就職活動

就職活動を諦めたときの
30の言葉

読んだ お気に入り2
22

不採用でがっかりする人もいれば、
やる気を出す人もいる。

不採用でがっかりする人もいれば、やる気を出す人もいる。 | 就職活動を諦めたときの30の言葉

家に帰ると、面接の結果らしき封筒が届いていました。

どきどきしながら封を開けると、残念ながら、不採用の通知でした。

「社内で検討の結果、残念ながら、今回の採用は見送りさせていただくことになりました」

テンプレートをそのまま貼り付けたような文章が、淡々と書かれているのです。

ここで、どう思うかです。

「がっかりするに決まっているだろう」と思っていませんか。

いいえ、がっかりするのではありません。

やる気を出すのです。

断られた悔しさをバネにして、やる気を出しましょう。

「悔しい。不採用にした企業をいつか見返してやるぞ」

そう思えば、不採用の通知にめげることはありません。

将来、不採用にしたことを後悔させるくらいの気持ちになれば、気分が盛り上がってきます。

そうすれば、不採用の通知をたくさん受け取っても、気持ちがめげることはありません。

断られるたびに、やる気が燃え上がっていくのです。

まとめ

就職活動を諦めたときの言葉 その22
  • 不採用の通知を見たとき、がっかりするより、やる気を出す。
今回の不採用は、10年後には、笑い話になっている。

もくじ
就職活動を諦めたときの30の言葉
不採用でがっかりする人もいれば、やる気を出す人もいる。 | 就職活動を諦めたときの30の言葉

  1. 就職活動は、いつ手遅れになるのか。
  2. 諦めきれないのは、諦めきれないだけの理由がある。
  3. 就職活動の奇跡を起こす方法。
  4. 就職活動に苦労した人は、働く喜びを知っている。
  5. 就職が少々遅れたところで、長期で見れば、大きな問題ではない。
  6. 「自分はできる人間」と思い込むことが、できる人間になる条件の1つ。
  7. こう考えてみよう。
    優秀すぎたから、不採用だったのだと。
  8. 困難が大きいかどうかではない。
    乗り越える気持ちが大きいかどうか。
  9. 不採用の結果を、誰かのせいにしない。
  10. 苦労のない就職活動なんて、面白くない。
  11. あなたの人生は、まだ終わっていない。
    20代の就職の失敗は、ささいなこと。
  12. 悩む就職活動でなければ、本当の就職活動ではない。
  13. 「仕方ない」。
    そう思わないと、やってられない。
  14. 暗い表情で「不採用だった」と言わない。
  15. 貧乏でもいい。
    学歴も低くていい。
    いけないのは、熱意と意欲の欠如。
  16. 社会や時代に文句を言ったところで、問題が解決するわけではない。
  17. 好きな仕事をするためには、努力が必要。
  18. すべきことができなかった自分を、責めないこと。
  19. 不採用の経験も、人生の大切な蓄積。
  20. 自分をけなす暇があれば、自分を褒めろ。
  21. きちんと自分を表現できた上で不採用になったなら、落ち込むことはない。
  22. 不採用でがっかりする人もいれば、やる気を出す人もいる。
  23. 今回の不採用は、10年後には、笑い話になっている。
  24. 不合格と考えない。
    不採用と考える。
  25. 100社の面接を受けたとしても、全体の0.002パーセント。
  26. その企業でなければ、できない仕事なのか。
  27. ここで歩みを止めるのか、歩み続けるのか。
    それで人生が決まる。
  28. 疲れと落ち込みを最高潮に感じている人は、幸せ。
  29. 遅れたとしても、たかだか1年。
    人生全体から見れば、大したことない。
  30. 道が見つからないのは、独立に導くサインかもしれない。

同じカテゴリーの作品