人付き合いがうまくなる
30のマナー

9
11

「本物の敬語」は難しい。
「丁寧語」を話せるだけでいい。

「本物の敬語」は難しい。「丁寧語」を話せるだけでいい。 | 人付き合いがうまくなる30のマナー

学生から社会へ出たときの大きな違いに「敬語」があります。

敬語の習得には、少し時間がかかります。

慣れれば簡単ですが、少し経験量が必要です。

最初から完璧な敬語を話そうとすると、慣れていないため、話し方が不自然になるでしょう。

たしかにコミュニケーションを円滑に行うことは大切です。

相手のほうが地位が上の場合、敬意を意識したコミュニケーションが必要です。

「敬語」という字は「敬意を払う語」と書きます。

相手に敬意の念を込めて使う言葉が「敬語」です。

しかし、これがそう単純でもありません。

私も20代になってわかったことなのですが、完璧な敬語を話されると、実は結構困ります。

話しにくいのです。

若い人でも、敬語が上手な人がいます。

「どこで、誰に習ったのかな」と思うくらいに上手な人がいますが、実は逆にコミュニケーションが取りにくくなります。

お堅い敬語は、お堅い雰囲気になってしまうのです。

円滑にコミュニケーションすることが、一番大切です。

しかし、敬語そのものが、時には「円滑さ」の障害になってしまうときがあるのです。

そのときです。

「敬語は、本当に難しいなあ」と痛感しました。

話せればよい、という問題ではないのです。

私はアメリカ留学中に、たくさんの大人の人と出会いました。

やはり大人には、敬語で話すのがマナーです。

それで、私が固い敬語で話すときによく言われました。

「そんな固い敬語使ったら、何も話せない」と、言われるのです。

だからとはいえ、砕けた口調で話せば「偉そうだ」と言われます。

私は困りました。

「日本語は、難しいな」と思いました。

そこで、別の大人の人に相談すると「丁寧に話せれば、それでいい」と言われました。

相手に対して、丁寧になる。

それが「丁寧語」です。

初対面の相手に対しては、とりわけ丁寧になることです。

丁寧は、失礼ではありません。

マナーの基本は「相手の気分を害さないこと」です。

たとえ敬語でも、固すぎて相手の気分を害してしまうと、マナー違反になります。

だからこそ、敬語習得の前に、相手に丁寧になる言葉を話せるようになるだけでうまくいきます。

丁寧に話せるようになってから、敬語を使えるようになるのが正しい順番です。

「お話をされたことがおありなのですか」より「お話をされたことがあるのですか」のほうがいいでしょう。

「今日のご予定をお聞かせ願います」より「今日の予定を教えてください」のほうが普通に丁寧な印象を受けます。

「先日は押し付けがましくお伺いし、申し訳ございません」より「先日はずうずうしく尋ねてしまってすみません」でいいのです。

柔らかい丁寧語のおかげで、相手も返事がしやすくなるのです。

人付き合いがうまくなるマナー(9)
  • 丁寧語を話す。
キャッチが入り、途中で電話を切ったら、面倒でも折り返し電話する。

人付き合いがうまくなる30のマナー
人付き合いがうまくなる30のマナー

  1. マナーを学ぶためには、手本を見つけることが大切。
    マナーを学ぶためには、手本を見つけることが大切。
  2. 身の回りの人から、マナーのいい面だけを取捨選択すればいい。
    身の回りの人から、マナーのいい面だけを取捨選択すればいい。
  3. マナーには、共通点がある。
    マナーには、共通点がある。
  4. 友人を無理やり誘わない。<br>友人がやりたくないときは、そっとしてあげよう。
    友人を無理やり誘わない。
    友人がやりたくないときは、そっとしてあげよう。
  5. 話しかけるタイミングに、センスが表れる。<br>ずうずうしく会話に割り込まない。
    話しかけるタイミングに、センスが表れる。
    ずうずうしく会話に割り込まない。
  6. 「アケオメ、コトヨロ」で友人はがっかりする。<br>言葉を省略すると、気持ちまで省略される。
    「アケオメ、コトヨロ」で友人はがっかりする。
    言葉を省略すると、気持ちまで省略される。
  7. メールは、長く打ちすぎると、かえって長続きしなくなる。
    メールは、長く打ちすぎると、かえって長続きしなくなる。
  8. 名刺を渡すときにフルネームを声に出すと、名前を覚えてもらえる。
    名刺を渡すときにフルネームを声に出すと、名前を覚えてもらえる。
  9. 「本物の敬語」は難しい。<br>「丁寧語」を話せるだけでいい。
    「本物の敬語」は難しい。
    「丁寧語」を話せるだけでいい。
  10. キャッチが入り、途中で電話を切ったら、面倒でも折り返し電話する。
    キャッチが入り、途中で電話を切ったら、面倒でも折り返し電話する。
  11. プレゼントのヒントは、雑談にある。
    プレゼントのヒントは、雑談にある。
  12. 言葉より、態度のほうが、気持ちが伝わる。
    言葉より、態度のほうが、気持ちが伝わる。
  13. 目、顔、体を向ける人は、好印象を持たれる。
    目、顔、体を向ける人は、好印象を持たれる。
  14. 舌打ちが、他人の気分を悪くさせてしまう。
    舌打ちが、他人の気分を悪くさせてしまう。
  15. お金を貸すときは、あげてしまうと楽になる。<br>できなければ貸さないこと。
    お金を貸すときは、あげてしまうと楽になる。
    できなければ貸さないこと。
  16. メモを取りながら話を聞くと、相手の姿勢が変わる。
    メモを取りながら話を聞くと、相手の姿勢が変わる。
  17. 約束を破る人は、信用できない人。<br>お酒の場では、約束しない。
    約束を破る人は、信用できない人。
    お酒の場では、約束しない。
  18. 予定変更のマナーは、前倒しにすること。
    予定変更のマナーは、前倒しにすること。
  19. 「~なんだけど」で終わる会話より「~です」で終わる会話が気持ちいい。
    「~なんだけど」で終わる会話より「~です」で終わる会話が気持ちいい。
  20. 運転手の暴言が、乗っている人まで気分を悪くさせてしまう。
    運転手の暴言が、乗っている人まで気分を悪くさせてしまう。
  21. コミュニケーションの基本は、キャッチボール。<br>一方的な会話はやめよう。
    コミュニケーションの基本は、キャッチボール。
    一方的な会話はやめよう。
  22. ねぎらいの言葉は「ご苦労様」ではなく「お疲れ様」のほうがいい。
    ねぎらいの言葉は「ご苦労様」ではなく「お疲れ様」のほうがいい。
  23. 知らない人がいるときは、雰囲気が固くなる。<br>紹介すると、雰囲気が柔らかくなる。
    知らない人がいるときは、雰囲気が固くなる。
    紹介すると、雰囲気が柔らかくなる。
  24. 香水は、強すぎないことが大切。
    香水は、強すぎないことが大切。
  25. 夜中に電話をするときは「夜分に恐れ入ります」から始める。
    夜中に電話をするときは「夜分に恐れ入ります」から始める。
  26. 「ごめんなさい」が言えることは、人付き合いの基本マナー。
    「ごめんなさい」が言えることは、人付き合いの基本マナー。
  27. 言い訳をして、いいわけがない。
    言い訳をして、いいわけがない。
  28. 返事ができる人はモテる。<br>返事上手は、付き合い上手。
    返事ができる人はモテる。
    返事上手は、付き合い上手。
  29. 報告・連絡・相談をまめにする人が、信用される。
    報告・連絡・相談をまめにする人が、信用される。
  30. 信用は、人付き合いの大切なマナー。
    信用は、人付き合いの大切なマナー。

同じカテゴリーの作品

3:48
related

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION