人生の教科書



金銭感覚
使う目的がないと、お金は意味がない。
金銭感覚
お金は銀行に蓄えるのではなく、知識や知恵に変えて頭の中に蓄える。
金銭感覚
お金は、薬以上に強力な精神安定剤。
金銭感覚
自分のお金で勉強すると、よく身につく。
金銭感覚
節約をして、性格が悪くなっては元も子もない。
金銭感覚
見栄のためにお金を使うと、失敗する。
金銭感覚

学校では教えてくれない
30のお金の考え方

お気に入り18 読んだ
28

貯金のときには、
目的と金額を決めておくこと。

貯金のときには、目的と金額を決めておくこと。 | 学校では教えてくれない30のお金の考え方

むやみに貯金をしていると、守りの人生になります。

  • 「もしものときのために」

そう思っていると、お金を使うことを控えるという保守的な構えになります。

もちろん貯金をすることは悪いことではありません。

 

たしかに将来は何が起こるかは分かりません。

思わぬ病に倒れるかもしれない。

あるとき突然の事故に遭うかもしれない。

本当の将来は、将来になってみないと分かりません。

もしものときのためにお金を貯めることは悪いことではなく、必要なことです。

 

しかし、貯金をするなら、最初に「目的」と「金額」を決めておくことが大切です。

「何のために貯めるのか」という目的。

「どのくらい貯めるのか」という目標。

目的と目標を決めておかないと、際限なく貯金を続ける一方になります。

私は現在、貯金に上限を設けています。

目的は突然の病に倒れたときの費用を上限として貯金するようにしています。

上限以上貯まりそうなときは、どんどん使うようにしています。

ずっと貯金を続けていると自分の楽しみのために使うことができないため、上限を作って目安にしています。

もちろん既婚者や子持ちとなると、また貯金の上限も変わるはずです。

独立をするために貯金をしている人、結婚のために貯金をしている人、贈り物のために貯金をする人など、いろいろいます。

大事なことは、自分の立場にかかわらず、貯金の「目的」と「金額」をしっかり決めておくことです。

自分なりに「今、何のために貯金をしているのか」「どのくらいまでためるつもりなのか」をはっきり決めておきましょう。

「何が起こるか分からない」と思って際限なく貯金を続けていると、お金を使って楽しむ前に人生が終わってしまいます。

まとめ

学校では教えてくれないお金の考え方 その28
  • 貯金は、
    目的と金額を決めておく。
お金の失敗は早いうちにさせておくこと。
大人になってからのお金の失敗は痛い。

もくじ
(学校では教えてくれない30のお金の考え方)

同じカテゴリーの作品