人生の教科書



就職活動
「いつか見返してやる」と思えば、不採用になっても発奮できる。
就職活動
泣いても笑っても、新卒は一生に一度。
就職活動
今回の不採用は、10年後には、笑い話になっている。
就職活動
採用に関係がないような質問をされたとき、どうするか。
就職活動

就職活動を諦めたときの
30の言葉

お気に入り2 読んだ
22

不採用でがっかりする人もいれば、
やる気を出す人もいる。

不採用でがっかりする人もいれば、やる気を出す人もいる。 | 就職活動を諦めたときの30の言葉

家に帰ると、面接の結果らしき封筒が届いていました。

どきどきしながら封を開けると、残念ながら、不採用の通知でした。

  • 「社内で検討の結果、残念ながら、今回の採用は見送りさせていただくことになりました」

テンプレートをそのまま貼り付けたような文章が、淡々と書かれているのです。

ここで、どう思うかです。

「がっかりするに決まっているだろう」と思っていませんか。

いいえ、がっかりするのではありません。

やる気を出すのです。

断られた悔しさをバネにして、やる気を出しましょう。

  • 「悔しい。不採用にした企業をいつか見返してやるぞ」

そう思えば、不採用の通知にめげることはありません。

将来、不採用にしたことを後悔させるくらいの気持ちになれば、気分が盛り上がってきます。

そうすれば、不採用の通知をたくさん受け取っても、気持ちがめげることはありません。

断られるたびに、やる気が燃え上がっていくのです。

まとめ

就職活動を諦めたときの言葉 その22
  • 不採用の通知を見たとき、
    がっかりするより、
    やる気を出す。
今回の不採用は、10年後には、笑い話になっている。

もくじ
(就職活動を諦めたときの30の言葉)

同じカテゴリーの作品