復縁

振られた後、
復縁のアプローチをする
30の方法

読んだ お気に入り0
22

復縁の成功率を上げる約束とは。

復縁の成功率を上げる約束とは。 | 振られた後、復縁のアプローチをする30の方法

復縁の成功率を上げる約束があります。

「相手が嫌がっていたことはしない」という約束です。

元恋人と付き合っていたとき、相手がどんなことを嫌がっていたのか思い出してください。

思い出せば、復縁の話し合いのとき、相手が嫌がっていたことはしないと約束しましょう。

 

たとえば、嘘をついて困らせていたなら「これからは嘘をつかない」と誓います。

身勝手な行動で迷惑をかけていたなら「独りよがりな行動は慎む」と約束します。

暴言で相手を不快にさせていたなら「今度は丁寧な言葉遣いを心がける」と説得するといいでしょう。

相手が嫌がっていたことが2つあれば2つ約束して、3つあれば3つ約束します。

復縁のアプローチでは、相手が断る理由を1つでも減らすようにします。

断る理由がなくなれば、相手は復縁への抵抗感が小さくなるため、OKしやすくなります。

あえて「嫌がっていたことはしない」という意志表示をすることが大切です。

本気であることが伝わり、相手の心を動かします。

口約束だけで十分ですが、さらに説得力を高めたければ、書面にして見せてもいいでしょう。

少々堅苦しいですが、わざわざ書面にする様子から強い決意が伝わり、相手の心を動かせます。

少なくとも書面がプラスに働くことはあっても、マイナスに働くことはないはずです。

当然ですが、約束だけで終わらせるのではなく、きちんと約束を守ることも大切です。

約束を破ったときのペナルティーの話もしておけば、さらに不安が減るため、ますます相手の心を動かせます。

まとめ

振られた後、復縁のアプローチをする方法 その22
  • 相手が嫌がっていたことはしないと約束をして、説得する。
相手の弱みにつけ込んだ復縁は、卑劣な行為であり、犯罪。

もくじ
振られた後、復縁のアプローチをする30の方法
復縁の成功率を上げる約束とは。 | 振られた後、復縁のアプローチをする30の方法

  1. 復縁とは何か。
  2. 振られた後の復縁を、諦めない。
  3. 復縁には2種類ある。
    よい復縁と悪い復縁。
  4. 本当に復縁をしたいのか、よく確認する。
  5. すでに相手がほかの人と付き合っているとき。
  6. 復縁をするとき、第三者に協力を求めるのはありか。
  7. 振られた直後の復縁は難しい。
  8. 復縁の成功率を上げたければ、焦らないこと。
  9. 復縁には、心に余裕が必要。
    余裕を作る方法とは。
  10. 復縁で一番大切なのは、誠意。
  11. 別れた原因が改善されないまま復縁を切り出しても、断られる可能性は高い。
  12. 復縁のタイミングは、バレンタインやクリスマスの前が狙い目。
  13. 復縁したい気持ちを伝えるには、どんな手段が適切なのか。
  14. 「会う」という言葉を使わずに誘うのも、いいアイデア。
  15. 身だしなみで、復縁の成功率が変わる。
  16. できれば、次のターゲットがいると安心。
  17. 復縁の成功率は、話し合う場所で変わる。
  18. 反省の言葉は、省略せず、丁寧に伝える。
  19. 自己中心的な理由は、復縁の成功率を下げるだけでなく、嫌われてしまう。
  20. 復縁のアプローチでは、情熱が伝わる言葉を使おう。
  21. どんな復縁でも使える、定番のセリフ。
  22. 復縁の成功率を上げる約束とは。
  23. 相手の弱みにつけ込んだ復縁は、卑劣な行為であり、犯罪。
  24. 手紙を使えば、復縁の成功率を高められる。
  25. 相手が復縁に取り合ってくれなくても、感情的にならないこと。
  26. 保留の要求があっても、せかさない。
  27. 復縁は、複数回アプローチしてもいい。
  28. 世の中には、どんなに努力しても、不可能な復縁も存在する。
  29. 復縁が無理だと分かっただけでも収穫。
  30. よい友達関係を続けていれば、復縁のチャンスに恵まれることもある。

同じカテゴリーの作品