金銭感覚

学校では教えてくれない
30のお金の考え方

読んだ お気に入り19
11

見栄のためにお金を使うと、
失敗する。

見栄のためにお金を使うと、失敗する。 | 学校では教えてくれない30のお金の考え方

お金は、自分の人生を豊かにするために使うことです。

お金を使って自分が幸せになれるなら、迷うことなく使うことです。

お金を使うときの基準は「自分がハッピーになれるかどうか」です。

食べ物、着る物、使う物など、そうした物を購入するとき、購入した後の自分はハッピーになれるかどうかを基準に考えます。

自分がこれを所持することで嬉しくなり、ハッピーな生活を送れそうだなと思うなら、買います。

自分の生活向上に対して使われているので、OKです。

 

しかし、気をつけてほしいのは、人目を気にした購入です。

「この本を持てば、尊敬されそうだな」

「高級車を持っていれば、すごいと言われそうだな」

「高級ブランド品を身につければ、かっこいいと思われるだろうな」

もちろんそうした高級品を持つのが悪いわけではありません。

お金持ちは、高級品を買えばいいのです。

収入に見合っていますから、分相応です。

 

しかし、適した収入もないのに、単によく見られたいからという動機で高級品に手を出すのは、要注意です。

自分がハッピーになることより、自分をよく見せようとする見えに、お金を使ってしまっています。

人目を気にすると、どうも必要のないお金を使ってしまうのが人間です。

身の丈に合っていない買い物のため、家計が傾くのです。

賢い人は、自分の人生を歩みます。

決して周りの人に流されず気にしません。

自分が一番楽しく嬉しくハッピーになれることに気を向けています。

人の目を気にしているのは、自分の人生を歩んでいるようで実は「周りの人に振り回されている人生」でしかないのです。

まとめ

学校では教えてくれないお金の考え方 その11
  • 見栄のために、お金を使うのはやめる。
自分のお金で勉強すると、よく身につく。

もくじ
学校では教えてくれない30のお金の考え方
見栄のためにお金を使うと、失敗する。 | 学校では教えてくれない30のお金の考え方

  1. 世の中の不思議。
    学校では、お金については教えてくれない。
  2. お金は、物々交換から誕生した。
  3. お金とは、世界共通の交換手段。
  4. お金を上手に使える人は、人生を上手に生きられる人。
  5. 清貧を心がけよう。
  6. 使う目的がないと、お金は意味がない。
  7. お金は、薬以上に強力な精神安定剤。
  8. お金を持っているから、みんなから好かれるわけではない。
    お金を使うときの態度が重要。
  9. 節約をして、性格が悪くなっては元も子もない。
  10. お金がまとまって入ってきたときほど、時間を置いて頭を冷やす。
  11. 見栄のためにお金を使うと、失敗する。
  12. 自分のお金で勉強すると、よく身につく。
  13. お金は、英語以上の世界共通語。
    世界の掛け橋になっている。
  14. お金の痛みが、その人の強さに変わる。
  15. お金は、心の余裕。
  16. お金という道具そのものに、人生をかけてしまっている人がいる。
  17. 「けち」と思われる贈り物は逆効果。
    高いほうを選んでおけば間違いない。
  18. お金は働いて得られるもの。
    決してもらうものではない。
  19. 1万円多く稼ぐことより、1万円節約するほうが簡単に感じられる。
  20. 本には、見えない原価がある。
  21. 健康運は、金運とつながっている。
  22. お金は銀行に蓄えるのではなく、知識や知恵に変えて頭の中に蓄える。
  23. 「儲かる」といううまい話には絶対に乗らない。
    お金に絶対はない。
  24. この世は、お金中心で回っている世界。
    お金で解決できることのほうが多い世の中だ。
  25. お金に苦労しない人ほど「給料」より「成長」を欲しがっている。
  26. ギャンブルは、負けるようにできている。
  27. ギャンブルは「儲けたい金額」より「損をしていい金額」を決めてから始めること。
  28. 貯金のときには、目的と金額を決めておくこと。
  29. お金の失敗は早いうちにさせておくこと。
    大人になってからのお金の失敗は痛い。
  30. お金を気持ちに変えよう。
    プレゼントをして感謝をすれば、もっと幸せになれる。

同じカテゴリーの作品