就職活動

就職活動で心がける
30のマナー

お気に入り1 読んだ
19

企業説明会の出席は、
何を目安に判断すればいいのか。

企業説明会の出席は、何を目安に判断すればいいのか。 | 就職活動で心がける30のマナー

企業説明会に出席とはいえ、数を挙げれば、切りがありません。

幅を広げれば、いつもどこかで企業説明会があると言ってもいいでしょう。

興味のある企業説明会にすべて出席しようとすると、学業にも支障が出るため、得策ではありません。

 

では、企業説明会の出席は、何を目安に判断すればいいのでしょうか。

まず最も大切な目安は「本気で志望する企業はすべて出席」です。

企業説明会では、抜き打ちの筆記試験や集団面接が行われることがあります。

たとえ抜き打ちがないとしても、応募者の出席の有無を選考の判断材料にすることが予想されます。

企業説明会が事実上、1次面接になる可能性を考慮すれば、本気で志望する企業は、すべて出席するのが得策です。

 

では、本気で志望する企業以外の企業説明会はどうするか。

ここで重要なのは、志望の度合いです。

やみくもに出席するのではなく、気になる企業が見つかれば、志望の度合いをはっきりさせます。

志望の度合いが明確になれば、優先順位も明確になるため、企業説明会への出席の判断もできるようになるでしょう。

もし日程がぶつかった場合は、優先順位にしたがって判断します。

出席の最終的な判断は、自分です。

スケジュールも考慮しつつ、志望の度合いに応じて、出席の判断をしましょう。

まとめ

就職活動で心がけるマナー その19
  • 本気で志望する企業の説明会は、できるだけすべて出席する。
応募した企業からの招待は、なるべく断らない。

もくじ
就職活動で心がける30のマナー
企業説明会の出席は、何を目安に判断すればいいのか。 | 就職活動で心がける30のマナー

  1. 就職活動は、迷路のようなもの。
    まず全体を眺めよう。
  2. なぜ社会では、ビジネスマナーが必要なのか。
  3. 社会人らしさを身につける近道は、社会人と接すること。
  4. 複数の就職情報サイトから、同じ企業に応募してもいいのか。
  5. 自己分析を通して、自己成長する。
  6. 親を頼ることで得られる、5つのメリット。
  7. 先輩の待遇は、意地を張らず、素直に受け入れたい。
  8. 就職活動用の名刺は、シンプルが一番。
  9. 名刺に必ず記載すべき、5つの項目。
  10. 名刺を持たなくても、名刺入れがあると安心。
  11. 「とりあえず内定がほしい」と考えてはいけない。
  12. やりたい仕事より、できる仕事を選んだほうがいいのか。
    できる仕事より、やりたい仕事を選んだほうがいいのか。
  13. 「アルバイトが忙しいから就職活動ができない」は、おかしい。
  14. 運も実力。
    縁も実力。
  15. 「郵送してもらう」「直接取りに行く」。
    どちらのほうが好印象か。
  16. 最初から出席するつもりなら、了承の返事も、できるだけ早いほうがいい。
  17. 1次募集と2次募集に分けられた場合、どちらが有利か。
  18. 企業説明会とは、度胸を鍛える絶好の機会。
  19. 企業説明会の出席は、何を目安に判断すればいいのか。
  20. 応募した企業からの招待は、なるべく断らない。
  21. 就職活動で、スマートフォンに依存してはいけない理由。
  22. 今まで実績がなければ、今から作ればいい。
  23. 面接の記念受験は、許されるのか。
  24. 部署名は、意外につまずきやすい就職用語。
  25. 1日に3社以上の面接は、すごいというより、危ない。
  26. 就職活動の本当の差は、できるかできないかではなく、やるかやらないか。
  27. 積極的に質問するのは、お互いにとって喜ばしいこと。
  28. 人との縁を大切にすると、企業との縁も大切にできる。
  29. スーツを、適当な場所に脱ぎ捨てていませんか。
  30. 内定後に気をつけたいのは、事故と事件。

同じカテゴリーの作品