復縁

まとめ
(振られた後、復縁のアプローチをする30の方法)
まとめ | 振られた後、復縁のアプローチをする30の方法

  • 復縁の意味をきちんと理解する。
  • 振られた後の復縁を、諦めない。
  • 悪い復縁ではなく、よい復縁を目指す。
  • 本当に復縁をしたい気持ちがあるのか、よく自分に問いかける。
  • すでに相手がほかの人と付き合っているなら、潔く諦める。
  • 自分の良心が許すなら、第三者の協力も検討する。
  • 復縁は、振られた直後より、少し時間をあけてからにする。
  • 復縁のすべてにおいて、焦らない。
  • たくさん遊んで、心に余裕を作る。
  • 復縁を考えるときは、誠意を一番大切にする。
  • 別れた原因を突き止め、復縁を切り出す前に、できるだけ改善しておく。
  • 復縁のアプローチは、バレンタインやクリスマスの前を狙う。
  • 復縁を迫るときは、できるだけ直接会って話すようにする。
  • 「会う」というキーワードに抵抗があるなら、別の口実で誘ってみる。
  • 最低限、整った身だしなみを心がける。
  • できれば次のターゲットを見つけておく。
  • 復縁を切り出すときは、落ち着いて話せる場所を選ぶ。
  • 反省の言葉は、省略せず、きちんと伝える。
  • 復縁したい理由は、自己都合や自己中心的な内容ではなく、愛情が感じられる内容にする。
  • しっかり情熱が伝わる言葉を使う。
  • 復縁のアプローチでは「1人になって、あなたの存在の大きさに気づいた」といったニュアンスの内容で説得する。
  • 相手が嫌がっていたことはしないと約束をして、説得する。
  • 相手の弱みにつけ込んだ方法で復縁のアプローチをしない。
  • 復縁で会って話すとき、余裕があれば、復縁したい気持ちを込めた手紙を渡す。
  • 復縁を迫ったとき、拒否の一点張りでも、相手を憎んだり怒ったりしない。
  • 保留の要求があっても、せかさないようにする。
  • 際限なく復縁のアプローチをするのではなく、手応えがなければ、潔く諦める。
  • 不可能な復縁は、最初から諦める。
  • 復縁が無理だと分かれば、潔く諦め、新しい道を歩むようにする。
  • すでに相手がほかの人と付き合っているときは、友達として関係を続け、相手の破局のチャンスを待つ。

同じカテゴリーの作品