復縁

振られた後、
復縁のアプローチをする
30の方法

お気に入り0 読んだ
23

相手の弱みにつけ込んだ復縁は、
卑劣な行為であり、
犯罪。

相手の弱みにつけ込んだ復縁は、卑劣な行為であり、犯罪。 | 振られた後、復縁のアプローチをする30の方法

復縁のアプローチの中で、やってはいけない方法があります。

それは、相手の弱みにつけ込んだ復縁です。

 

たとえば、あなたが相手の重大な秘密を知っていたとします。

どんな人にも、知られたくない秘密はあるもの。

「復縁しないと秘密をばらすぞ」と脅せば、嫌がる相手を無視して、強引に復縁させることもできるかもしれません。

 

しかし、これは絶対にいけません。

相手の弱みにつけ込んだ復縁は、卑劣な行為。

嫌がる相手を強引に復縁させたところで、形は戻っても、心は戻りません。

むしろどんどん心が離れていくでしょう。

また相手の弱みにつけ込んで復縁を迫るのは、恐喝や脅迫になります。

つまり、恐喝罪や脅迫罪などの犯罪になり、後から大きなトラブルに発展する可能性があります。

復縁方法は自由ですが、相手を脅すような強硬手段は絶対やってはいけません。

復縁ができるかどうかは、相手しだいです。

復縁は、やり直したい気持ちを真剣に表現するのが一番。

相手の気持ちを尊重してこそ、復縁の意味があります。

まとめ

振られた後、復縁のアプローチをする方法 その23
  • 相手の弱みにつけ込んだ方法で復縁のアプローチをしない。
手紙を使えば、復縁の成功率を高められる。

もくじ
振られた後、復縁のアプローチをする30の方法
相手の弱みにつけ込んだ復縁は、卑劣な行為であり、犯罪。 | 振られた後、復縁のアプローチをする30の方法

  1. 復縁とは何か。
  2. 振られた後の復縁を、諦めない。
  3. 復縁には2種類ある。
    よい復縁と悪い復縁。
  4. 本当に復縁をしたいのか、よく確認する。
  5. すでに相手がほかの人と付き合っているとき。
  6. 復縁をするとき、第三者に協力を求めるのはありか。
  7. 振られた直後の復縁は難しい。
  8. 復縁の成功率を上げたければ、焦らないこと。
  9. 復縁には、心に余裕が必要。
    余裕を作る方法とは。
  10. 復縁で一番大切なのは、誠意。
  11. 別れた原因が改善されないまま復縁を切り出しても、断られる可能性は高い。
  12. 復縁のタイミングは、バレンタインやクリスマスの前が狙い目。
  13. 復縁したい気持ちを伝えるには、どんな手段が適切なのか。
  14. 「会う」という言葉を使わずに誘うのも、いいアイデア。
  15. 身だしなみで、復縁の成功率が変わる。
  16. できれば、次のターゲットがいると安心。
  17. 復縁の成功率は、話し合う場所で変わる。
  18. 反省の言葉は、省略せず、丁寧に伝える。
  19. 自己中心的な理由は、復縁の成功率を下げるだけでなく、嫌われてしまう。
  20. 復縁のアプローチでは、情熱が伝わる言葉を使おう。
  21. どんな復縁でも使える、定番のセリフ。
  22. 復縁の成功率を上げる約束とは。
  23. 相手の弱みにつけ込んだ復縁は、卑劣な行為であり、犯罪。
  24. 手紙を使えば、復縁の成功率を高められる。
  25. 相手が復縁に取り合ってくれなくても、感情的にならないこと。
  26. 保留の要求があっても、せかさない。
  27. 復縁は、複数回アプローチしてもいい。
  28. 世の中には、どんなに努力しても、不可能な復縁も存在する。
  29. 復縁が無理だと分かっただけでも収穫。
  30. よい友達関係を続けていれば、復縁のチャンスに恵まれることもある。

同じカテゴリーの作品