人生の教科書



就職活動
名刺に必ず記載すべき、5つの項目。
就職活動
自己分析を通して、自己成長する。
就職活動
面接の練習はしても、電話対応の練習は忘れがち。
就職活動
「郵送してもらう」「直接取りに行く」。
どちらのほうが好印象か。
就職活動

就職活動で心がける
30のマナー

お気に入り1 読んだ
10

名刺を持たなくても、
名刺入れがあると安心。

名刺を持たなくても、名刺入れがあると安心。 | 就職活動で心がける30のマナー

名刺入れは、名刺を入れるためのものです。

名刺を持つからには、名刺入れに入れましょう。

 

では、名刺がなければ、名刺入れも必要ないと思いますが、それは少し違うのです。

自分は名刺を持たなくても、できれば名刺入れを持っておくほうがいいでしょう。

名刺入れがあると、何かと役に立つからです。

就職活動では、自己紹介のとき、相手から名刺をいただくことがあります。

もらった名刺は、話が終わるまでテーブルの見やすい位置に置きます。

もちろんそのままテーブルの上に名刺を置いてもいいのですが、できれば名刺入れの上に置くほうが丁寧です。

名刺入れを座布団の代わりにして、名刺を置くイメージです。

こうした置き方をすることで、相手の名刺をより丁寧に扱えます。

テーブルの上が汚れていても、もらった名刺が汚れるのを防ぐこともできます。

また、もらった名刺を入れるとき、名刺入れに入れるのがマナーです。

当然ですが、もらった名刺をポケットにしまうのは、汚れやしわの原因になり、失礼です。

財布に入れればいいと思いますが、財布はお金を入れるものであり、名刺を入れるものではありません。

もらった名刺をしまうときに最適なのは、名刺入れ。

名刺を持たなくても、名刺入れがあると安心です。

まとめ

就職活動で心がけるマナー その10
  • 自分の名刺を持たなくても、名刺入れだけは持っておく。
次のページ >>
「とりあえず内定がほしい」と考えてはいけない。

もくじ
(就職活動で心がける30のマナー)

同じカテゴリーの作品