執筆者:水口貴博

喧嘩した人と仲直りする
30の方法

1
14

いざこざは、
人間関係ではつきもの。

いざこざは、人間関係ではつきもの。 | 喧嘩した人と仲直りする30の方法

人間関係では必ずいざこざが発生します。

ささいなことからめ始めることもあれば、大きな事故から喧嘩に至ることもあります。

日本のことわざで『十人十色』という言葉もあるくらい、人が10人いれば10とおりの人が存在します。

違うもの同士が星の数ほど存在するこの世において、考え方がぶつからないことのほうがおかしい。

人間関係では、他人と衝突することは日常茶飯事であり、当然のつきものなのです。

仲直りは、生きていくうえで必要になってくる人間的技能の1つです。

仲直りができるようにならないと、常に衝突ばかりしてしまい人間関係を乗り越えていくことはできません。

これほど大切なテーマだというのに、学校ではほとんどそのことについては教えてくれません。

喧嘩をすることが悪いことですから、仲直りも誰かが喧嘩をしないかぎり積極的になって教えようとしないのです。

喧嘩をすることは、たしかによいことではありません。

しかし、その反面、喧嘩なしの人生もあり得ないのです。

誰しも必ず経験する人間関係のトラブルは、仲直りの方法を知っておかないと、大人になったときにさらに困ってしまうのです。

喧嘩した人と仲直りする方法(1)
  • 揉めることは、人間関係ではつきものだと考える。
仲直りのコツは、謝るだけ。

喧嘩した人と仲直りする30の方法
喧嘩した人と仲直りする30の方法

  1. いざこざは、人間関係ではつきもの。
    いざこざは、人間関係ではつきもの。
  2. 仲直りのコツは、謝るだけ。
    仲直りのコツは、謝るだけ。
  3. 謝ることができないのは、プライドがあるから。
    謝ることができないのは、プライドがあるから。
  4. 話を聞くことが、仲直りにつながる。
    話を聞くことが、仲直りにつながる。
  5. いらいらの爆弾は、最初に話を聞くことで爆発させてあげること。
    いらいらの爆弾は、最初に話を聞くことで爆発させてあげること。
  6. 時間を置いてから話をすることで、冷静な判断ができる。
    時間を置いてから話をすることで、冷静な判断ができる。
  7. 自分が悪くなくても謝れるから、人間関係がうまくいく。
    自分が悪くなくても謝れるから、人間関係がうまくいく。
  8. 後になるほど、謝りづらくなる。
    後になるほど、謝りづらくなる。
  9. 悪くなくても謝れることを「謙虚」という。
    悪くなくても謝れることを「謙虚」という。
  10. 向かい合うのが恥ずかしいときは、電話やメールがある。
    向かい合うのが恥ずかしいときは、電話やメールがある。
  11. 相手の意見を受け入れておかないと、自分の意見も受け入れてもらえない。
    相手の意見を受け入れておかないと、自分の意見も受け入れてもらえない。
  12. 友人と一度は喧嘩をしておかないと、本当に仲良くなれない。
    友人と一度は喧嘩をしておかないと、本当に仲良くなれない。
  13. 本音で話しあわないと、仲直りはいつまで経ってもできない。
    本音で話しあわないと、仲直りはいつまで経ってもできない。
  14. 執着が大きいほど、喧嘩もしやすくなってしまう。
    執着が大きいほど、喧嘩もしやすくなってしまう。
  15. なかなか言えない言葉こそ、相手が一番聞きたい言葉。
    なかなか言えない言葉こそ、相手が一番聞きたい言葉。
  16. 揉める結果があるからには、必ず原因がある。
    揉める結果があるからには、必ず原因がある。
  17. 謝ることは、1つの競争。
    謝ることは、1つの競争。
  18. 「すみません」を「ありがとう」に置き換えてみよう。
    「すみません」を「ありがとう」に置き換えてみよう。
  19. 気づかないうちに避けられているときは、なぜなのかを尋ねてみる。
    気づかないうちに避けられているときは、なぜなのかを尋ねてみる。
  20. 悪化する前に手を打たないと、取り返しが大変になる。
    悪化する前に手を打たないと、取り返しが大変になる。
  21. わかり合おうとしない人は、友人はできても続かない。
    わかり合おうとしない人は、友人はできても続かない。
  22. 気持ちに変化があって握手をするのではなく、握手をするから気持ちに変化が現れる。
    気持ちに変化があって握手をするのではなく、握手をするから気持ちに変化が現れる。
  23. 「ごめんなさい」を言いすぎるのは逆効果。
    「ごめんなさい」を言いすぎるのは逆効果。
  24. ささいなことほど謝れる人は、人間関係を大切にしている人。
    ささいなことほど謝れる人は、人間関係を大切にしている人。
  25. 忙しくなれば、いらいらも忘れることができる。
    忙しくなれば、いらいらも忘れることができる。
  26. 「客観的な目」を持つと、トラブルを未然に防ぐことができる。
    「客観的な目」を持つと、トラブルを未然に防ぐことができる。
  27. 便利になりすぎたから、不便になってしまった。
    便利になりすぎたから、不便になってしまった。
  28. 強い欲を持ちすぎると、喧嘩をしやすい性格になってしまう。
    強い欲を持ちすぎると、喧嘩をしやすい性格になってしまう。
  29. 他人を見下す口癖が、トラブルを作りがちになる。
    他人を見下す口癖が、トラブルを作りがちになる。
  30. 仲直りは、器を大きくするチャンスとなる。
    仲直りは、器を大きくするチャンスとなる。

同じカテゴリーの作品

トラブル対処」の人気記事

1
他人の態度を変えさせるのは、実は簡単。
トラブル対処
他人の態度を変えさせるのは、実は簡単。
対人関係のストレスが小さくなる30のスキル
2
完璧な人は1人もいない。だからおおらかになろう。
トラブル対処
完璧な人は1人もいない。
だからおおらかになろう。
対人関係のストレスが小さくなる30のスキル
3
損得や勝ち負けを意識しているうちは、まだ自己保身にこだわっている証拠。
トラブル対処
損得や勝ち負けを意識しているうちは、まだ自己保身にこだわっている証拠。
喧嘩と仲直りの30の名言
4
悪くないときこそ、謝ろう。
トラブル対処
悪くないときこそ、謝ろう。
対人関係のストレスが小さくなる30のスキル
5
小さくてもいい。まずは明るくなることから始めよう。
トラブル対処
小さくてもいい。
まずは明るくなることから始めよう。
対人関係のストレスが小さくなる30のスキル
6
自意識過剰は自分だけ。みんな、あなたのことは気にしていない。
トラブル対処
自意識過剰は自分だけ。
みんな、あなたのことは気にしていない。
勧誘をうまく断る30の方法
7
すべての喧嘩の原因は「理解不足」から生まれる。
トラブル対処
すべての喧嘩の原因は「理解不足」から生まれる。
喧嘩をしない30の方法
8
落ち込む原因は2つのみ。能力と存在。
トラブル対処
落ち込む原因は2つのみ。
能力と存在。
落ち込んでいる人を元気づける30の方法
9
相手の心の中まではわからない。「わかる」は禁句。
トラブル対処
相手の心の中まではわからない。
「わかる」は禁句。
落ち込んでいる人を元気づける30の方法
10
「仲直りはできない」と思っているうちは、仲直りができない。「仲直りはできる」と思うから、仲直りができる。
トラブル対処
「仲直りはできない」と思っているうちは、仲直りができない。
「仲直りはできる」と思うから、仲直りができる。
喧嘩と仲直りの30の名言

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION