就職活動

就職活動のやる気を出す
30の言葉

お気に入り1 読んだ
10

やる気がないから、
就職課に行く価値がある。

やる気がないから、就職課に行く価値がある。 | 就職活動のやる気を出す30の言葉

「就職活動のやる気が出ない」

そんなときは、とりあえず就職課に行ってみましょう。

「やる気がないのに行っても仕方ない」と思っていませんか。

まあ、騙されたと思って行ってみてください。

目的がなくてもかまいません。

「とりあえず」でいいのです。

就職課には、就職活動に励むほかの学生たちがいるでしょう。

それぞれが自分の目標に向かって、黙々と調べごとや相談をしているはずです。

そうした人たちがいる環境に身を置くことで、自分にも熱意や意欲が伝わってきます。

熱意や意欲がなければ、熱意や意欲のある人からもらえばいい。

しばらくすると、自分の心のエンジンにも火がつきます。

就職課は、就職に関する情報が一通り揃っているので、何かを始めやすい環境です。

分からないことがあれば、就職課の職員に聞けばいいでしょう。

気づけば、就職活動の調子が出ているに違いありません。

やる気を出す最初のきっかけとしては、就職課がうってつけです。

やる気がないから、就職課に行く価値があるのです。

まとめ

就職活動のやる気を出す言葉 その10
  • やる気がないときこそ、就職課に行く。
面接は怖くない。
お互いが対等の立場。

もくじ
就職活動のやる気を出す30の言葉
やる気がないから、就職課に行く価値がある。 | 就職活動のやる気を出す30の言葉

  1. あなたは今、人生の大きな分岐点に立っている。
  2. 学生気分を捨てるのが、社会人になる第一歩。
  3. 熱意や意欲は、学歴より大切。
  4. 就職活動は、応募しないと始まらない。
  5. 就職活動は、恋愛のようなもの。
    履歴書はラブレター、面接は告白。
  6. あなたの顔も、履歴書。
  7. くだらない仕事なんて、この世にない。
  8. 100社に不採用でも諦めない覚悟があれば、不採用のダメージは半減する。
  9. 「自分に仕事ができるだろうか」という心配は無用。
  10. やる気がないから、就職課に行く価値がある。
  11. 面接は怖くない。
    お互いが対等の立場。
  12. 面接は、オーディション。
  13. 面接は、企業にとって大きな買い物。
  14. あなたは営業マン。
    商品は自分。
    営業するのも自分。
  15. 「1分しかない」ではなく「60秒もある」と考えよう。
  16. 時代を嘆くのではない。
    改善する使命を担っていると考える。
  17. 普通のスーツが、面接官を最も安心させる。
  18. 泣いても笑っても、新卒は一生に一度。
  19. こう考えてみよう。
    筆記試験対策ではなく、教養なのだと。
  20. 不快な質問が来れば喜ぼう。
    驚かせるチャンス。
  21. 圧迫面接は、台風と同じ。
    耐えながら、過ぎ去るのを待つ。
  22. 学歴が低くても、大企業に就職できる可能性は、ゼロではない。
  23. 履歴書には、アルコールが含まれている。
    採用担当者を酔わせる力がある。
  24. 面倒と思うなら、その程度の意欲。
  25. この先40年間を決める大事な時期。
    今頑張らなくて、いつ頑張るのか。
  26. あなたの字も、個性の1つ。
  27. 就職活動に、弱気は不要。
  28. 今すべきことに集中すれば、自然と道は開ける。
  29. 気合が入ったからスーツを着るのではない。
    スーツを着るから気合が入る。
  30. 仕事をしなければいけないから就職活動ではない。
    仕事をしたいから就職活動。

同じカテゴリーの作品