥ずかしいときは、電話やメールがある。
    向かい合うのが恥ずかしいときは、電話やメールがある。
  11. 相手の意見を受け入れておかないと、自分の意見も受け入れてもらえない。
    相手の意見を受け入れておかないと、自分の意見も受け入れてもらえない。
  12. 友人と一度は喧嘩をしておかないと、本当に仲良くなれない。
    友人と一度は喧嘩をしておかないと、本当に仲良くなれない。
  13. 本音で話しあわないと、仲直りはいつまで経ってもできない。
    本音で話しあわないと、仲直りはいつまで経ってもできない。
  14. 執着が大きいほど、喧嘩もしやすくなってしまう。
    執着が大きいほど、喧嘩もしやすくなってしまう。
  15. なかなか言えない言葉こそ、相手が一番聞きたい言葉。
    なかなか言えない言葉こそ、相手が一番聞きたい言葉。
  16. 揉める結果があるからには、必ず原因がある。
    揉める結果があるからには、必ず原因がある。
  17. 謝ることは、1つの競争。
    謝ることは、1つの競争。
  18. 「すみません」を「ありがとう」に置き換えてみよう。
    「すみません」を「ありがとう」に置き換えてみよう。
  19. 気づかないうちに避けられているときは、なぜなのかを尋ねてみる。
    気づかないうちに避けられているときは、なぜなのかを尋ねてみる。
  20. 悪化する前に手を打たないと、取り返しが大変になる。
    悪化する前に手を打たないと、取り返しが大変になる。
  21. わかり合おうとしない人は、友人はできても続かない。
    わかり合おうとしない人は、友人はできても続かない。
  22. 気持ちに変化があって握手をするのではなく、握手をするから気持ちに変化が現れる。
    気持ちに変化があって握手をするのではなく、握手をするから気持ちに変化が現れる。
  23. 「ごめんなさい」を言いすぎるのは逆効果。
    「ごめんなさい」を言いすぎるのは逆効果。
  24. ささいなことほど謝れる人は、人間関係を大切にしている人。
    ささいなことほど謝れる人は、人間関係を大切にしている人。
  25. 忙しくなれば、いらいらも忘れることができる。
    忙しくなれば、いらいらも忘れることができる。
  26. 「客観的な目」を持つと、トラブルを未然に防ぐことができる。
    「客観的な目」を持つと、トラブルを未然に防ぐことができる。
  27. 便利になりすぎたから、不便になってしまった。
    便利になりすぎたから、不便になってしまった。
  28. 強い欲を持ちすぎると、喧嘩をしやすい性格になってしまう。
    強い欲を持ちすぎると、喧嘩をしやすい性格になってしまう。
  29. 他人を見下す口癖が、トラブルを作りがちになる。
    他人を見下す口癖が、トラブルを作りがちになる。
  30. 仲直りは、器を大きくするチャンスとなる。
    仲直りは、器を大きくするチャンスとなる。

同じカテゴリーの作品

3:14

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION