会話

雑談が上手な人と下手な人の
30の違い

読んだ お気に入り8
10

雑談が下手な人は、
本音が少なく、
建前が多い。
雑談が上手な人は、
建前が少なく、
本音が多い。

雑談が下手な人は、本音が少なく、建前が多い。雑談が上手な人は、建前が少なく、本音が多い。 | 雑談が上手な人と下手な人の30の違い

雑談では、本音と建前の使い分けが重要です。

本音ばかりで話せばいいわけではありません。

会話を円滑にするには、時には建前を活用して、スムーズに進める必要があります。

時にはきれい事を言うこともあれば、時には本音で話すこともあるでしょう。

「響きのいい建前」と「核心をついた本音」を上手に使い分けることで、円滑な人間関係が実現します。

もちろんビジネスなら的確に使い分けるべきですが、プライベートの雑談となると、少し事情が変わります。

あくまで雑談なら、堅苦しい形式にこだわりすぎないほうがいいでしょう。

雑談で大切なのは「本音と建前の割合」です。

雑談が下手な人は、本音が少なく、建前が多い。

建前の言葉ばかりを述べるので、穏便に話をすることはできます。

 

しかし、あくまで表向きのきれい事であり、本心の言葉ではありません。

当たり障りのない言葉には、当たり障りのない返事になるでしょう。

「きっと未来は明るいよ」

「どんな努力も、最後は報われる」

「ずっと続けていれば、いつか夢が実現するよ」

陳腐な一言は心に響きません。

言いたいことは分かりますが、平凡な建前では説得力がありません。

相手も「そうですね」などの平凡な返事しかできないでしょう。

建前ばかりでは浅い会話しかできないため、雑談が盛り上がりにくいのです。

 

一方、雑談が上手な人は違います。

雑談が上手な人は、建前が少なく、本音が多い。

建前の話も大切ですが、もっと大切なのは本音です。

本音だからこそ相手の心に響きます。

「未来は自分で作るものでしょう。ぼうっとしているだけでは何も変わらないよ」

「どんな夢でも実現するとは限らない。自分の適性を見極めてこそ、才能は開花する」

「努力が報われるという考え方は自分を苦しめるだけ。言葉の響きに踊らされている。大切なのは、好きかどうかでしょう」

本音で話すから、相手も心を開き、お互い本音で話せるようになります。

できるだけ建前を減らしましょう。

できるだけ本音を増やしましょう。

心の内をさらけ出すからこそ、雑談が活性化されます。

まとめ

雑談が上手な人と下手な人の違い その10
  • 雑談では、できるだけ建前を減らし、本音を増やす。
雑談が下手な人は、偉そうで威張った話し方。
雑談が上手な人は、謙虚で優しい話し方。

もくじ
雑談が上手な人と下手な人の30の違い
雑談が下手な人は、本音が少なく、建前が多い。雑談が上手な人は、建前が少なく、本音が多い。 | 雑談が上手な人と下手な人の30の違い

  1. 雑談が下手な人は、会話がドッジボール。
    雑談が上手な人は、会話がキャッチボール。
  2. 雑談が下手な人は、1回の話が長く、テンポも悪い。
    雑談が上手な人は、1回の話が短く、テンポがよい。
  3. 雑談が下手な人は、会話中、無表情になっている。
    雑談が上手な人は、会話中、にこにこしている。
  4. 雑談が下手な人は「盛り上げるには面白い一言が必要」と思っている。
    雑談が上手な人は「面白い一言がなくても盛り上げることは可能」と思っている。
  5. 雑談が下手な人は、まず否定する癖がある。
    雑談が上手な人は、まず肯定する習慣がある。
  6. 雑談が下手な人は、暗い話を暗く話す。
    雑談が上手な人は、暗い話でも明るく話す。
  7. 雑談が下手な人は、つまらない冗談に白ける。
    雑談が上手な人は、つまらない冗談でも大笑いする。
  8. 雑談が下手な人は、人づての話が多い。
    雑談が上手な人は、実体験の話が多い。
  9. 雑談が下手な人は、声の大きさに無頓着。
    雑談が上手な人は、状況に応じて調整する。
  10. 雑談が下手な人は、本音が少なく、建前が多い。
    雑談が上手な人は、建前が少なく、本音が多い。
  11. 雑談が下手な人は、偉そうで威張った話し方。
    雑談が上手な人は、謙虚で優しい話し方。
  12. 雑談が下手な人は、返事が思いつくまで黙る。
    雑談が上手な人は、ひとまずすぐ返事をする。
  13. 雑談が下手な人は、少しでも気になる点があれば、話を止める。
    雑談が上手な人は、少々気になる点があっても、話を止めない。
  14. 雑談が下手な人は、手遊びや貧乏揺すりが多い。
    雑談が上手な人は、相槌やボディーランゲージが多い。
  15. 雑談が下手な人は、とにかく言葉で伝えようとする。
    雑談が上手な人は、あらゆる表現で伝えようとする。
  16. 雑談が下手な人は、淡々とした話し方をする。
    雑談が上手な人は、感情を込めた話し方をする。
  17. 雑談が下手な人は、過去の話ばかり話す。
    雑談が上手な人は、現在や未来の話を話す。
  18. 雑談が下手な人は、正しい言葉を言う。
    雑談が上手な人は、相手が言ってほしい言葉を言う。
  19. 雑談が下手な人は、遠くの話題が多い。
    雑談が上手な人は、近くの話題が多い。
  20. 雑談が下手な人は、想像力を働かせる。
    雑談が上手な人は、妄想力を働かせる。
  21. 雑談が下手な人は、場の空気を読まず、壊す。
    雑談が上手な人は、場の空気を読んで、なじむ。
  22. 雑談が下手な人は、話題を広げるしかできない。
    雑談が上手な人は、話題を広げるだけでなく、深めることもできる。
  23. 雑談が下手な人は、コンプレックスに悲観的な対応をする。
    雑談が上手な人は、コンプレックスに楽観的な対応をする。
  24. 雑談が下手な人は、クイズが抽象的で、なかなか正解を言わない。
    雑談が上手な人は、クイズが具体的で、じらさず正解を言う。
  25. 雑談が下手な人は、相手の話を奪い、むっとされる。
    雑談が上手な人は、相手の話に集中して、どんどん盛り上げる。
  26. 雑談が下手な人は、強引に話をまとめようとする。
    雑談が上手な人は、自然な状態を楽しむ。
  27. 雑談が下手な人は、途中で脱線した話を無理やり戻す。
    雑談が上手な人は、話が脱線してもそのまま進める。
  28. 雑談が下手な人は、盛り上がっている途中でトイレに行く。
    雑談が上手な人は、区切りのよいところでトイレに行く。
  29. 雑談が下手な人は、普通に話し始める。
    雑談が上手な人は、引きつける一言から話し始める。
  30. 雑談が下手な人は、世間の常識で話す。
    雑談が上手な人は、自分の考えで話す。

同じカテゴリーの作品